Blank Cover Image

2007年能登半島地震および新潟県中越沖地震における医療施設の被害分析

フォーマット:
論文
責任表示:
宮島, 昌克 ; 島崎, 剛
言語:
日本語
出版情報:
土木学会 = Japan Society of Civil Engineers, 2009-01-01
著者名:
掲載情報:
土木学会論文集A1(構造・地震工学)= JSCE Journal of Earthquake Engineering
ISSN:
2185-4653  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
65
通号:
1
開始ページ:
804
終了ページ:
810
バージョン:
publisher
概要:
本論文は地震時に救命救急活動の拠点となる医療施設を取り上げ,地震時の被害状況を調査,分析し,今後の耐震対策への教訓を読み取ろうとしたものである.そこで,2007年に発生した能登半島地震と新潟県中越沖地震を対象に,被災地の医療機関に対してアンケート調査を行い,回収したアンケート結果を整理し,医療施設の被害分析を行うとともに,今後の医療施設に対する地震対策について考察した.その結果,診察や手術などの医療行為は震度5強以下ではほぼ通常通り行えており,患者の搬送を工夫することで被災地 における医療活動の効率化を図ることができると考えられること,地域の規模にもよるが,能登半島においては,給水車による給水活動の強化により,透析治療以外の治療行為に必要な水は補えることなどが明らかとなった. The present paper is focusing on the damage to health care facilities in the 2007 Noto-hanto and Niigata-ken Chuetsu-oki Earthquakes. Health care facilities such as hospitals carry great importance following a disaster. Questionnaire survey was conducted for the hospitals suffering damage due to both earthquakes. The effect of the damage to lifeline and medical instruments on the performance of treatment just after the earthquake was investigated by using the result of questionnaire survey. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/36226

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

宮島, 昌克, 池本, 敏和, アシュール, ネビル

日本建築学会北陸支部 = Architectural Institute of Japan/Hokuriku Branch

橋本, 隆雄, 宮島, 昌克

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

宮島, 昌克

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会

橋本, 隆雄, 宮島, 昌克

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

村田, 晶, 小野寺, 大, 宮島, 昌克, 池本, 敏和

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

宮島, 昌克

土木学会

北浦, 勝, 宮島, 昌克, 池本, 敏和, 吉田, 雅穂

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会

宮島, 昌克

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会

宮島, 昌克

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会