Blank Cover Image

2007年能登半島地震による建物被害と宅地地盤特性の関係: 輪島市門前町道下地区の事例

フォーマット:
論文
責任表示:
橋本, 隆雄 ; 宮島, 昌克
言語:
日本語
出版情報:
土木学会 = Japan Society of Civil Engineers, 2009-01-01
著者名:
掲載情報:
土木学会論文集A1(構造・地震工学)= JSCE Journal of Earthquake Engineering
ISSN:
2185-4653  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
65
通号:
1
開始ページ:
827
終了ページ:
836
バージョン:
publisher
概要:
2007年3月25日に発生した能登半島地震(MJMA=6.9)は,能登半島の先端に位置する輪島市をはじめとして多くの家屋に被害を与えた.石川県によれば,建物被害は全壊682棟,半壊1,719棟,一部損壊26, 907棟,非住家被害4,439棟,合計33,747棟となり,震度6強を記録した震源に近い輪島市門前町の全壊率が高い.現地調査によれば,門前町の宅地では液状化による噴砂も見られることから,大きな地震動だけではなく,液状化による地盤変状も建物被害に影響を及ぼしているのではな いかと考えられた.そこで,井戸による地下水位調査,ボーリング調査,スウェーデン式サウンディングなどを行い,宅地地盤特性を調査し,地盤特性と建物被害との関係を考察した.その結果,液状化等の宅地地盤の変状が全体的な基礎の被害を生じ,この基礎の被害が上部構造物に影響を及ぼしたことが明らかとなった. The present paper deals with the damage to houses in Monzen Town, especially Tohge area in Wajima City due to the 2007 Noto-Hanto Earthquake in Japan. First, an outline of damage to houses was shown and the causes of the damage were discussed in relation to the damage to residential land and the basement of the houses. Next, geotechnical survey was conducted. Then the relation between the damage to houses and geotechnical features in Tohge section was discussed. As a result, it is clarified that soil liquefaction was one of the causes of damage to houses. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/36229

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

宮島, 昌克, 島崎, 剛

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

金沢大学文学部文化人類学研究室

金沢大学文学部文化人類学研究室

橋本, 隆雄, 宮島, 昌克

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

金沢大学文化人類学研究室

金沢大学文学部文化人類学研究室

宮島, 昌克, 池本, 敏和, アシュール, ネビル

日本建築学会北陸支部 = Architectural Institute of Japan/Hokuriku Branch

熊木, 芳宏, 宮島, 昌克

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

村田, 晶, 小野寺, 大, 宮島, 昌克, 池本, 敏和

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

宮島, 昌克

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会

宮島, 昌克

土木学会

宮島, 昌克

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会

金沢大学文化人類学研究室

金沢大学文学部文化人類学研究室

宮島, 昌克

The Japanese Geotechnical Society = 地盤工学会