Blank Cover Image

Clematis属植物とその関連生薬の研究(第7報): 「威霊仙」の本草学的考察(2)

フォーマット:
論文
責任表示:
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
言語:
日本語
出版情報:
日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy, 1983-12-20
著者名:
掲載情報:
生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy
ISSN:
0037-4377  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
37
通号:
4
開始ページ:
361
終了ページ:
366
バージョン:
publisher
概要:
As described in the previous paper, the first botanical origin of the Chinese crude drug "Weilingxian" was the Clematis plant of Ranunculaceae, especially the species in Sect. Tessen. But the botanical origin had changed with the times. In this paper, the change of the botanical origin of " Weilingxian" was clarified herbologically. As the result, the botanical origin of "Weilingxian" had changed from the species in Sect. Tessen to Clematis terniflora DC. in the Southern Song (南宋) dynasty of China. Furthermore, in the same dynasty, "Weilingxian" derived from the species in other families, i.e. Compositae, Umbelliferae, etc. had appeared. In the Qing (清) dynasty, the root of Smilax species of Liliaceae started to be used also as "Weilingxian." 前報1)で述べたごとく, 「威霊仙」の古来の正品はキンポウゲ科のClematis属植物, とくにテッセン節の植物であったと考えられる. しかし, 宋代の『図経本草』3)には明らかにゴマノハグサ科のVeronicastrum sibiricum(L. )PENNELLクガイソウと思える文章と図が記され, さらに時代が下るにつれてユリ科植物, センリョウ科植物, キク科植物などを基源とする「威霊仙」が使用されるようになったようである4). 本報では「威霊仙」の基源植物の歴史的変遷について本草学的考察を加える. I. 宋代初期までの「威霊仙」前報1)で述べたごとく, 「威霊仙」は元来朝鮮半島で用いられていた薬物であり, Clematis patens MORR. et DECNE. カザグルマの根を基源とするものであったと考えられる. これが中国へもたらされたのは8世紀の頃であり, 伝達の地である商州(今の陝西省東南部)にはカザグルマの分布がなかったので, おそらく同節(Sect. Tessen)中のC. florida THUNB. テッセン, C. courtoisii HAND. -MAZZ. およびC. cadmia BUCH. -HAM. ex WALL. の3種の中のいずれかを代用としていたものと考えられる1). 『開宝本草』3)の記文は明らかにClematis属植物を記したものと思えることから1), 威霊仙が中国へもたらされて以後, 少くとも宋代初期, すなわち10世紀の後半迄はClematis属のテッセン節植物基源の威雲仙が使用されていたと想定しうる. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/36586
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

鐘, 国曜, 小松, かつ子, 御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 小松, かつ子, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, 中島, 由仁, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 小松, かつ子, 小野, 淳子, 鳴橋, 直弘, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青, 楼, 之岑, 田中, 治

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 朴, 鍾喜, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青

The Pharmaceutical Society of Japan = 日本薬学会

鐘, 国曜, 小松, かつ子, 御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青

The Pharmaceutical Society of Japan = 日本薬学会