1.

論文

論文
亀田, 圭介 ; 清水, 正司 ; 富澤, 岳人 ; 蔭山, 昌成 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  19  pp.2-5,  2004-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4282
概要: 富山医科薬科大学 医学部放射線科<br />原著論文/症例報告
2.

論文

論文
清水, 正司 ; 井口, 治男 ; 加藤, 洋 ; 蔭山, 昌成 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  19  pp.9-11,  2004-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4284
概要: 富山医科薬科大学 放射線科<br />原著論文/症例報告
3.

論文

論文
清水, 正司 ; 亀田, 圭介 ; 川部, 秀人 ; 蔭山, 昌成 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  18  pp.28-31,  2003-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4276
概要: 富山医科薬科大学 放射線科<br />原著論文/症例報告
4.

論文

論文
梶浦, 新也 ; 清水, 正司 ; 蔭山, 昌成 ; 渡邊, 直人 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  17  pp.11-15,  2002-11-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4264
概要: 富山医科薬科大学 放射線医学 教室<br />症例1は49歳女.両膝関節の痛みにより慢性関節リウマチとして加療を受けていたが,疼痛が軽減したために治療を自己中断したところ発熱と下痢が出現した.検査にて強い炎症所見と貧血及び抗核抗 体陽性,ds-DNA抗体陽性,LE細胞陽性であったことからSLEと診断し,ステロイドパルス療法により軽快した.経過中に4回にわたるGa-67シンチグラフィーによりリンパ節の腫大を経過観察したところ,病勢の変化に対応した所見の変化が観察できた.症例2は,39歳女.40度台の発熱,右膝痛,右眼瞼腫脹と発赤により慢性関節リウマチとしてステロイド療法を受けていたが改善せず入院となった.血液検査の結果からSLEと診断し,SLEの増悪による感染症を併発していると考え治療を開始した.経過中に3回のGa-67シンチグラフィを施行し,病勢の変化に対応したリンパ節腫大の所見の変化を認めることができた<br />原著論文/症例報告 続きを見る
5.

論文

論文
小川, 心一 ; 清水, 正司 ; 蔭山, 昌成 ; 富澤, 岳人 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  17  pp.25-27,  2002-11-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4269
概要: 富山医科薬科大学 医学部 放射線科<br />症例1は76歳男.前立腺癌の骨転移精査目的にて骨シンチグラフィを施行したところ,左側上肢前腕部の骨全体に限局した高度な集積増加を認めた.症例2は72歳女.腎機能検査目的にて腎シンチグ ラフィを施行したところ,両側の腎臓に集積には明らかな異常所見は認められず,左上肢の前腕部全体に集積増加が認められた.これらの2例は共に左上肢前腕部に限局した原疾患を認めていない.原因は不明であるが,核種を動注した可能性があり,核種が前腕の動脈の毛細血管に閉塞したために前腕部に集積像が認められたものと考えられた<br />原著論文/症例報告 続きを見る
6.

論文

論文
川部, 秀人 ; 渡邊, 直人 ; 清水, 正司 ; 野口, 京 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  14  pp.6-7,  1999-11-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4238
概要: 富山医科薬科大学 医学部 放射線科<br />原著論文/症例報告
7.

論文

論文
亀田, 圭介 ; 清水, 正司 ; 蔭山, 昌成 ; 金澤, 責 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  14  pp.33-35,  1999-11-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4246
概要: 富山医科薬科大学 医学部 放射線科<br />原著論文/症例報告
8.

論文

論文
清水, 正司 ; 川部, 秀人 ; 五十嵐, 保史 ; 蔭山, 昌成 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  13  pp.15-17,  1998-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4234
概要: 富山医科薬科大学 医 放射線<br />原著論文/症例報告
9.

論文

論文
蔭山, 昌成 ; 豊嶋, 心一郎 ; 清水, 正司 ; 渡辺, 直人 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  13  pp.18-20,  1998-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4235
概要: 富山医科薬科大学 放射線医<br />原著論文/症例報告
10.

論文

論文
清水, 正司 ; 瀬戸, 光 ; 蔭山, 昌成 ; 森尻, 実 ; 柿下, 正雄
出版情報: 核医学画像診断.  10  pp.25-27,  1995-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4213
概要: 富山医科薬科大学 医 放射線<br />妊娠を契機に発症した慢性型特発性血小板減少性紫斑病(chronic ITP)の脾摘後の経過中,99mTc-Sn colloidによるliver-spleen scintigraphyにて副 脾の存在を指摘できた1症例(30歳女)を報告した.脾摘前のliver-spleen scintigraphy及びCTでは副脾を指摘することは困難であったが,脾摘後のliver-spleen scintigraphyでは限局性の異常集積を認めたために,脾摘後のCTでは副脾の存在を指摘することは容易であった.副脾の検出には99mTc-Sncolloidによるliver-spleen scintigraphyが不可欠であると考えた<br />原著論文/症例報告 続きを見る