1.

論文

論文
川上, 光彦 ; 天野, 智順
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology Kanazawa University.  16  pp.73-83,  1983-03-30.  金沢大学工学部 = Faculty of Technology Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/25249
2.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology Kanazawa University.  12  pp.45-55,  1979-10-25.  金沢大学工学部 = Faculty of Technology Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/25282
3.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology Kanazawa University.  12  pp.57-67,  1979-10-25.  金沢大学工学部 = Faculty of Technology Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/25283
4.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology Kanazawa University.  12  pp.15-23,  1979-03-25.  金沢大学工学部 = Faculty of Technology Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/25548
5.

論文

論文
川上, 光彦 ; 天野, 智順 ; Kawakami, Mitsuhiko ; Amano, Norimasa
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology, Kanazawa University.  15  pp.53-64,  1982-11.  金沢大学工学部 — The Faculty of Technology, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053170
概要: 金沢大学工学部
6.

論文

論文
川上, 光彦 ; 西山, 淳一 ; 宇賀田, 和己 ; Kawakami, Mitsuhiko ; Nishiyama, Junichi ; Ugata, Kazumi
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology, Kanazawa University.  19  pp.63-73,  1986-03.  金沢大学工学部 — The Faculty of Technology, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053171
7.

論文

論文
竹田, 恵子 ; 川上, 光彦 ; 根石, 修 ; Takeda, Keiko ; Kawakami, Mitsuhiko ; Neishi, Osamu
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology, Kanazawa University.  24  pp.39-52,  1991-03.  金沢大学工学部 — The Faculty of Technology, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053172
概要: 金沢大学工学部
8.

論文

論文
川上, 光彦 ; 永田, 恭裕 ; Kawakami, Mitsuhiko ; Nagata, Yasuhiro
出版情報: 金沢大学工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Technology, Kanazawa University.  13  pp.141-154,  1980-10.  金沢大学工学部 — The Faculty of Technology, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053173
概要: 金沢大学工学部
9.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 平成18(2006)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2004-2006  pp.149p.-,  2007-04-01.  金沢大学自然科学研究科
URL: http://hdl.handle.net/2297/48735
概要: 本研究の目的は、都市計画分野と環境分野との連携により、環境保全を考慮した総合的土地利用計面支援システムを開発する試みである。具体的には事例研究により、国や民間において整備されている多様な土地利用のデータと環境解析のデータとの統合により、環境 水準の制約を取り入れた土地利用計画支援システムの開発を行う。 環境基本計画と都市計画との関連性について、都市計画における地域地区制度などに基づいた土地利用のパターン、環境基本計画からみた土地利用のパターンには共通性があるが、相異点もある。地域地区制度へ土地利用に関する環境影響の評価システムを取り入れることで、環境基本計画との整合性を図るようにすることが重要である。 本年度(平成18年)では、持続可能な土地利用計画を提案するために、マクロとミクロのレベルから検討するために、土地利用のシミュレーションについて研究を進めてきた。 マクロな視点からは、メッシュ単位のデータベースを構築し、中心市街地における商業環境の衰退と周辺地域の土地利用の変化を中心に、マルチエージェントシステムを用いて大型店立地によるシミュレーションを行い,代替案シナリオを評価することによって、中心市街地における商業環境の変容を検証するようなシステム開発を進めた。現段階では商業環境の政策を評価しているが,環境計画の視点からの評価も取り入れられるように研究を進めている. ミクロな視点からは、CAを用いて街区や宅地レベルの土地利用シミュレーションシステムを開発し,統計データにもとづいて土地利用用途別に建物階数、エネルギーの消費量、車の所有数などを推測できるようにした.また,土地区画整理事業後において、市街地形成のシミュレーションシステムを継続して開発し、その有効性を検証してきた。 上記の二つのマクロおよびミクロのレベルを組合せて土地利用のパターンについてシミュレーションできるようにした。今後は、これらから、エネルギーの消費量、車の所有数による大気汚染の環境評価に対応した土地利用の評価を行えるようにシステムを発展させる予定である。 本年度の業績としては、国際会議1編、論文3編がある。<br />研究課題/領域番号:16360300, 研究期間(年度):2004–2006 続きを見る
10.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 平成7(1995)年度 科学研究費補助金 一般研究(C) 研究成果報告書.  1994-1995  pp.3p.-,  1996-03-01.  金沢大学工学部
URL: http://hdl.handle.net/2297/48736
概要: 都市基本計画の立案に際して、土地利用構造の把握とその計画的制御のシステムを確立していくことが、今後のわが国における重要な課題である。本研究では、そうした観点から、既存統計資料の活用を前提として、都市計画区域、および、市街化区域と市街化調整区 域の区域区分制度との関わりで、市街地の人口密度分布構造、建築着工建築物の都市特性との関わりなどを分析し、さらに、京浜都市圏、金沢市などを事例としてより詳細に明らかにしているものである。 まず、我が国の近年における都市のマクロな市街地の特性とその時系列的変化を把握した。そのため、全国の人口5万人以上の都市を対象として、都市計画年報より、線引き関連資料を収集整理し、都市計画区域、市街地区域、人口集中区域などが、同心円構造になることを踏まえて市街地構造タイプ1から9に分類した。それにより、市街地構造と、都市の立地、規模などの属性との関連性などを分析した。 また、建築着工統計より、建物の用途着工床面積をもとめ、一方、国勢統計調査より、各種の人口を求め、両者より着工原単位を算出した。これにより、市街地構造の特性と建築活動の関連性を分析した。分析に際しては、第一段階として都道府県別に行い、原単位の特化状況、重回帰分析による関連要因分析などを行っている。また、都市単位を対象としての分析も進めている。 さらに、金沢市を事例として、用途地域や独自条例にもとづく都市計画的制御と土地利用構造などとの関連性を分析して明らかにしている。なお、今後は、都市計画的な土地利用制御のシステムを構築し、それらと土地利用構造変容との関わりを明らかにしていく必要がある。<br />研究課題/領域番号:06650681, 研究期間(年度):1994–1995 続きを見る
11.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 金沢大学サテライト・プラザ「ミニ講演」講演録集.  12  2001-02-17.  金沢大学大学教育開放センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/3744
概要: 年月日:2001年2月17日(土)午後2時~3時,場所:石川県立社会教育センター
12.

