Blank Cover Image

硬化性胆管炎の病理

フォーマット:
論文
責任表示:
全, 陽 ; 中沼, 安二
言語:
日本語
出版情報:
日本胆道学会 = Japan Biliary Association, 2008-01-01
著者名:
掲載情報:
胆道 = Journal of Japan Biliary Association
ISSN:
0914-0077  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
22
通号:
5
開始ページ:
658
終了ページ:
668
バージョン:
publisher
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />原因不明の硬化性胆管炎は原発性硬化性胆管炎 (PSC) と呼ばれてきたが, 近年, 多数のIgG4陽性細胞の浸潤を特徴とする胆管炎 (IgG4関連硬化性胆管炎 : IgG4-SC) がPSCと類似の病態を起こしうることが明らかとなった. 病理学的に, PSCとIgG4-SCはリンパ球・形質細胞浸潤と線維化を特徴とするが, PSCでは胆管内腔側のびらん性変化が目立ち, IgG4-SCでは胆管壁の高度の肥厚を特徴とする. IgG 4の免疫染色では, IgG4-SCの罹患胆管にはびまん性かつ多数の陽性細胞が認められる. PSCとIgG4-SCは病理学的に異なる疾患であるが, 臨床的には鑑別が困難な症例があり, 各症例で慎重な鑑別が求められる. 特に, 治療法が異なるため, 適切に鑑別する必要がある. 硬化性胆管炎の病態には不明な点が多く残されているが, PSCでは細菌やウイルス感染, 遺伝子異常などの関与が指摘されている. 一方, IgG4-SCの病態研究は始まったばかりで, 制御性T細胞の関与や, Th2優位の免疫応答が病態形成に関与していると考えられている. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/24735

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

全, 陽, 中沼, 安二

医学図書出版

原田, 憲一, 中沼, 安二

IgG4 研究会 / 前田秀典

全, 陽, 中沼, 安二

科学評論社

中沼, 安二, 冨士井, 孝彦, 太平, 周平, 全, 陽

医学図書出版

原田, 憲一, 中沼, 安二

医学図書出版

中沼, 安二, 原田, 憲一, 宮川, 文, 羽賀, 博典

医学図書出版

北川, 諭, 全, 陽, 中沼, 安二

日本消化器免疫学会 / マイライフ社

木村, 康, 原田, 憲一, 中沼, 安二

日本消化器免疫学会 / マイライフ社

中沼, 安二, 原田, 憲一, 佐々木, 素子

医学図書出版

東田, 元, 小坂, 星太郎, 東, 征樹, 中沼, 安二, 宮森, 勇

Japan Gastroenterological Endoscopy Society = 日本消化器内視鏡学会

全, 陽  , 井上, 大 , 北尾, 梓 , 松井, 修 , 宮山, 士郎 , 中沼, 安二  

克誠堂出版