Blank Cover Image

同種造血幹細胞移植ドナー由来のT細胞が認識する白血病抗原の同定

フォーマット:
論文
責任表示:
近藤, 恭夫 ; Kondo, Yukio
言語:
日本語
出版情報:
2016-04-21
著者名:
掲載情報:
平成14(2002)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究概要 = 2002 Research Rroject Summary
巻:
2001 – 2002
開始ページ:
1p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学附属病院<br />移植片対白血病(graf-versus-leulkemia, GVL)効果の誘導を目的としたドナーリンパ球輸注療法(donor leukocyte infusion, DLI)によって、同種造血幹細胞移植後の慢性骨髄性白血病(chronic myelogenous leukemia, CML)再発の大部分は寛解に至る。本年は、これまでにわれわれが同定したGVL効果担当BV16陽性T細胞クローンのエピトープの同定を試みた。VB16陽性T細 胞クローンのCDR3領域についてアミノ酸配列を決定した結果、このT細胞クローンのCDR3領域はmyelin basic proteinを認識するT細胞クローンと同様のモチーフを有しており、HLA-DRB1*1501拘束性にCD49bIドメインを認識できる可能性が考えられた。患者とドナーのCD49bIドメインではコドン256に変異がみられ健常人を対象とした解析の結果患者型とドナー型の対立遺伝子の頻渡は0.66と0.34であった。患者とドナーはそれぞれの対立遺伝子のホモであった。次に、ドナーの樹状細胞に患者型DC49bIドメイン由来の15-merペプチドをパルスした後に放射線照射し、DLI後寛解時に患者から採取したドナー由来のT細胞と2週間培養したところ、in vivoで同定したクローンと同じCDR3モチーフを有するBV16陽性T細胞が増殖した。さらにこのT細胞は患者型CD49bIドメイン由来の15-merペプチドをパルスしたHLA-DRB1*1501導入・細胞に対してのみ有意に細胞増殖活性を示した。以上のことから、CD49bは初めて同定されたHLA-DRB1*1501拘束性組織適合抗原であり、GVL効果の標的抗原と考えられた。<br />研究課題/領域番号:13770579, 研究期間(年度):2001-2002<br />出典:「同種造血幹細胞移植ドナー由来のT細胞が認識する白血病抗原の同定」研究成果報告書 課題番号13770579(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所)) ( https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13770579/ )を加工して作成 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00061208
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

小谷, 岳春

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

早稲田, 優子, Waseda, Yuko

金沢大学医学系

神田, 善伸

医薬ジャーナル社

安納, 美知子, 大山, かをる, 脇谷内, 里美, 松田, 奈緒, 川尻, 征子

石山, 謙, Ishiyama, Ken

日本血液学会 = The Japanese Society of Hematology

Deeg, H. J. (Hans Joachim), 1945-, 笠倉, 新平(1932-)

メディカル・サイエンス・インターナショナル