論文

論文
川上, 光彦 ; 宇賀田, 和巳 ; 宇佐, 武則
出版情報: 金沢大学情報処理センター広報.  10  pp.17-27,  1986-07-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/5735
概要: 工学部 川上研究室
13.

論文

論文
川上, 光彦 ; 西田, 康隆 ; 松井, 重樹
出版情報: 日本建築学会計画系論文報告集.  388  pp.86-97,  1988-06-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12059
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />In this study we formulate a linear model which can describe household movement caused by n ew housing supply in a region. Formulating the model we divide the movement process into two stages. The first stage is the movement into dwellings which are newly supplied in a fixed term. The second stage is the movement into vacant dwellings, which consist dwellings haved been resided by household who moved into newly supplied ones and other types of unoccupied dwellings. We also formulate the model to use variables and parameters as much as possible, which correspond with ones used in existing statistical materials. This can promote operational ability of the model. We apply the model to five typical Prefectures and study operational ability, usefulness and limitations as a descriptive model. Main findings of this study are as follows; 1) Numerical estimation of household movement in the next term can be done using actually supplied dwellings. This gives us useful information not derived from existing statistics and some of estimated values coincides in small error with result of the surveyed data. It means that the model can be used as a descriptive model. 2) Simulations can be done using supposed supplied dwellings classified by a housing type. Studies on results of these simulations present useful information for housing supply planning. 続きを見る
14.

論文

論文
路, 方芳 ; 沈, 振江 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 都市計画報告集.  6  pp.67-73,  2007-08-01.  日本都市計画学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11713
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />中国においては社会主義市場経済の下、大都市の急速な成長に伴う大規模な開発活動が行われているが、歴史的文化遺産の保存及び利活用も中国政府が大きな関心を持つ問題となりつつある。本研究では 、既存研究を踏まえて、保存事業があまり進まなかった北京市の事例を取り上げ、日本における補助金制度の経験に基づいて中国における歴史的町並み保存計画制度の仕組みを整理し、参加型の保存事業の実施を進めるため、日本的補助金制度の導入についての可能性を考察しようとするものである。 続きを見る
15.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.79-80,  2008-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35275
16.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦 ; 松谷, 圭祐 ; 増田, 達男 ; 宮本, 敦史
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.101-102,  2007-07-31.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35165
17.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦 ; 松谷, 圭祐 ; 増田, 達男
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.273-274,  2006-07-31.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35281
18.

