Blank Cover Image

他者としてのビザンツ人: 同時代人の心象世界の中のビザンツ像

フォーマット:
論文
責任表示:
根津, 由喜夫 ; Nezu, Yukio
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学文学部, 2006-03-01
著者名:
掲載情報:
平成17年度科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究報告書 = 2005 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2003-2005
開始ページ:
94p.
バージョン:
author
概要:
今回の研究では、文学作品の中で描き出された、いわば空想の中のビザンツ帝国像を検証することで、同時代の西欧人の心の中で、ビザンツ帝国のイメージがどのように増幅、デフォルメされていったのかを明らかにしたいと考えた。具体的には以下の二つの文学作品を対象に考察を行った。最初に検討を加えたのは、クレチアン・ド・トロワ作の『クリジェス』である。考察の結果、主人公のクリジェスが好意的に描かれているのは、彼が西欧の価値観を受け入れ、西欧の優位性を認めている限りにおいてのことであったこと、そし て真に主導権を握っていたのは西欧から輿入れしてきた皇妃の方であり、そこには道徳的に劣った東方を理性に優れる西方が指導し、正しい方向に導いてやるのだという西欧側のイデオロギーが色濃く反映されていたことが確認された。次にゴーティエ・ダラス作『エラクル』を第2の分析対象として取り上げ、そこから読み取れる中世フランス人のビザンツ観の析出を試みた。この作品は、7世紀前半のビザンツ皇帝ヘラクレイオスをモデルに、彼のペルシア遠征と真の十字架奪還の偉業から想を得た物語であるが、史実はかなり自由に改変されている。作者はここで、その多くが東方起源と思われる多くの説話や伝承を集め、それらをパッチワークのように巧みに繋ぎあわせることで、ひとりの英傑の人生絵巻を紡ぎ出しているのである。作者は一連の創作の結果、西欧出身の皇帝による東方の帝国の救済、という西欧人にとっては誠に都合のよい筋立てを成立させることになる。ここにも、自己の正義を疑わず、自分たちの支配権の拡大が世界を救うと素直に信じて込んでいた当時の西欧人の自己中心的な純朴さが確認されるであろう。<br />In this study, I tried to illuminate the process of deformation of the image of the Byzantium in the mind of Western European people through analyzing the vision of Byzantium in literary works. In this case, following 2 works were picked up for my research. Firstly, as to Chretien de Troyes's Cliges, I would like to state the following conclusion. The hero, Cliges, was friendly drawn as long as he accepted the sense of value of Western Europe, and admitted the precedence of Western Europe. And it was the empress came from Western Europe that took the real leadership. We can confirm the view of Western Europe that the West excelling in reason would guide and leads in a correct direction the inferior East in morality. Secondly, I took up Gautier d'Arras's Eracle as the next analysis object and tried to extract the view of the Medieval French people on Byzantium. This is the roman adapting Herakleios, the Byzantine emperor in 7^<th> Century, as a model and took inspiration from his deed, the Persian expedition and the recover of the True Cross but the content of the story was considerably deviated from the historical fact. The author drew out one hero's life by collecting stories and legends, most of them issued from Orient, and then skillfully joining them like the patchwork. As the result of a series of creation, the author created the story that the emperor from the West would save the empire of the East. This story seems so convenient for Western people. At this point, egocentric naivety of people in Western Europe at that time was confirmed also. They did never doubt their justice and obediently believed that the expansion of their rule would save the world.<br />研究課題/領域番号:15520446, 研究期間(年度):2003–2005 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/46618
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

根津, 由喜夫, Nezu, Yukio

金沢大学文学部

根津, 由喜夫

山川出版社

根津, 由喜夫, Nezu, Yukio

金沢大学歴史言語文化学系

根津, 由喜夫, Nezu, Yukio

金沢大学歴史言語文化学系

根津, 由喜夫, Nezu, Yukio

金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系

Nezu, Yukio

日本オリエント学会 = The Society for Near Eastern Studies in Japan

根津, 由喜夫

講談社