Blank Cover Image

肝発生分化メカニズムに基づいた肝癌幹細胞特異的治療法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
山下, 太郎
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院, 2011-05-18
著者名:
山下, 太郎  
掲載情報:
平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書
巻:
2008-2010
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
近年肝癌組織においても幹細胞様の性格を有する肝癌幹細胞の存在が明らかになり、癌治療の重要なターゲットと考えられている。本研究では、正常胎児肝において肝芽細胞を肝細胞へと分化誘導するサイトカインとして知られるOncostatin M(OSM)が肝がん幹細胞の分化誘導に応用可能であることを同定した。OSMは肝癌幹細胞の抗癌剤抵抗性を改善することから、癌治療における有力な標的分子であると考えられた。<br />研究課題/領域番号:20599005, 研究期間(年度):2 008–2010 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/47099

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

全, 陽

金沢大学附属病院

本多, 政夫, Honda, Masao

金沢大学医薬保健研究域保健学系

高村, 博之, Takamura, Hiroyuki

金沢大学附属病院肝胆膵・移植外科

後藤, 典子, Gotoh, Noriko

金沢大学がん進展制御研究所 / 東京大学

本多, 政夫, Honda, Masao

金沢大学医薬保健研究域保健学系

山下, 太郎

金沢大学大学病院

水腰, 栄四郎, Mizukoshi, Eishiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

中村, 充宏, Nakamura, Mitsuhiro

金沢大学附属病院産科婦人科

11 図書 発生・分化

金谷, 晴夫(1930-), 江上, 信雄(1925-)

中山書店

岩見, 雅史, Iwami, masafumi

金沢大学理工研究域生命理工学系

原, 英二

金沢大学がん研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University