論文

論文
本舘, 孝文 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.215-216,  2007-07-31.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35166
19.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 日本建築学会論文報告集.  288  pp.179-186,  1980-02-28.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12056
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />It is the aim of this study to analyze current household movement for residential dwellings from available data by finite Markov chain as analytical methodology. Transition probability matrix is estimated from the 1973 Housing Survey for status of residence in case of considering no new flows of ordinary households. These are simulated which are time series distributions and invariant distribution of status of residence, and also mean first passage time and mean recurrence time among them. These are main findings about characters of current household movement for residential dwellings as follows. (1) The distribution of owned houses is always increasing and other distributions are decreasing except for the early stage distributions of rented houses owned by public corporations. These tendencies have movement towards invariant distribution. (2) The ratios of invariant distribution against present distribution have correlative intensely to relative levels between main factors of present housing standards. Therefore it is deduced that household movement is basically regulated with these relative standards. (3) The ratio mentioned above of 1.0 means that its housing sector works reasonable role for housing demand of ordinary household. Such levels of housing standards, havingt the ratio 1.0, are estimated by regression method. These levels are considered as kinds of norms for housing supply. (4) Accessibility for ordinary households between status of residence are estimated by mean first passage time. Especially, accessibility order for ordinary households towards status of owned houses, which is regarded as ultimate object of status of residence generally in Japan, are estimated. 続きを見る
20.

論文

論文
岸本, 和子 ; 川上, 光彦 ; 沈, 振江 ; 竹森, 秀朗
出版情報: Journal of the City Planning Institute of Japan / 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning.  39  pp.373-378,  2004-10-25.  日本都市計画学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/19316
概要: 金沢大学理工研究域 環境デザイン学系
21.

論文

論文
山下, 智 ; 沈, 振江 ; 川上, 光彦
出版情報: 都市計画論文集 = Papers on city planning.  46  pp.19-24,  2011-04-25.  日本都市計画学会 = City Planning Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35289
概要: In this paper, a prototype simulator using ArcGIS is discussed regarding how to simulate land use patterns and building use types after Land Readjustment Project area. For this simulation, we suggested several basic functions that are land use pattern simulation using CA and building use type simulation using NN, for which scenario configuration, geo-processing and calculation of spatial features' attributes and geo-database process are necessary for simulation implementation. The components of ArcToolbox in ArcGIS as model and script are employed as a development tool for our simulator. As a result, the simulation outcomes of land use patterns and building use types are evaluated based on an example area in Kanazawa City and the tool is easy to be operated by planners who can use ArcGIS. 本研究では、土地区画整理事業施行地区において、ArcGISを用いて宅地用途と建物用途のシミュレーションシステムを開発している。ここでは、宅地用途シミュレーションにはセル・オートマトンの手法を用いており、建物用途のシミュレーションにはニューラル・ネットワークの手法を用いている。そして、GISの空間解析機能やデータベースの演算機能など、シミュレーションの実行に必要な機能について整理している。また、シミュレーションはArcGIS DesktopのArcToolBoxの中で、Pythonを用いて記述したScriptをModelとして組み合わせることにより実現している。開発するシステムは、計画担当者らがプログラム構築や複雑な設定を意識することなく操作できるものとし、シミュレーション結果は、開発したシステムを金沢市の事例地区への適用することにより評価している。 続きを見る
22.

論文

論文
眞島, 俊光 ; 川上, 光彦 ; 埒, 正浩 ; 片岸, 将広
出版情報: 都市計画論文集 = Papers on city planning.  47  pp.439-444,  2012-01-01.  日本都市計画学会 = City Planning Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/36632
概要: 本研究は、調整区域の集落等に計画的な開発の誘導による維持・活性化が期待される開発許可条例のうち、主に34条12号を対象として、全国アンケート調査や34条12号の特別区域型を指定する自治体へのヒアリング調査から、運用実態や課題等を明らかにする ことを目的とする。研究の結果、既存集落周辺に住居系用途を誘導する茨城県とつくば市では、集落周辺への一定の開発誘導はみられるものの、利便性の高い34条11号区域への開発が多いことが分かり、区域を指定する集落の選定等の必要性が課題となった。また、産業系用途を誘導する埼玉県と春日部市では、地区計画の導入が困難なため34条12号を代替手法として指定した結果、大規模商業施設等の開発が行われ、公共施設整備が不十分な地区の形成や開発区域周辺の市街化を促進する恐れがあり、計画的な開発誘導の必要性が確認された。さらに、両事例ともに県が先行して条例を指定することで、開発許可権限を有する市町村を含め、基本的に制度内容が同じになることが分かり、近隣市町村で大幅な規制格差が生じないよう、先行指定による調整が必要なことを指摘した。This paper studies operational actual conditions and problems of the Development Permission Ordinances based on Article 34-12 of City Planning Law analyzing data from the questionnaire survey and interviews to local governments utilizing such ordinances. As a result of this study, both studied examples utilize the system positively and control developments according to the local actual situations although the designated area should be limited and permitted development types also confined considering necessary public facilities construction. In addition, the prefecture should positively establish development regulations by introducing the ordinance in order to reduce differences between adjacent municipalities in the prefecture. 続きを見る
23.

論文

論文
前川, 洋輝 ; 小林, 史彦 ; 川上, 光彦
出版情報: 都市計画論文集 = Papers on city planning.  46  pp.193-198,  2011-10-25.  日本都市計画学会 = City Planning Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35290
概要: In recent years, community based historic conservation has come to work. It came to be thought that it is necessary to c onserve various cultural heritages in the local area. The charm in the local area improves by conservation of cultural heritages from the aspect of community development. To inherit various cultural heritages in the local area, various actors in addition to the administration should play a role. In this study, the process of community based historic conservation that works by various actors in Daishoji is clarified. In addition, the achievement factor of community based historic conservation in Daishoji is clarified from the viewpoint of the relationship between actors, cultural heritage diversity and measures. 近年、地域の多様な文化遺産を活かしたまちづくりが取り組まれるようになってきた。これまでの文化財保護行政では、価値の高い指定文化財などの個別保存が中心であったが、優品でないものの保護も積極的になされるべきだと考えられるようになってきた。地域の多様な文化遺産を、地域の歴史ストーリーを語る資産群として総体でとらえ、まちづくりの視点でそれらを継承することにより、地域の魅力や活力の向上が期待できるためである。このような、地域の多様な文化遺産を地域の歴史のコンテクストから読み解き継承していくまちづくりを、本研究では歴史まちづくりと定義する。歴史まちづくりの要件として、1.多様な文化遺産を対象とする、2.多様なまちづくりの施策に取り組む、3.多様な主体が参画するの3つを挙げ、これらに着目し、歴史まちづくりが進展するプロセスを時系列で明らかにする。そして取り組み主体と対象文化遺産の属性の関係と、取り組み主体とまちづくり施策内容の関係に着目することで、歴史まちづくりの進展要因を検証することを目的とする。 続きを見る
24.

論文

論文
高木, 一典 ; 川上, 光彦
出版情報: 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning.  38  pp.823-828,  2003-10-25.  日本都市計画学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11714
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />本研究では、市町村都市計画マスタープランの場合について、情報公開に関するインターネットの利用実態についてマスタープランの内容を公開しているホームページ(以降MPHPと記す)の全国的な 現状を明らかにする。自治体HP、MPHPの所有率は年々増加しているが、人口規模などの社会的な要因に大きく影響している。また、MPHPの内容においても掲載内容や程度、障害者などに対する配慮に差が見られた。そこで、MPHPに用いられているリンクを6タイプに分類し、これらの組み合わせによりMPHPを11タイプに分類した。そして、類型を考慮した実験用ホームページを作り、その操作性や情報検索等に関する分析を行っている。その結果、全てのタイプにおいて閲覧者が必要とする情報に関しては高い閲覧率を示していた。また、同階層をつなぐリンクの追加は推定閲覧時間の短縮、操作性の向上、情報検索性の向上といった効果が見られ、特に深度が深いものほどその効果が大きくなる。 続きを見る
25.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: Anti-Inflammatory and Anti-Allergy Agents in Medicinal Chemistry.  53  pp.019-022,  2004-08-25.  Bentham Science Publishers
URL: http://hdl.handle.net/2297/11715
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
26.

論文

論文
木谷, 弘司 ; 川上, 光彦
出版情報: 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning.  30  pp.67-72,  1995-11-01.  日本都市計画学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11719
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
27.

論文

論文
川上, 光彦 ; 高山, 純一
出版情報: 都市計画 別冊.  第14回発表論文集  pp.1-6,  1979-11-01.  日本都市計画学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11810
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
28.

論文

論文
川上, 光彦 ; 松浦, あき子 ; 大谷, 瑞絵 ; 埒, 正浩 ; 木谷, 弘司 ; 小林, 史彦
出版情報: 日本建築学会技術報告集 : journal of architecture and building science.  115  pp.201-206,  2000-12-20.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12088
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />This paper studies characteristics of planning materials issued prefecture governments and its influences on actual planning based on surveys carried out to planning section of prefectures and municipalities. Twenty-seven prefectures among of forty-six have issued planning materials. Although some municipalities like to have planning materials for their reference, there would be some materials causing demerits of formality and deteriorating municipalities' effort for planning an original master plan. As for superiority recognition as a prefecture government on municipality, planning materials are categorized into three types, which are "a type recognized superiority", "a type recognized prefecture participation and little superiority" and "a type respecting autonomy of each municipality". 続きを見る
29.

