Blank Cover Image

急性骨髄性白血病に対する造血幹細胞移植

フォーマット:
論文
責任表示:
石山, 謙 ; Ishiyama, Ken
言語:
日本語
出版情報:
日本血液学会 = The Japanese Society of Hematology, 2016-01-01
著者名:
掲載情報:
The Japanese journal of clinical hematology = 臨床血液
ISSN:
0485-1439  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
巻:
57
通号:
10
開始ページ:
1928
終了ページ:
1933
バージョン:
author
概要:
初発急性骨髄白血病に対する標準治療は確立され、高い完全寛解率が得られているが、長期予後については未だに満足ができるものではない。その改善には造血幹細胞移植が必要である。しかし、同種移植では高い移植関連死亡率が問題となるため、移植適応の決定に際しては過去のデータに基づいて慎重に判断する必要がある。 The standard treatment for de novo acute myeloid leukemia (AML) has been established. Altho ugh patients with AML achieve complete remission at high rates, the long-term prognosis for such patients remains unsatisfactory. It is therefore necessary to perform hematopoietic stem cell transplantation (HSCT) to improve their prognoses, however, a high rate of transplant-related mortality continues to be a problem associated with allogeneic HSCT. We therefore need to carefully determine the indications to safely perform HSCT based on historical data.<br />出版者照会後に全文公開 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/47532
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

藤嶋, ゆみえ, 大竹, 茂樹, 竹本, 賢一

金沢大学つるま保健学会 = the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University

馬場, 智久, Baba, Tomohisa

金沢大学がん進展制御研究所

Ishiyama, Ken, Takami, Akiyoshi, Kanda, Yoshinobu, Nakao, Shinji, Hidaka, Michihiro, Maeda, Tetsuo, Naoe, Tomoki, &hellip;

Nature Publishing Group

田川, 博之

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

向田, 直史, 馬場, 智久

日本血液学会 = The Japanese Society of Hematology

田久保, 圭誉

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

津田, 三郎

金澤醫科大學十全會

木村, 文彦(医学)

最新医学社

木村文彦(企画)

最新医学社

丹生, 龍太郎, 谷内江, 昭宏, 榊原, 方枝, 太田, 和秀, 関, 秀俊, 宮脇, 利男, 谷口, 昂

日本臨床免疫学会 = The Japan Society for Clinical Immunology