Blank Cover Image

呼吸鎖複合体の会合と解離によって制御されるミトコンドリア呼吸活性変動の解明

フォーマット:
論文
責任表示:
和田, 直樹 ; Wada, Naoki
言語:
日本語
出版情報:
2016-06-02
著者名:
掲載情報:
平成27(2015)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2015 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2013-04-01 – 2016-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学理工学域自然システム学系<br />界面活性剤としてアルキルイノシンを、膜埋め込み部のモデル分子としてラウリルトリプトファンを合成し、これらが相互作用することを明らかにした。オクチルイノシンとCHAPSの併用によって呼吸鎖の高分子量体が抽出されたが、活性染色による超複合体の組成決定は困難であった。パーフルオロアルキルカルボン酸を用いた場合、5個から9個の炭素鎖長をもつものにおいて、ジギトニンに比して膜タンパク質の抽出量が増大することも併せて明らかになった。 可溶化法の開発については一定の成果が得られたが、超複合体形成と呼吸活性の制御メカニズムとの関連性については解明には至らなかった。<br />Few kinds of alkylinosine were synthesized as a new kind of surfactants and lauryltriptophane was also synthesized as a model compound that represents embedded part of a membrane protein. These two molecules were able to interact with each other in aqueous medium. Treatment of yeast mitochondrial membrane with both octylinosine and CHAPS revealed the solubilizing the high molecular weight complexes; however, in-gel activity staining was not successful. Perfluoroalkylcarbonate increased the amount of solubilized membrane protein, though it was difficult to analyze the proteins by using typical electrophoresis techniques. Size-exclusion chromatography indicated the presence of high molecular weight protein complexes.<br />研究課題/領域番号:25820398, 研究期間(年度):2013-04-01 – 2016-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/47960
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
7 電子ジャーナル 呼吸

呼吸研究

8 雑誌 呼吸

レスピレーションリサーチファンデーション

レスピレーションリサーチファンデーション

9 視聴覚資料 呼吸

医学映像教育センター

医学映像教育センター

10 図書 呼吸

高橋, 仁美, 佐藤, 一洋

中山書店

喜多尾, 浩代, 桑島, 士郎

金沢大学教育学部, The Faculty of Education, Kanazawa University

12 図書 呼吸器

工藤, 翔二, 青木, きよ子

メヂカルフレンド社