Blank Cover Image

Clematis属植物とその関連生薬の研究(第5報): 台湾中部産および福建省産「威霊仙」の基源植物について

フォーマット:
論文
責任表示:
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
言語:
日本語
出版情報:
日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy, 1983-12-20
著者名:
掲載情報:
生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy
ISSN:
0037-4377  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
37
通号:
4
開始ページ:
342
終了ページ:
350
バージョン:
publisher
概要:
In central Taiwan, Chinese crude drug "Weilingxian" (威霊仙) with big roots, i.e., more than 5 mm in diameter, is available. "Weilingxian" derived from the underground portion of Clematis chinensis OSBECK of Ranunculaceae, which has many fibrous roots, is used commonly in this country. The small roots and lateral roots in the crude drug have some similarities fundamentally to the root of Clematis species having fibrous roots. Therefore, to clarify the botanical origin of this crude drug, the comparative anatomical study was made on the crude drug and on the roots of Clematis uncinata CHAMP., C. alsomitrifolia HAYATA, C. tashiroi MAXIM., and C. leschenaultiana DC. and "those species have the similar roots to the crude drug in shape. The result shows that the botanical origin of "Weilingxian" from central Taiwan is C. uncinata. Moreover, "Weilingxian" from Fuchien (福建) of continental China is quite similar to the underground portions of these species, in shape. This crude drug proved to be the underground portion of Clematis alsomitrifolia anatomically.台湾産「威霊仙」の主たる基源植物は, キソポウゲ科のClematis chinensis OSBECKであるが3), 台湾中部で入手し得た商品は, 一株から出る根の本数が少く, 根の径が太いものであった. また入手し得た福建省産の威霊仙も同様の形態であった. これらの根の内部形態はひげ根状の根を有するClematis属植物とはかなり異っているが, 根の細い部位では類似しており, これらの市場品もClematis属植物基源のものと思われた. 『中葯志』4)によれば, 福建, 四川, 貴州および浙江の各省からはC. uncinata CHAMP. を基源とする威霊仙が出荷されるとされており, 入手した商品の外形はC. uncinataの地下部の形状に類似していた. そこでこれらの基源を明らかにする目的で, 中国南部および台湾に分布するClematis属植物の中で, 地下部の形状が商品と類似するC. uncinata, C. alsomitrifolia HAYATA, C. leschenaultiana DC, およびC. tashiroi MAXIM. の根を比較組織学的に検討した. 実験の部 材料 5)Clematis uncinata CHAMP. :台北県観音山, 1976年8月, (76026, 76027). 南投県埔里, 1976年8月, (76053, 76055, 76058). 花蓮県南山棧, 1976年8月, (76141). 南投県梅蜂, 1977年1月, (77033, 77044, 77046, 77051). Clematis alsomitrifolia HAYATA:沖縄県首里, 1975年8月, (6628). Clematis tashiroi MAXIM. :南投県渓頭, 1976年8月, (76075). 同, 1977年1月, (77030, 77032). 屏東県南仁山, 1976年8月, (76119, 76123). Clematis leschenaultiana DC. :南投県埔里鎮獅子頭, 1977年1月, (77057). 台湾中部産「威霊仙」:南投県埔里, 田國政薬頭店からの入手品, 1976年8月. 福建省産「威霊仙」:香港, 永大行からの入手品, 1977年8月.Clematis uncinata CHAMP. (Fig. 1) 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/36588
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 朴, 鍾喜, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, 中島, 由仁, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 朴, 鍾喜, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 朴, 鍾喜

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

金沢大学薬学部

御影, 雅幸, 木内, 文之, 坂井, 進一郎, 津田, 喜典

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青

The Pharmaceutical Society of Japan = 日本薬学会

清水, 建美

金沢大学理学部付属植物園 = Botanic Garden, Faculty of Science, Kanazawa University

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青

The Pharmaceutical Society of Japan = 日本薬学会