1.

論文

論文
俵, 健二
出版情報: 10 years after the Nahodka oil spill in the Sea of Japan.  pp.39-40,  2006-12-01.  金沢大学21世紀COEプログラム;環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測(金沢大学) — 21st Century COE Kanazawa University Environmental Monitoring and Predicition of Long- and Short-Term Dynamics of Pan-Japan Sea Area : Kanazawa Unversity
URL: http://hdl.handle.net/2297/3258
概要: 金沢医科大学
2.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  7  pp.131-146,  2003-03-20.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/897
概要: 金沢大学外国語教育研究センター<br />Foreign Language Institute Kanazawa University<br />陸西星は15世紀明の時代の文人であり,道教の内丹東派の創立者といわれる 人でもある。『老子道徳経玄覧』は彼の『老子』に対する解釈著作である。今まで,陸西星の生涯について明らかにされたとは言えない。『老子道徳経玄覧』についての専門的な研究論文は,筆者の知る限り,ほとんどない。本論はまず陸西星の生卒年について検討する。通説の「1520-1606」説と現存文献の矛盾点を指摘して,彼の生年は1506年前後と推論している。その上で『老子道徳経玄覧』の成立時期,成立の背景,使用の版本,その内容および特色について考察する。本論は筆者の一連の「明代の『老子』研究」の第六篇である。 続きを見る
3.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  6  pp.77-94,  2002-03-01.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/882
概要: 金沢大学外国語教育研究センター<br />林兆恩(1517-1598)は李卓吾とともに,明の嘉靖・万暦時期に有名な学者である。明の時代における「老子」のついての研究著作は考証的なものより,解釈的なもののほうがずっと多いと思われる 。「老子釈略」という本も「老子」を解釈しながら,林兆恩自身の思想を反映する作品でもあるかと思われるが,この本についての研究論文は筆者の知るかぎり,いままでなかった。本論は「老子釈略」を中心に,関連のいくつか問題を検討するものである。「老子釈略」の成立時期を推定し,林兆恩が強調した「常道」などの概念を吟味しながら,その内容および特色を論じる。その上で「老子釈略」という本が林兆恩の思想に,及び明の時代における「老子」研究の流れの中に占めた地位についても検討する。本論は筆者の一連の「明代の老子研究」の第五篇である。 続きを見る
4.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  5  pp.227-242,  2001-03-01.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/874
概要: 金沢大学外国語教育研究センター<br />沈一貫(1531~1615)は明代万暦期の宰相であり文人でもあった。その著作『老子通』は,後に日本に伝わり,明治初期の漢学者根本通明によって高く評価された。彼については,多くの史料が残さ れているが,その評価はさまざまであり,相対立する意見も見える。彼ははたしてどのような人物であり,なぜこのような現象が生じたのだろうか。本論は,沈一貫の著書『老子通』を中心としてその思想,を分析し,上述の問題を考察したものである。また,沈一貫という人物の内在的な矛盾を究明しながら,同時に彼の思想が明代万暦期の政治状況の中でどうように展開されたのか,このような人物を生みだした明代万暦期の政治状況がどうであったか,という問題の検討を通して,中国思想の主流である儒教と道教の異同も追究する。本論は筆者の一連の「明代の老子研究」の第四篇である。 続きを見る
5.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  4  pp.253-278,  2000-03-01.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/861
概要: 金沢大学外国語教育研究センター<br />焦竑(1540-1619)は明の万暦時期に有名の学者である。「老子翼」という本は焦氏の思想を反映される作品であり,明の時代にも「老子」研究の「考証集鐸派」の代表的な著作である。江戸時代に すでに日本に流入されたこの本は富山房「漢文大系」の一種として,20世紀20年代にも日本で出版されたが,その本についての研究論文は筆者の知るかぎり,それほど多くない。本論は「老子翼」についての問題いくつを考証する。この本の成立時期を推定しながら,引用された資料を分析し,「四庫提要」などの誤りを指摘する。その上で「老子翼」という本の流伝,その内容および特色を検討する。さらに「老子翼」を通して,焦竑の思想傾向および彼は明清時期の思想学術史の中に占める地位について検討し,当時社会思潮変化の一つの側面を浮き彫りしょうとするものである。本論は筆者の一連の「明代の老子研究」の第三篇である。 続きを見る
6.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  3  pp.251-273,  1999-03-01.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/844
概要: 金沢大学外国語教育研究センター<br />王道は明の嘉靖時期の学者である。しかし「明史」の中に彼の伝記はなく,彼の生涯についてはまだ不明の点が多い。彼の「老子億」は明代の「老子」研究の代表的な作品であるにもかかわらず,今世紀30 年代にいたるまで,長いあいだほどんど注意されなかった。明の嘉靖時期に刊刻された「老子億」という本は,今世紀30年代に日本で発見,影印されたが,そのについての研究論文は,筆者の寡見によると,まだ少ないと言わざる得ない。本論は王道の生涯についていくつかの問題を考証し,その上で「老子億」という本の流伝,その内容,特色を検討する。さらに「老子億」を焦点として明代嘉靖時期の中央政府内部の党派闘争,及び当時の社会思潮変化の一側面を究明しようとするものである。本論は筆者の一連の「明代の老子研究」の第二篇である。 続きを見る
7.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  2  pp.159-172,  1998-03-01.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/828
概要: 金沢大学外国語教育研究センター<br />『老子』は中国文化の中に重要な地位を占めるが,その第一章をもって綱要とする。しかしそれは,二千年来の各種の抄本,刻本,景龍碑のような石刻によってさまざまな異同があり,解釈も大きく別れてい る。本論では,先学の整理と研究の上に立って,『老子』第一章,特にその第二段「口恒無欲也以観其砂恒有欲也以其所激」(馬王堆出土畠書『老子』甲種本)の句読について検討する。宋代以前の重要な版本については,版本学,言語学,思想史の角度から分析し,宋代以降,特に近代の易順鼎,前極,梁啓超,劉師培,馬叙倫,干省吾,陳柱,高亨,馮友蘭,朱謙之,厳霊峰,陳鼓慮,葉程義などの主張する説(「有」「無」の断句)の主要な三つの理由(1,古くからの句読〔畢〓『老子道徳経考異』〕2,文法・語法上の理由3,文脈からの理由〔厳霊峰『馬王堆帛書老子試探』〕)を検討して,「有欲」「無欲」と断句するべきを述べる。従って,『老子』第一章は伝統的に言われてきた「形而上」の問題ではなく,有無の問題と形而下の「欲」の問題も兼ねているのである。『老子』第一章の解釈は,専ら「有」「無」の観点からなされてきたが,これは後世の闡釈の結果である。このような解釈も,もとより偶然ではなく,そこには時代思潮が反映されている。 続きを見る
8.

