Blank Cover Image

「営実」の生薬学的研究(第1報): 走査顕微鏡による大型種「営実」の基源解明

フォーマット:
論文
責任表示:
御影, 雅幸 ; 小松, かつ子 ; 難波, 恒雄
言語:
日本語
出版情報:
日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy, 1988-12-20
著者名:
掲載情報:
生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy
ISSN:
0037-4377  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
42
通号:
4
開始ページ:
284
終了ページ:
290
バージョン:
publisher
概要:
「営実」は『神農本草経』2)の上品に「味酸温主癰疽悪瘡結肉跌筋敗瘡熱気陰蝕不疹利関節一名墻薇…」と初めて収載され, 中国で古くから主として瘡毒の解毒や利水薬として用いられてきた. 一方, わが国では古くから「営実」は瀉下薬として利用されており, 現在でも家庭薬原料として重要な薬物であり, 局方収載品でもある. 「営実」の基源については『中薬大辞典』3)にバラ科のRosa multiflora THUNB. ノイバラの果実であると記され, わが国の薬局方には「R. multifloraまたはその近縁植物の偽果または果実である」4)と規定されている. 藤田5)は日本産の「営実」が組織学的におもにR.multifloraの果実であることを証明しているが, 今回日本市場を調査したところ現市場には日本産はほとんど見られず, 朝鮮半島や中国産の商品が大半を占めていた. 朝鮮半島の「営実」についてはR.multifloraが報告されているが, 他に.R.maximowicziana REGELツルノイバラも使用することが記されている6). Large sized “Ying shi,” which are collected from the Chinese mainland and North Korea, have recently become available in the markets of Japan and Hongkong. In order to identify their botanical origin, several fruits of the genus Rosa were examined histologically. The studied plants are Rosa maximowicziana REGEL, R. hirtula NAKAI, R. rugosa THUNB., R. davurica PALLAS, R. nipponensis CREPIN, R. suavis WILLD. and R. multiflora THUNB. A new technique was used in this study, comprising the carbonization treatment of whole fruit followed by examination with a scanning electron microscope. From the comparative studies of the secondary electron microscopic images and the measurement of isolated tissues, the large sized “Ying shi” was identified as the fruit of R. davurica. This method is useful for the study of the internal structures of crude drugs having a hard coat and microstructures, such as drugs of seed origin. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/36609
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

難波, 恒雄, 小松, かつ子, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青, 楼, 之岑

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 小松, かつ子, 小野, 淳子, 鳴橋, 直弘, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青, 楼, 之岑, 田中, 治

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

小松, かつ子, 御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 小松, かつ子, 劉, 玉萍, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

鐘, 国曜, 小松, かつ子, 御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 御影, 雅幸, 蔡, 少青

The Pharmaceutical Society of Japan = 日本薬学会

鐘, 国曜, 小松, かつ子, 御影, 雅幸, 難波, 恒雄

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 朴, 鍾喜, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy

難波, 恒雄, 葉, 加南, 小松, かつ子, 蔡, 小青, 御影, 雅幸

日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy