Blank Cover Image

マオウ科植物の形態ならびに成分化学的多様と種分類に関する調査研究

フォーマット:
論文
責任表示:
御影, 雅幸 ; Mikage, Masayuki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学自然科学研究科, 2008-05-01
著者名:
掲載情報:
平成19(2007)年度科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2007 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2005-2007
開始ページ:
15p.
バージョン:
author
概要:
平成17年度に中国の内蒙古自治区,遼寧省,吉林省,河北省など,またモンゴル国のウランバートル周辺並びに西南部のゴビ砂漠,平成18年度に中国の河北省,甘粛省,新彊省など,またロシアのブリアチア共和国及び沿海州,平成19年度に中国の北京,雲南省,四川省,内蒙古自治区のモンゴル国境付近,河北省などにおいて,それぞれ現地の研究機関の協力を得てマオウ属植物Ephedra自生地の現地調査を行なった.その結果,139群落において計約370株のマオウ属植物を採集することができた。 帰国後の研 究で,それらはEphedra sinica,E.dahulica,E.intermedia,E.equisetina,E.likiangensis,E.monosperma,E.przewarskii,E.minuta,E.gerardianaなどであると同定したが,不明種2分類群も確認された。またDNA塩基配列を解析した結果,E.sinicaとE.dahulicaは同一種と認識され,さらにE.sinicaと同一種であるとする説があるヨーロッパ産のE.distachyaと比較した結果,互いに別種であると判断された。また,発芽試験により,通常の海浜植物と同等の耐塩性があることが明らかになった。アルカロイド含量を調査した結果,雨量が少ない土地に生育する株ほど高含量であることが明らかになった。組織学的検討により,E.sinicaとE.intermediaを明確に識別する要素を見出したが,地方的に変異が多いことも明らかになった。また,代表者らの古文献調査により中国明代に薬用として良質品とされていたことが明らかになったE.likiangensisが,19年度の調査において現在では生育記録がない四川省茂県において,古文献の記載通り発見することができた。 本研究により,マオウ属植物は中国の四川省から北側のアルタイ山脈にかけての地域,またその西側地域で種が多様化していることが明らかになった。今後は,さらに中近東やヨーロッパを含む西域の標本や新大陸の標本を入手し,学際的に検討することにより,混乱している本属植物の分類体系を再構築する必要がある。<br />We conducted collaborative field surveys with researches in respective countries in the following regions, and collected approximately 370 specimens from 139 independent communities; In 2005, Inner Mongolia, Liaoning, Jilin, Hebei, Sichuan Provinces, China, and the environs of Ulan Bator and the south-west part of the Gobi Desert, Mongolia. In 2006, Hebei, Gansu, Xinjiang Provinces, China, and the Buryat Republic and the Maritime Region, Russia. In 2007, Beijing and Yunnan, Sichuan, Hebei Provinces, and the Mongolian border region of Inner Mongolia, China.By analysis of morphology and DNA of the specimens, we could identify them except 2 specimens as Ephedra sinica, E. dahulica, E. intermedia, E. equisetina, E. likiangensis, E. monosperma, E. przewarskii, E. minuta, E. gerardiana. We concluded that E. sinica and E. dahulica were the same species, since they had similar morphology and identical DNA sequences. On the other hand, we found that European E. distachya, which some researches have been thought the same species as Ephedra sinica and E. dahulica, was significantly varied from them. By germination tests, E. sinica was found halotorerant, similar to seaside plants. Furthermore, E. sinica grown in arid land had relatively higher ephedrine alkaloid contents than those in wetland. We could find some anatomical key differences between E. sinica and E. intermedia, while the other anatomical properties varied significantly by region. We observed E. likiangensis actually grown in Mao-zhou, Sichuan, where recent distribution of it was not reported but it had been written as a producing area of high quality Ma-huang in classic herbals of the Ming Dynasty.Our investigation suggests that diversification of Ephedra plant was noticeable in the regions from the Altai Mountains. down to Sichuan Province and the regions of their western side. We will continue the survey to the western regions including the Near and Middle East, Europe, and the North and South America to research the current resource and distribution of Ephedra plants worldwide.<br />研究課題/領域番号:17405014, 研究期間(年度):2005–2007 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/48136
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

金沢大学薬学系

Mikage, Masayuki, 御影, 雅幸

Muramoto Ken-ichiro 村本 健一郎 / 金沢大学 Kanazawa University

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

植物地理・分類学会 The Society for the Study of Phytogeography and Taxonomy / 日本植物分類学会 The Japanese Society for Plant Systematics (JSPS)

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

金沢大学自然科学研究科

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

和漢医薬学会

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

植物地理・分類学会 = The Society for the Study of Phytogeography and Taxonomy

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

日本薬剤学会 = The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

金沢大学薬学部

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

金沢大学21世紀COEプログラム

御影, 雅幸(1948-)

[御影雅幸]

御影, 雅幸, Mikage, Masayuki

金沢大学, 金沢大学21世紀COEプログラム事務局編