論文

論文
李, 慶
出版情報: 言語文化論叢.  1  pp.279-306,  1997-03-01.  金沢大学外国語教育研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/815
概要: 金沢大学外国語教育センター
9.

論文

論文
岩田, 礼
出版情報: 金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書= Report of the International Workshop.  2  pp.2-,  2008-03-21.  金沢大学日中無形文化遺産研究所 / 金沢大学文学部 = Faculty of Letters, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/17858
概要: 金沢大学日中無形文化遺産研究所『国際シンポジウム「日中両国の方言の過去、現在、未来」報告書』, 金沢大学連携融合事業「日中両国における無形文化遺産保護と新文化伝統創出に関する共同事業」, 開催日 : 平成19年11月23日, 会場 : 金沢 大学サテライトプラザ<br />[日本語版]あり 続きを見る
10.

論文

論文
曹, 志耘
出版情報: 金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書= Report of the International Workshop.  2  pp.5-14,  2008-03-21.  金沢大学日中無形文化遺産研究所 / 金沢大学文学部 = Faculty of Letters, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/17860
概要: 金沢大学日中無形文化遺産研究所『国際シンポジウム「日中両国の方言の過去、現在、未来」報告書』, 金沢大学連携融合事業「日中両国における無形文化遺産保護と新文化伝統創出に関する共同事業」, 開催日 : 平成19年11月23日, 会場 : 金沢 大学サテライトプラザ<br />第一部 中国の方言(中国的方言), [日本語版]あり 続きを見る