Blank Cover Image

B型肝炎ウイルスとAPOBECファミリー

フォーマット:
論文
責任表示:
村松, 正道 ; 喜多村, 晃一 ; 若江, 亨祥
言語:
日本語
出版情報:
日本生化学会 = Japanese Biochemical Society, 2016-10-25
著者名:
掲載情報:
生化学 = The journal of Japanese Biochemical Society
ISSN:
0037-1017  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
88
通号:
5
開始ページ:
557
終了ページ:
562
バージョン:
author
概要:
APOBEC3がHIV-1の逆転写のいずれかのプロセスに作用し抗ウイルス活性を示すことが報告されて以来,APOBECタンパク質が新しいタイプの抗ウイルス因子として脚光を浴びることとなった.逆転写を必要とするウイルスで忘れがちなウイルスとしてB型肝炎ウイルス(HBV)がある. APOBEC3のHIV-1への抗ウイルス活性が報告されてまもなく,HBVもやはりAPOBECタンパク質の抗ウイルス活性の標的になることが報告された. HIV-1への抗ウイルス作用と類似するところも多々ある が,HBVは肝細胞特異的感染症であり,感染細胞の核にウイルスエピソームDNAを形成するなど,HBVにユニークな点もある.本稿ではAPOBECタンパク質の抗HBV活性および病態形成との関連を概説する. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/46611

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

喜多村, 晃一

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

若江, 亨祥, Wakae, Kousho

金沢大学医薬保健研究域医学系

喜多村, 晃一, Kitamura, Koichi

金沢大学医薬保健研究域医学系

村松, 正道, 喜多村, 晃一, リャン, グオシン

日本臨床免疫学会 = The Japan Society for clinical immunology

喜多村, 晃一, Kitamura, Koichi

金沢大学医薬保健研究域医学系

大矢, 和正, 村松, 正道

金沢大学 / 金沢大学学生部教務課

喜多村, 晃一, Kitamura, Koichi

金沢大学医薬保健研究域医学系

村松, 正道, Muramatsu, Masamichi

金沢大学医薬保健研究域医学系

若江, 亨祥, Wakae, Kousho

金沢大学医薬保健研究域医学系

黒木, 和之, Kuroki, Kazuyuki

金沢大学がん進展制御研究所

若江, 亨祥, Wakae, Kousho

金沢大学医薬保健研究域医学系

熊田, 博光

医薬ジャーナル社