Blank Cover Image

皮膚発がんにおけるケモカインの病態生理学的役割解析

フォーマット:
論文
責任表示:
近藤, 稔和
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University, 2012-04-01
著者名:
近藤, 稔和  
掲載情報:
金沢大学がん進展制御研究所 共同研究成果報告書
巻:
平成23年度
通号:
2011
開始ページ:
23
終了ページ:
25
バージョン:
publisher
概要:
二段階皮膚腫瘍形成モデルを用いて皮膚発がんにおける,CX3CL1-CX3CR1の病態生理学的役割を解析した。 8週齢・雄C57BL/6マウス(WT)およびCX3CR1遺伝子欠損マウス(KO)の背部にDMBA(100 μg/200μl acetone)塗布後,TPA(30 μg/200 μl acetone)を週に2回,20週連続塗布して腫瘍形成を誘導する。肉眼的に乳頭腫および皮膚腫瘍の形成を観察したところ,KOマウスでは乳頭腫形成が有意に少なかった。し たがって,皮膚発がんにおけるCX3CL1-CX3CR1シグナルの重要性が明らかとなった。 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/35050
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

近藤, 稔和

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

向田, 直史, Mukaida, Naofumi

金沢大学がん進展制御研究所

近藤, 稔和

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

中本, 安成

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

長谷川, 稔

日本臨床免疫学会 = Japan Society for Clinical Immunology

古市, 賢吾, Furuichi, Kengo

金沢大学附属病院血液浄化療法部

横山, 仁, Yokoyama, Hitoshi

金沢大学附属病院

向田, 直史, Mukaida, Naofumi

金沢大学がん進展制御研究所

近藤, 稔和

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University