論文

論文
西山, 淳一 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. 計画系.  59  pp.2321-2322,  1984-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12093
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
30.

論文

論文
西田, 康隆 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. 計画系.  591  pp.2235-2236,  1984-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12094
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
31.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. 計画系.  59  pp.1281-1282,  1984-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12095
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
32.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. 計画系.  58  pp.2115-2116,  1983-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12096
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
33.

論文

論文
川上, 光彦 ; 天野, 智順 ; 下里, 恒夫
出版情報: 学術講演梗概集.  計画系 56(都市計画・建築経済・住宅問題)  pp.1783-1784,  1981-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12101
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
34.

論文

論文
渡邉, 明拓 ; 川上, 光彦 ; 石冨, 達郎
出版情報: 学術講演梗概集.  計画系 2002(F-1)  pp.781-782,  2002-06-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12100
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
35.

論文

論文
松谷, 圭祐 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦 ; 増田, 達男
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.271-272,  2006-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12103
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
36.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.195-196,  1998-07-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12118
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
37.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.675-676,  1997-07-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12119
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
38.

論文

論文
福岡, 敏成 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.1165-1166,  1995-07-20.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12122
39.

論文

論文
石原, 清行 ; 金木, 健 ; 川上, 光彦 ; 近藤, 達男
出版情報: 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東).  1995  pp.1787-1788,  1979-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12123
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
40.

論文

論文
石原, 清行 ; 金木, 健 ; 川上, 光彦 ; 近藤, 達男
出版情報: 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東).  1995  pp.1789-1790,  1979-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12124
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
41.

論文

論文
石原, 清行 ; 金木, 健 ; 川上, 光彦 ; 近藤, 達男
出版情報: 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東).  1995  pp.1791-1792,  1979-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12125
42.

論文

論文
福岡, 敏成 ; 川上, 光彦
出版情報: 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道).  1995  pp.1165-1166,  1995-08-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12126
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
43.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠.  1985  pp.365-366,  1985-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12127
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
44.

論文

論文
西山, 淳一 ; 川上, 光彦 ; 宇賀田, 和巳
出版情報: 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠.  1985  pp.399-400,  1985-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12128
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
45.

論文

論文
宇賀田, 和巳 ; 川上, 光彦 ; 西山, 淳一
出版情報: 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠.  1985  pp.401-402,  1985-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12129
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
46.

論文

論文
西田, 康隆 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠.  1985  pp.433-434,  1985-09-10.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12130
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
47.

論文

論文
川上, 光彦 ; 宇賀田, 和巳 ; 西山, 淳一
出版情報: 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠.  1986  pp.419-420,  1986-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12131
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
48.

論文

論文
西山, 淳一 ; 川上, 光彦 ; 宇賀田, 和巳
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠  pp.421-422,  1986-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12132
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />出版者照会中.
49.

論文

論文
鈴木, 伸夫 ; 川上, 光彦 ; 西田, 康隆 ; 畠, 茂雄
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠  pp.491-492,  1986-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12134
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
50.

論文

論文
畠, 茂雄 ; 川上, 光彦 ; 西田, 康隆 ; 鈴木, 伸夫
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠  pp.493-494,  1986-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12135
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
51.

論文

論文
久保, 敦俊 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.775-776,  1994-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12137
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
52.

論文

論文
川上, 光彦 ; 竹田, 恵子 ; 富田, 英明 ; 福岡, 敏成
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.769-777,  1994-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12138
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
53.

論文

論文
福岡, 敏成 ; 川上, 光彦 ; 竹田, 恵子 ; 富田, 英明
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.767-768,  1994-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12139
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
54.

論文

論文
中居, 達紀 ; 川上, 光彦 ; 竹田, 恵子
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.489-490,  1994-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12140
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
55.

論文

論文
竹田, 恵子 ; 川上, 光彦 ; 志賀, 祥雄 ; 木下, 信弥 ; 野村, 秀久
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.301-302,  1994-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12143
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
56.

論文

論文
久保, 敦俊 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.965-966,  1993-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12145
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
57.

論文

論文
志賀, 祥雄 ; 川上, 光彦 ; 竹田, 恵子
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.31-32,  1993-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12148
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
58.

