Blank Cover Image

旧制高等学校のスポーツ活動研究: 練習日誌『南下軍』からみた四高柔道部の修道院化

フォーマット:
論文
責任表示:
大久保, 英哲
言語:
日本語
出版情報:
日本スポーツ社会学会 = Japan Society of Sport Sociology, 2008-01-01
著者名:
大久保, 英哲  
掲載情報:
Japan journal of sport sociology
ISSN:
0919-2751  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
16
開始ページ:
50
終了ページ:
70
バージョン:
publisher
概要:
本研究は、旧制高等学校の活動形態やスポーツマインドが具体的にはどのような過程で形成されていったのかを、大正3 (1914) 年から昭和21 (1946) 年までの分が残されている旧制第四高等学校柔道部の練習日誌『南下軍』の記述をもとに、「部員たちの意識や行動を丹念にフォローする」なかで明らかにしようとするものである。 まず第1に、四高柔道部が最も過酷な練習を行ったとされる昭和2~3 (1927~28) 年の練習日誌の内容を分析した結果、寝技主体のきわめて過酷な長時間練習が通年 にわたって行われており、作家井上靖の言う「修道院」的柔道部実態が明らかとなった。 第2に、最初の練習日誌である大正3 (1914) 年の内容を検討した結果、練習は試合の3ヶ月前から開始され、練習時間も1時間と、きわめて常識的合理的な、いわば牧歌的練習が行われていた。 第3に、練習日誌の通年化の開始を検討すると、それは柔道部の全国高専大会敗退と重なる大正11 (1922) 年からであった。すなわち、修道院化の背景には柔道部の勝利と敗退が関係していると考えられる。 なお、四高柔道部に見られる旧制高等学校の寝技中心の柔道は「高専柔道」と呼ばれ、それまでの立ち技主体の講道館柔道とは異質なものであり、講道館と対立した。これは旧制高等学校が既成のスポーツ組織や文化とは異なった独自のスポーツ文化を作り出したことを意味する。こうした新たなスポーツ創造の観点からも旧制高等学校におけるスポーツ史研究は意義を持っている。This study is aimed to reveal the specific process through which the activity form and the athletic mind of the old-education-system high schools were formed by “following the consciousness and actions of the club members, ” based on the descriptions in the daily practice log “Nankagun”, parts of which still remain from Taisho 3 (1914) to Showa 21 (1946), of the old-education-system Fourth high school judo club. First of all, the result of an analysis of the content of the daily practice log of Showa 2 to 3 (1927 to 1928) in which the Fourth high school judo club purportedly performed the harshest of trainings, shows that extremely harsh trainings, particularly those of the ground phase, have been performed for a long period of time throughout the year, and reveals a precise picture of what writer INOUE Yasushi calls a “monastic” judo club. Secondly, the result of an analysis of the content of Taisho 3 (1914), the starting year of the daily practice log, shows that practices have been fairly sensible and reasonable, or somewhat idyllic, starting from 3 months prior to competition matches and each lasting for 1 hour. Thirdly, a full-year daily practice log apparently started in Taisho 11 (1922), the year in which the judo club was defeated in the National Kosen Competition. That is, the monasticization seemingly has something to do with the victory and defeat of the judo club. The judo style of the old-education system high schools seen in the Fourth high school judo club, which emphasizes the ground phase, was called “Kosen Judo, ” different from the Kodokan Judo which emphasizes the standing phase, and caused rivalry with the Kodokan. This means that the old-education-system high schools have created a unique sports culture different from the existing sports organizations and cultures. The study of sports history of the old-education-system high schools is meaningful also in terms of such new sports creation. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/40406

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
7 雑誌 柔道

柔道会本部

柔道会本部事務所

8 雑誌 柔道

講道館文化會

講道館文化會

下村, 寅太郎(1902-1995), 長塚, 安司(1936-)

講談社

9 雑誌 柔道

講道館

講道館

4 図書 修道院

朝倉, 文市(1935-), Knowles, David, 1896-1974

平凡社

10 図書 柔道

全日本柔道連盟, 日本武道協議会

日本武道協議会

5 図書 修道院

今野, 國雄(1923-)

近藤出版社

11 図書 柔道

川村, 禎三(1922-)

ベースボール・マガジン社

6 雑誌 柔道

柔道会本部

本の友社

12 図書 柔道

小谷, 澄之(1903-1991)

成美堂出版