Blank Cover Image

環境共生のための土地利用計画支援システムの開発と適用に関する研究

フォーマット:
論文
責任表示:
川上, 光彦
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学自然科学研究科, 2007-04-01
著者名:
川上, 光彦  
掲載情報:
平成18(2006)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書
巻:
2004-2006
開始ページ:
149p.
バージョン:
author
概要:
本研究の目的は、都市計画分野と環境分野との連携により、環境保全を考慮した総合的土地利用計面支援システムを開発する試みである。具体的には事例研究により、国や民間において整備されている多様な土地利用のデータと環境解析のデータとの統合により、環境水準の制約を取り入れた土地利用計画支援システムの開発を行う。 環境基本計画と都市計画との関連性について、都市計画における地域地区制度などに基づいた土地利用のパターン、環境基本計画からみた土地利用のパターンには共通性があるが、相異点もある。地 域地区制度へ土地利用に関する環境影響の評価システムを取り入れることで、環境基本計画との整合性を図るようにすることが重要である。 本年度(平成18年)では、持続可能な土地利用計画を提案するために、マクロとミクロのレベルから検討するために、土地利用のシミュレーションについて研究を進めてきた。 マクロな視点からは、メッシュ単位のデータベースを構築し、中心市街地における商業環境の衰退と周辺地域の土地利用の変化を中心に、マルチエージェントシステムを用いて大型店立地によるシミュレーションを行い,代替案シナリオを評価することによって、中心市街地における商業環境の変容を検証するようなシステム開発を進めた。現段階では商業環境の政策を評価しているが,環境計画の視点からの評価も取り入れられるように研究を進めている. ミクロな視点からは、CAを用いて街区や宅地レベルの土地利用シミュレーションシステムを開発し,統計データにもとづいて土地利用用途別に建物階数、エネルギーの消費量、車の所有数などを推測できるようにした.また,土地区画整理事業後において、市街地形成のシミュレーションシステムを継続して開発し、その有効性を検証してきた。 上記の二つのマクロおよびミクロのレベルを組合せて土地利用のパターンについてシミュレーションできるようにした。今後は、これらから、エネルギーの消費量、車の所有数による大気汚染の環境評価に対応した土地利用の評価を行えるようにシステムを発展させる予定である。 本年度の業績としては、国際会議1編、論文3編がある。<br />研究課題/領域番号:16360300, 研究期間(年度):2004–2006 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/48735

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

埒, 正浩, 川上, 光彦

日本都市計画学会 = The City Planning Institute of Japan

沈, 振江, 川上, 光彦, 川村, 一平, 加藤, 千智

日本建築学会 = Architectural Institute of Japan

恒川, 真康, 沈, 振江, 川上, 光彦, 竹森, 秀朗

日本都市計画学会

岸本, 和子, 川上, 光彦, 沈, 振江, 竹森, 秀朗

日本都市計画学会

埒, 正浩, 川上, 光彦, 片岸, 将広

日本都市計画学会 = City Planning Institute of Japan

川上, 光彦(1947-), 浦山, 益郎, 飯田, 直彦, 土地利用研究会, 明石, 達生

学芸出版社