Blank Cover Image

肥満、閉経、リンパ管、蜂蜜がきれいな皮膚創傷治癒にどのように影響するかの基礎研究

フォーマット:
論文
責任表示:
中谷, 壽男 ; Nakatani, Toshio
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学保健学系, 2013-05-02
著者名:
掲載情報:
平成24(2012)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2010-2012
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
マウスの皮膚創傷全層欠損創に対する治癒への影響を検討した.エストロゲンは卵巣摘出のマウスで創傷治癒促進効果があったが,雄マウスには効果がなかった.効果は雌のみなのかはさらに検討の余地がある.イソフラボンの創傷治癒促進効果はほとんど無かった.肥満マウスは,創作製後に急激に痩せたので,肥満が治癒を遅延させるかは不明であった.リンパ管新生の抑制は治癒を遅延させるようだ.蜂蜜は種類によって創傷または熱傷創の治癒効果は異なることから,いろいろな種類を試す必要がある.<br /&g t;We investigated factors that affect the healing of full-thickness cutaneous wounds in mice. Estrogen was effective for wound healing in ovariectomized mouse, but not in male mouse. There is room for further investigation on whether it is effective only in females. The effect of isoflavone on wound healing was not clear. It was also unclear whether obesity caused a delay of wound healing because the obese mice dramatically lost weight after wounding. It is thus necessary to re-examine models of obesity. Inhibition of lymphangiogenesis seemed to delay the healing. Since the effect of honey on wounds or burn wounds depended on the type of honey, it is necessary to evaluate several kinds of honey.<br />研究課題/領域番号:22592363, 研究期間(年度):2010–2012 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/48222
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

能勢, 鉚三

金沢大学十全医学会

向井, 加奈恵, Mukai, Kanae

金沢大学医薬保健研究域保健学系

Mukai, Kanae, Nagasawa, Mari, Nakamura, Eri, Nishida, Natsuki, Hori, Ayaka, Yagi, Yukari, Yamagishi, Aya, Watanabe, Ai, &hellip;

コ・メディカル形態機能学研究会

6 図書 創傷治癒

真田, 弘美(1956-)

ブレーン出版

山本, 修三

中山書店