論文

論文
森, 治紀 ; 川上, 光彦 ; 竹田, 恵子 ; 木下, 信弥 ; 野村, 秀久
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.311-312,  1993-07-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12149
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
59.

論文

論文
川上, 光彦 ; 竹田, 恵子
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.415-416,  1990-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12151
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
60.

論文

論文
後藤, 孝臣 ; 川上, 光彦 ; 竹田, 恵子 ; 三谷, 浩二郎
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.165-166,  1990-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12152
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
61.

論文

論文
三谷, 浩二郎 ; 川上, 光彦 ; 竹田, 恵子
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.33-34,  1989-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12154
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
62.

論文

論文
竹田, 恵子 ; 川上, 光彦 ; 三谷, 浩二郎
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.279-280,  1989-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12155
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
63.

論文

論文
菓子, 久就 ; 川上, 光彦 ; 松井, 重樹
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.521-522,  1988-09-01.  American Diabetes Association
URL: http://hdl.handle.net/2297/12156
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
64.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.331-332,  1988-09-01.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12158
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
65.

論文

論文
菓子, 久就 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.569-570,  1987-08-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12159
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
66.

論文

論文
畠, 茂雄 ; 川上, 光彦 ; 鈴木, 伸夫
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.565-566,  1987-08-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12161
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
67.

論文

論文
鈴木, 伸夫 ; 川上, 光彦 ; 畠, 茂雄
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.563-564,  1987-08-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12162
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />出版者照会中.
68.

論文

論文
中野, 達也 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. E-1, Architectural planning and design I, Building types and community facilities, planning and design method building construction system human factor studies planning and design theory.  pp.915-916,  2007-07-30.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35171
69.

論文

論文
小柳, 健 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.1013-1014,  2009-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35274
70.

論文

論文
松矢, 裕一郎 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.785-786,  2009-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35173
71.

論文

論文
山下, 泰士 ; 川上, 光彦 ; 宮脇, 達也
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.541-542,  2009-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35172
72.

論文

論文
藤田, 和也 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.151-152,  2008-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35277
73.

論文

論文
宮本, 敦史 ; 増田, 達男 ; 川上, 光彦 ; 永野, 紳一郎
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.887-888,  2008-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35164
74.

論文

論文
増田, 達男 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.889-890,  2008-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35167
75.

論文

論文
宮脇, 達也 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.391-392,  2008-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35168
76.

論文

論文
本舘, 孝文 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.157-158,  2008-07-20.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35278
77.

論文

論文
宮本, 敦史 ; 増田, 達男 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦 ; 松谷, 圭祐
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.99-100,  2007-07-31.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35265
78.

論文

論文
松谷, 圭祐 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦 ; 増田, 達男
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.271-272,  2007-07-31.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35282
79.

論文

論文
中野, 圭輔 ; 増田, 達男 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 = Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. F-1, Urban planning, building economics and housing problems.  pp.269-270,  2007-07-31.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/35283
80.

論文

論文
森國, 浩一 ; 川上, 光彦 ; 倉根, 明徳
出版情報: 土木学会論文集D3(土木計画学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management).  67  pp.I_307-I_314,  2011-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/35656
概要: 本論文は,都道府県および政令市による都市計画道路の見直しガイドラインにもとづいて実施された都市計画道路の見直しについて,全国的状況を明らかにするとともに,比較的積極的な対応がなされている石川県に着目し,事例研究を行っている.事例研究では,県 や市の担当者へのヒアリング調査や文献調査により,見直しの実態の分析を行った.その結果,全国的にほとんど行われていない廃止・変更路線への対応について,石川県のガイドラインには検討を必要としており,検討結果を住民へ説明する責任があるとしている.しかし,その実態として,廃止の代替などについて検討はされているが,実際に対応が行われた実態がなく,計画制度上の課題があることが明らかになった. This paper studies actual conditions and its planning problems about the revision of planed roads that has been carried out according to the guidelines formulated by the planning department of the Prefecture governments and major city governments. Although most of the planning departments do not tackle alternatives against the abolishment of the planned road, some city government in Ishikawa Prefecture try to review relatively positive alternatives according the Prefecture's Guideline. Several actual cases of revision of planned roads were studied by field surveys and interviews to officers of Prefecture and City governments. As a result of the study these are concluded as follows. Positive proposals are talked at the adhoc committees for the revision of planned roads, but most responses by the planning officers are abstract and actual alternatives were hardly prepared. This kind of situation is caused by the linkage absence between review of the planned road and urban planning and weak planning institutions for the realization of the planning proposals except the planned road system. 続きを見る
81.

