Blank Cover Image

社会システム論と社会学理論の展開 : T. パーソンズ社会学と残された3つの理論的課題

フォーマット:
論文
責任表示:
溝部, 明男
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学人間社会研究域人間科学系 = Bulletin of the Faculty of Human Science, Kanazawa University, 2011-03-31
著者名:
溝部, 明男  
掲載情報:
金沢大学人間科学系紀要
ISSN:
1883-5368  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
3
開始ページ:
14
終了ページ:
40
バージョン:
publisher
概要:
金沢大学人間社会研究域人間科学系<br />デュルケムとウェーバーの「社会」と「行為」についての概念化を、パーソンズは「社会システム論」を 使うことでうまく統合し、社会学理論を前進させた。パーソンズの「構造-機能主義」の隆盛は、冷戦期 におけるアメリカの優位とソ連の劣勢を理論的に説明しえたことによる。 パーソンズ以降の社会学理論に残された課題は、(1)グローバリゼーションの現状と「境界維持システ ム」概念が乖離していること、(2)「コントロール・ハイアラーキ―」概 念は「価値・規範要素」を偏重 しているので、現実の集団・組織の作動や社会変動の発端を考える上で問題があること、(3)行為の能動 性と社会的拘束の両立性という問題。 ルーマンの「オートポイエシス」論はこの第2 の課題、ギデンズの「構造化理論」はこの第3 の課題を のり越えようとする試みであろう。 The purpose of this paper is to critically analyze the basic concepts of T. Parsons’ sociological theory in relation to preceding classical sociological theories and social system theory. The reason why his theory was influential in the mid 20th century was that his structural-functional theory could explain the dominance of USA over the Soviet Union in the cold war period from the theoretical viewpoint. After Parsons remain three theoretical issues, which are: (1) the gap of the globalization currently in progress and his conception of “boundary maintaining system”, (2) his tendency to give excessive stress on “normative elements” in his “control hierarchy” theory (ex. the Fall of Berlin Wall in 1989 could not be explained according to his “control hierarchy” theory) and (3) incompatibility of agency and structure, or that of the integration theory and the conflict theory. Luhmann’s theory of autopoiesis is considered to be an attempt to get over the second theoretical issue and Giddens’ theory of structuration an attempt to solve the third one. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/27152

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

溝部, 明男

社会学研究会(京都大学大学院文学研究科社会学研究室)

7 図書 社会学理論

塩原, 勉(1931-), 井上, 俊(1938-), 厚東, 洋輔(1945-)

東京大学出版会

松本, 和良(1928-)

恒星社厚生閣

8 図書 社会学理論

細野, 武男

法律文化社

溝部, 明男

社会学研究会(京都大学大学院文学研究科社会学研究室)

9 図書 社会学理論

浜島, 朗(1926-)

東京大学出版会

溝部, 明男

The Japan Sociological Society = 日本社会学会

社会福祉士養成講座編集委員会

中央法規出版

福祉臨床シリーズ編集委員会, 久門, 道利(1946-)

弘文堂

溝部, 明男

社会学研究会(京都大学大学院文学研究科社会学研究室)

中, 久郎(1927-)

世界思想社