Blank Cover Image

Quelques remarques sur l’enseignement del’histoire de la littérature française au Japon

フォーマット:
論文
責任表示:
IWATSU, Ko
言語:
フランス語
出版情報:
金沢大学外国語教育研究センター = Foreign Language Institute Kanazawa University, 2014-03-31
著者名:
IWATSU, Ko  
掲載情報:
言語文化論叢 = Studies of language and culture
ISSN:
1342-7172  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
18
開始ページ:
137
終了ページ:
153
バージョン:
publisher
概要:
日本においてフランス文学史を教えることの意義は何か。日本語のフラン ス文学史の参考書は、大正の頃からほとんど一貫してフランスで出版された 文学史を踏襲している。しかし、既に広く指摘されているように、フランス においては、自国の文学史を教え、学ぶことが、国民国家形成と密接な関係 をもっている。これに対し、日本の大学で、日本文化の形成にほとんど関連 をもたないフランスのような外国の文学史を教え、学ぶ場合には、内容はほ ぼ同一であっても、その意味づけが異なってくるはずである。 本稿 では、近年の文学史研究の成果も踏まえつつ、実体験に基づく日本に おけるフランス文学史講義の実践上の問題点を挙げたうえで、それが単にフ ランスで行われている文学史の授業の日本語版にとどまらず、また安易な日 仏比較の場になることなく、思想や表現と現実との関係を読み解く契機にな るためには、どのように構想されるべきかを考察する。特定の歴史的条件の もとに成立した外国の文学史を学ぶことで、学生は文学の生成について理解 を深めることができる。単なる知識の伝達に終始するのではなく、文学史を 通じて文学の条件を教えることこそが、外国文学の教育にも求められている。 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/37407

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

Fundação Calouste Gulbenkian, Coelho, Eduardo Prado, 1944-

Fondation Calouste Gulbenkian, Centre Cultuel Portugais

Brunel, Pierre, 1939-

Bordas

Lelièvre, Claude, Nique, Christian

Éditions Retz

Lanson, Gustave, 1857-1934, Tuffrau, Paul, b. 1887

Hachette

Puren, Christian

CLE international

Tadié, Jean-Yves, 1936-, Cerquiglini-Toulet, Jacqueline, Delon, Michel

Gallimard

Prost, Antoine, 1933-

Armand Colin

Doumic, René

P. Mellottée

Lanson, Gustave, 1857-1934, Tuffrau, Paul, b. 1887

Hachette

Duneton, Claude, 1935-, Pagès, Frédéric

Editions du Seuil