論文

論文
伏見, 新 ; 川上, 光彦 ; 片岸, 将広
出版情報: 土木学会論文集D3(土木計画学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management).  67  pp.I_291-I_298,  2011-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/35655
概要: 本研究では,金沢市の郊外居住系市街地の中から6町丁目を事例対象地区として選定し,国勢調査等の統計資料や居住世帯調査により,人口・世帯の変動や居住意識に関する分析を行っている.その結果,郊外居住系市街地では,一定年が経過した区画整理地区で人口 が減少する一方,非区画整理地区で人口増加がみられること,世帯の小規模化が進行し,世帯分離等による増加が未だ緩やかに継続していること,継続的に一定の新規入居者がいることなどを明らかにしている.また,新規世帯の多くは若年で宅地の分筆による比較的小規模な土地・住宅に来住している実態を明らかにしている.さらに,郊外居住系市街地では,子が独立した世帯や後継ぎのいない高齢世帯の増加が進んでいる等の実態を明らかにし,郊外居住系市街地の都市計画的課題について考察している. This paper studies actual conditions of the suburban residential area and its transformation based on a case study in Kanazawa City. This study was done by selecting typical six districts and analyzing existing data and questionnaire survey data, As a result of this study these are concluded as follows. Although population has been decreasing, the number of household has been increasing. This phenomenon was caused by the decreasing of the number of household members such as single person's family. Younger families newly live at the divided lots which were originally arranged by the Land Readjustment Project and they tend to have environmental problems caused by the small-scale land lot. In general household types were getting smaller and older after younger members leave their home. 続きを見る
82.

論文

論文
平井, 健二 ; 川上, 光彦 ; 本館, 孝文
出版情報: 土木学会論文集D3(土木計画学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management).  67  pp.I_299-I_306,  2011-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/35654
概要: 本稿では,常住人口に対する集客施設の延床面積という指標を用いて,地方都市圏における大規模商業施設の立地実態と,都道府県が策定した広域調整に関するガイドラインの実態を研究している.その結果,小規模な商業施設は減少しているが,大規模および中規模 の商業施設は増加しており,地方中心都市の外側に立地する傾向がみられることを明らかにしている.この傾向により,中心市の中心性が衰退する恐れがある.また,各県のガイドラインより,広域調整の方法には事前調整型,事後調整型があることを明らかにしている.事前調整型はゾーニングにより事前に立地誘導を行う方法であり,11の県で採用されている.その他の県では事後調整型が採用されていることを示している. This paper studies actual conditions of large-scale commercial facilities in the local conurbation area using their floor area against number of residents and also actual conditions of planning guidelines prepared by the Prefectural governments. These are conclusion as follows. Although the small-scale commercial facilities are decreasing large-scale and medium scale commercial facilities are increasing and they tend to locate in the outer area of the conurbation. This tendency cause centricity decline of the central city. Thirty prefecture governments employ the method of post coordination as the location planning, which has limitation for location control and thirteen prefecture governments employ the before coordination method, which is mere effective for location control. 続きを見る
83.

論文

論文
川上, 光彦 ; 大西, 宏樹 ; 藤田, 和也
出版情報: 日本建築学会計画系論文集 = Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ).  78  pp.1331-1337,  2013-01-01.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/39224
概要: This paper studies sun shadow impact caused by tall and medium height building using simulation methods and clarifies planning problems. As results of simulation analysis it is found that the existing control method on sun shadow does not reflect the height of building and actual shadow area of adjacent lots. Then it is difficult for the existing control method to control sun shadow impacts caused by a certain height buildings. On the other hand, the real sun shadow area increase proportionally according to the building height and it could control sun shadow impact on the adjacent lot appropriately. 続きを見る
84.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦 ; 倉根, 明徳 ; 西澤, 暢茂
出版情報: 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning.  37  pp.955-960,  2002-10-15.  日本都市計画学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11802
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />金沢市三茶屋街の全居住世帯を対象とする調査票を用いた留置き自記式調査により、居住世帯の町並み、住環境、観光に対する意識の違いを、町並み景観保全施策開始以前・以後来住世帯間で比較し、町 並み景観保全施策の社会的影響について考察することが本研究の目的である。明らかになった点は以下のとおりである。1)居住世帯の過半数を戦後来住世帯が占める。2)世帯の主たる就業者の就業地は地区外就業が多い。これは茶屋街にとって新しいライフスタイルである。3)町並み景観保全施策開始後に来住した世帯は、開始前来住世帯よりも町並み景観保全、観光、伝統文化の振興、住環境整備に対して肯定的である。 続きを見る
85.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦 ; 竹林, 政喜
出版情報: 学術講演梗概集. 計画系.  2002  pp.53-54,  2002-06-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11948
86.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦 ; 松谷, 圭祐 ; 増田, 達男
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題.  2006  pp.273-274,  2006-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11952
87.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦 ; 横井, 武志
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題.  1998  pp.515-516,  1998-07-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11951
88.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦
出版情報: 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題.  2000  pp.747-748,  2000-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11953
89.

