Blank Cover Image

コンクリートにおけるアルカリシリカ反応生成物と骨材の適合性

フォーマット:
論文
責任表示:
川村, 満紀
言語:
日本語
出版情報:
2003-09-16
著者名:
川村, 満紀  
掲載情報:
平成13(2001)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究概要 = 2001 Research Project Summary
巻:
1998 – 2001
開始ページ:
3p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学工学部<br />本研究において得られた成果は、鉱物混和材のASR抑制のメカニズム、ゲルの組成におけるCa(OH)_2の役割、リチウム塩の添加がゲルの組成に及ぼす影響および超高強度コンクリートにおけるASRの4つに分類できる。各テーマにおいて解明された事項をまとめると以下のようである。(1)膨張を示さないフライアッシュモルタルにおいても、反応性骨材粒子内部にゲルが生成する。(2)高炉スラグ添加モルタルでは、細孔溶液のOH^-イオン濃度の低減は小さく、セメン トペーストの緻密化による各種イオンや細孔溶液の移動度の低下によって、ASR膨張が抑制される。(3)シリカフユーム添加モルタルでは、細孔溶液のOH^-イオン濃度の低下が大きく、そのためにASR膨張が抑制される。(4)本実験において使用した焼成フリント骨材では、細孔溶液が、元々骨材粒子中に存在するひび割れに侵入し、ひび割れに沿うシリカ表面においてASRが進行する。(5)リチウム塩を添加したモルタルにいて、その添加量を増加させるとゲルの組成が均質なものになる。しかし、このことは、リチウム塩のASR抑制効果のメカニズムとは直接関係はないようである。(6)極端に低い水セメント比のモルタルにおいては、生成したゲルはゾル化した後、セメントペースト相に浸透することなく、ペースト中のひび割れ内部に滞留する。<br />The achievements obtained in this study are divided into the four themes of ASR suppression mechanisms of mineral admixtures, irples of Ca(OH)2 in ASR gel composition, effects of lithium salts on ASR gel compositions and ASR in ultra-high strength concrete. The items revealed in each theme are summarizedas follows ;(1) ASR gels were found to be produced even in fly ash-containing mortars showing no expansion.(2) Iri blastfurnaceTContaining jmprtars, reductions in/OH^- ion concentration are not so great, and the suppression of ASR expansion in the mortars is due to the reduction in the mobility of ions and pore solution through the cement paste phase.(3) In silica fume-containing mortars, the suppression of ASR expansion is, brought about by great reductions in OH^- ion concentration in, the pore solution.(4)The pore solution intnided into fissures in the cacined flint aggregate particles in mortars, and then ASR occurred along silica surfaces in the fissures.(5)The composition of ASR gels was homogenized by the addition of lithium salts. However, the homogenization in the ASR gels may not directly be related to the suppression of ASR.(6) In mortars with, an extremely low water : cement ratio, ASR gels produced within reactive aggregate particles could not permeate into the cement paste, and were accumulated in cracks within the cement paste.<br />研究課題/領域番号:10650449, 研究期間(年度):1998 – 2001<br />出典:「コンクリートにおけるアルカリシリカ反応生成物と骨材の適合性」研究成果報告書 課題番号10650449(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))(https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-10650449/)を加工して作成 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00063873
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

荒野, 憲之(1956-)

荒野憲之

川村, 満紀

日本コンクリート工学会 = Japan Concrete Institute

荒野, 憲之, Arano, Noriyuki

金沢大学

川村, 満紀

日本コンクリート工学会 = Japan Concrete Institute

五十嵐, 心一, Igarashi, Shinichi

金沢大学理工研究域地球社会基盤学系

川村, 満紀, 岩堀, 和馬

日本コンクリート工学会 = Japan Concrete Institute

吉田, 匠吾, 吉田, 晴信, 参納, 千夏男, 三木, 理, Miki, Osamu

日本コンクリート工学会

川村, 満紀

日本コンクリート工学会 = Japan Concrete Institute