Blank Cover Image

「石犂」の使用痕分析 : 良渚文化における石製農具の機能 (5)

フォーマット:
論文
責任表示:
原田, 幹
言語:
日本語
出版情報:
日本考古学協会 = Japanese Archaeological Association, 2015-05-20
著者名:
原田, 幹  
掲載情報:
日本考古学
ISSN:
1340-8488  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
39
開始ページ:
1
終了ページ:
16
バージョン:
publisher
概要:
本研究は、実験使用痕研究に基づいた分析により、良渚文化の石器の機能を推定し、農耕技術の実態を明らかにしようとする一連の研究のひとつである。 長江下流域の新石器時代後期良渚文化の「石犂」と呼ばれる石器は、その形態から耕起具の犂としての機能・用途が想定されてきた。本稿では、金属顕微鏡を用いた高倍率観察によって、微小光沢面、線状痕などの使用痕を観察し、石器の使用部位、着柄・装着方法、操作方法、作業対象物を推定した。分析の結果、①草本植物に関係する微小光沢面を主とすること、②先端部を 中心に土による光沢面に類似する荒れた光沢面がみられること、③刃が付けられた面(a面)では刃部だけでなく主面全体に植物による光沢面が分布するのに対し、④平坦な面(b面)では刃縁の狭い範囲に分布が限定されること、⑤刃部の線状痕は刃縁と平行する、といった特徴が認められた。  石器は平坦な面(b面)が器具に接する構造で、先端部の方向に石器を動かし、左右の刃部を用いて対象を切断する使用法が考えられた。使用痕の一部には土との接触が想定される光沢面がみられるが、その分布は限定的であり、直接土を対象とした耕起具ではなく、草本植物の切断に用いられた石器だと考えられる。 前稿で検討した「破土器」と同じように、石犂の使用痕も草本植物との関係が想定され、従来の耕起具とは異なる解釈が必要である。この点について、農学的な視点からのアプローチとして、東南アジア島嶼部の低湿平野で行われている無耕起農耕にみられる除草作業に着目し、破土器、石犂は、草本植物を根元で刈り取り、低湿地を切り開くための農具であったとする仮説を提示した。 実験的な検討など課題は多いが、本分析の成果は、従来の良渚文化における稲作農耕技術に関する理解を大きく変える可能性がある。<br />Function and use of a lithic implement called “ stone plough head” in late Neolithic Liangzhu Culture aroundthe lower Yangtze River basin was assumed from its shape to be a plough,cultivation tool. This article aims to understand functions of the lithic tool and to hypothesize part use, attachment of handle/installation methodology, handling methodology, and what it was used on, etc., through observation of use-ware marks, such as microscopic polish surfaces and lines, using a metallurgical microscope. Stone plough heads were structured to attach an implement to their flat surface, and their assumed function was to cut an object using the blade part on both sides by moving the lithic toward its point. Although some polished parts suggest contact with the ground, it is assumed to be a lithic used to cut herbaceous plants, rather than a cultivation tool. Attention was also given toweeding for no-till cultivation in marshy plains of Southeast Asian islands from an agricultural viewpoint, and a hypothesis was proposed that the role of stone plough heads that were discussed in this article and triangular stone knifes discussed in the previous article was as a farming tool to remove herbaceous plants to develop wetlands. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/47916

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

原田, 幹

日本考古学協会 = Japanese Archaeological Association

原田, 幹, Harada, Motoki

金沢大学人文学類考古学研究室, Department of Archaeology, School of Humanities, Kanazawa University

原田, 幹

金沢大学大学院人間社会環境研究科= Graduate School of Human and Socio-Enviromental Studies Kanazawa University

原田, 幹

金沢大学人文学類歴史文化学コース 大学院人間社会環境研究科 考古学研究室

原田, 幹

古代学協会 = THE PALEOLOGICAL ASSOCIATION OF JAPAN

原田, 幹

金沢大学人文学類考古学研究室 = DEPARTMENT OF ARCHAEOLOGY, SCHOOL OF HUMANITIES, KANAZAWA UNIVERSITY

中村, 慎一, Nakamura, Shinichi

金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系

原田, 幹

金沢大学文学部考古学研究室

原田, 幹

金沢大学人文学類考古学研究室 = DEPARTMENT OF ARCHAEOLOGY, SCHOOL OF HUMANITIES, KANAZAWA UNIVERSITY

中村, 慎一, Nakamura, Shinichi

金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系

原田, 幹

考古学フォーラム