論文

論文
小林, 史彦 ; 川上, 光彦
出版情報: 日本建築学会計画系論文集.  567  pp.87-94,  2003-05-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/11949
90.

論文

論文
中野, 圭輔 ; 増田, 達男 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.269-270,  2006-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12104
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
91.

論文

論文
北野, 清晃 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.791-792,  2000-07-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12105
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
92.

論文

論文
石冨, 達郎 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.735-736,  2000-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12106
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
93.

論文

論文
鈴木, 秀典 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.1217-1218,  2000-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12107
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
94.

論文

論文
横井, 武志 ; 川上, 光彦 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.513-514,  1988-07-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12108
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
95.

論文

論文
川上, 光彦 ; 鈴木, 秀典 ; 小林, 史彦
出版情報: 学術講演梗概集.  F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  pp.1219-1220,  2000-07-31.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12117
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
96.

論文

論文
松井, 重樹 ; 川上, 光彦 ; 西田, 康隆
出版情報: 学術講演梗概集.  F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠  pp.567-568,  1987-08-25.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12160
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />出版者照会中.
97.

論文

論文
川上, 光彦 ; 山下, 泰士 ; 黒井, 秀信 ; 西野, 達也
出版情報: 日本建築学会計画系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineering.  77  pp.573-582,  2012-03-01.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/34742
概要: This paper studies residential environment planning considering historical townscape preservation by analyzing two aspects based on surveys in Kanazawa City as a case study. 1. Residential problems and planning themes are clarified based on surveys of designated district where special treatments are needed for prevention work against fire spreading and acceptability of residents to planning tools is also analyzed based on the questionnaire survey. 2. Effectiveness and applicability of relating planning tools for rehabilitating those problems are analyzed through case studies in a district where the designation of “Preservation District of Traditional Buildings and Environment” are studied. 続きを見る
98.

論文

論文
川上, 光彦
出版情報: 建築雑誌.  103  pp.80-,  1988-02-20.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12092
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系
99.

論文

論文
川上, 光彦 ; 矢後, 香織 ; 小柳, 健 ; 西野, 達也
出版情報: 日本建築学会計画系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineering.  77  pp.75-83,  2012-01-01.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/34741
概要: In this study, the characteristics of local original ordinances for controlling townscape are analyzed in Kanazawa city based on linguistic methodology and studied its actual operation by analyzing newly built houses controlled by these regulations. These are conclusions as follows. Description of ordinance regulations is categorized as seven types according to the concreteness level. Some regulations are difficult to be followed such as outer wall material and building location in the site. Parking space in the site became it difficult to build along the road, which is usually desirable in the historical district. Planning of parking location of the district is one of the important themes for controlling townscape. In order to control townscape based on the original ordinances it is also necessary to develop controlling system. 続きを見る
100.

論文

論文
川上, 光彦 ; 松井, 重樹
出版情報: 日本建築学会計画系論文報告集.  411  pp.77-87,  1990-05-30.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/12057
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />In Japan the housing supply planning has been determined to achieve the two kinds of housin g standard prescribed in the planning from the third one. The lower goal of them has ever been hardly achieved because the actual program of housing supply does not necessarily connected with housing standard movement of households. In this study a planning model is formulated for supporting the achievement of housing standard level by goal programming using the Descriptive Model of household movement, which has been formulated in the previous study by the authors and can describe household movement caused by new housing supply in a region. As a result of this study the following remarks are concluded ; The model, which can describe housing standard of households, is developed by reforming the previous model. It can be used for predicting the housing standard level of households at the end of planning term and its descriptive ability is fairly good according to the applied result in Ishikawa Prefecture. The Goal Programming Model is also formulated using this descriptive model. The optimum numbers of new housing supply by housing types can be gained by using this model. Through its analysis of the results useful informations can be obtained for the housing supply planning in a region. 続きを見る