Blank Cover Image

合鴨の放飼が水田土壌と田面水の窒素含有量,コシヒカリの生育,収量および品質に及ぼす影響

フォーマット:
論文
責任表示:
鯨, 幸夫 ; 谷口, 朋之 ; 畑中, 博英
言語:
日本語
出版情報:
北陸作物・育種学会 / 日本作物学会, 2006-03-31
著者名:
掲載情報:
北陸作物学会報
ISSN:
0388-8061  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
41
開始ページ:
48
終了ページ:
50
バージョン:
publisher
概要:
合鴨農法は水稲の有機栽培の一形態である.本研究では,10aあたり14〜15羽の合鴨を放飼してコシヒカリを栽培した場合,合鴨糞が水田土壌と田面水の窒素含有量,水稲の生育,収量および玄米品質に及ぼす影響について検討した.合鴨から排出される糞が土壌および田面水の窒素含有量に及ぼす影響は小さいことが示された.合鴨糞だけで水稲の多収を得る事は難しく,有機資材の施用や施肥管理の必要がある.有機資材を連用した圃場で合鴨農法による水稲栽培を行った場合でも,タンパク質含有量が低い高品質の米が生 産されることが示された. Aigamo duck farming system is one of the organic agriculture systems. Effects of aigamo duck farming on nitrogen content of soil and flooded water in the paddy field, growth, yield and grain quality of rice cv. Koshihikari was discussed. Fourteen to fifteen aigamo duck per 10a were letting in a paddy field during the growth of rice. Aigamo duck eat the weed and feed waste rice. Effect of feces from aigamo ducks as a nitrogen fertilizer to the nitrogen content in soil and flodded water was small. It was suggested that the application of organic matter and fertilizers control was necessary to be a stable yield of rice. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/43109

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

鯨, 幸夫, 中村, 恵子, 梅本, 英之, 中野, 正剛

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 岡田, 佳菜子, 杭田, 忠三

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 佐藤, 美世子, 榎本, 俊樹, 梅本, 英之

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

瀬尾, 和敬, 鯨, 幸夫, 西畑, 孝義, 舘, 哲也, 柴垣, 健太郎, 梅本, 英之

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 橋本, 和幸, 葭田, 隆治, 新屋, 美紀, 奥野, 志津枝, 前田, 裕二郎

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 澤田, 正恵, 長屋, 均, 越村, 英世, 前田, 裕二郎, 福岡, 隆子, 中島, 裕司, 北田, 敬宇

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

多喜, 宗一郎, 鯨, 幸夫

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 山田, 優也, 佐藤, 匠, 高橋, 利征

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 野村, 重光, 梅本, 英之, 中野, 正剛

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

鯨, 幸夫, 山田, 優也, 高橋, 利征, 佐藤, 匠, 杭田, 忠三

北陸作物・育種学会 / 日本作物学会

Rahman, M. Azizur, Hasegawa, Hiroshi, Mahfuzur, Rahman M., Nazrul, Islam M., Majid, Miah M.A., Tasmin, A.

Elsevier