Blank Cover Image

全胚免疫組織化学染色法等による鶏胚と哺乳類胚の神経・血管・筋の発生の三次元的研究

フォーマット:
論文
責任表示:
田中, 重徳
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医学部, 1997-04-01
著者名:
田中, 重徳  
掲載情報:
平成8(1996)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1996 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1995-1996
開始ページ:
7p.
バージョン:
author
概要:
1. ニワトリ胚の心臓に分布する迷走神経枝(心臓枝)の発生について 我々は、心臓の動脈門のほかに、静脈門から入る重要な心臓枝の発生を大静脈と肺静脈ならびに心房中隔の発生と関連させて、追跡し、新たな知見を得た。この研究はほとんど終了したので、データをまとめ、論文原稿を作成した。しかしながら、文献を渉猟すると、脊椎動物(ニワトリも含めて)の心臓枝の研究はたくさん報告されているが、用語が著しく混乱していて、正確なデータの記載の仕様が無い、という障碍に遭遇した。それ故、仕方なく、ヒト の心臓に分布する神経に関して、我々が、独自に発生学の観点から、しっかりとしたデータをもつことに、平成8度を費やした。目下、これについての論文の掲載を待って、ニワトリ胚の心臓枝に関する論文を投稿することにしている。2. ジャコウネズミの心臓枝について この動物の成体の心臓に分布する神経に関する詳細なデータを出し、論文原稿を作成した。しかし、上記1。の理由から、投稿寸前でストップしている。 3. ヒトの心臓に分布する迷走神経心臓枝ならびに交感神経の解明(上記1。と関連する) ヒトの成体の心臓に分布する迷走神経心臓枝の形態を、出来る限り詳しく解剖し、新しいデータを出し、論文を作成し、投稿した。Journal of Anatomy (英国)に一応受理されたが、心臓に分布する交感神経の枝について、記載を加えるよう要求された。それゆれ、平成8年度は、これについて、かなりの時間を使って、データを出した。その結果、交換神経の心臓神経は気管支動脈に沿って心臓の静脈門から心房ならにび静脈洞に分布するという事実を発見した。 4. (3)の仕事の副産物 (1)ヒトの心臓においても、冠状動脈以外に、気管支動脈の枝が、恒常的に、とりわけ左心房の後壁を養っているということを、明らかにした。 (2)心臓枝のすぐ頭側に位置する喉頭枝(迷走神経)の詳細を明らかにした。 (3)舌下神経の新たな形態(枝)を見つけた。 5. ジャコウネズミの胚において 上顎神経の投射経路の発生を明らかにした。<br />1) Development of the vagal cardiac branches (VCB) in chick embryos By tracing the growth of the VCB at earlier stages of chick embryos, we found that the VCB are divided into 2 groups, those destined for the arterial site and those for venous site of the heart. Most important findings in this study that these VCB reveals a simple symmetrical, but not a complex, arrangement in contrast to the description in the leading anatomical as well as the embryological textbooks. Especially, the VCB destined for the venous site were found to follow the developing the superior vena cava and the pulmonary veins, reaching the sinuatrial node and the interatrial septum, the site of location of the atrioventricular node.2) Unfortunately, the terminology of the VCB of humans and of vertebrates are greatly confused. Every author has applied the same terms to different branches arising from the vagal nerve. For clearing this confusion, we have performed macroscopical studies on the VCB in the chicken, rats, house shrews, and in human adults, and elucidated the morphological features of these branches in a more exact and detailed than ever manner. The results obtained in this study provide us with suff icient evidence to support a confident statement that the fundamental features of the VCB in humans are the same as those in vertebrates, including chicken.<br />研究課題/領域番号:07670006, 研究期間(年度):1995–1996 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/48794

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12