Blank Cover Image

NADPHオキシダーゼ阻害剤によるNASHの抗酸化療法の開発研究

フォーマット:
論文
責任表示:
宮本, 謙一
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院, 2011-05-10
著者名:
宮本, 謙一  
掲載情報:
平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2008-2010
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
酪酸は,AMPKの活性化とHDAC阻害作用を併せもち脂肪酸β酸化経路を活性化させることにより肝臓の脂質代謝を改善する可能性が示唆された.Salacia reticulataは血清中adiponectinを上昇させ脂肪分解を亢進することで抗肥満効果を示すことが示唆された.葛花抽出物は肝臓および褐色脂肪に作用して抗肥満効果を示すことが示唆された.これらの結果は,非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の病態解明と治療法の確立に寄与する重要な知見と考えられた.<br /& gt;It is suggested that butylic acid activates AMP-activated protein kinase (AMPK) and inhibits histone deacetylase (HDAC) thereby improves lipid metabolism in the liver by activating lipid β-oxidation. S. reticulata extract exhibited anti-obesity effect by increasing serum adiponectin and enhancing lipid metabolism. P. flos extract exhibited anti-obesity effect through an action on the liver and brown fat cell. These findings may facilitate clarification and treatment of non-alcoholic steatohepatitis (NASH).<br />研究課題/領域番号:20590141, 研究期間(年度):2008–2010 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/47961

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

内藤, 裕二, 豐國, 伸哉, 吉川, 敏一(1947-)

診断と治療社

谷内江, 昭宏, Yachie, Akihiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

共立薬科大学生体防御薬学研究センター

共立薬科大学・生体防御薬学研究センター運営委員会

岡部, 隆義

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

岡部, 隆義

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

岡部, 隆義

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

内藤, 裕二, 豐國, 伸哉, 吉川, 敏一(1947-)

診断と治療社