1.

図書

図書
長谷川公一, 品田知美編
出版情報: 京都 : 昭和堂, 2016.7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
世界のなかの日本 : 気候変動対策の政策過程 ジェフリー・ブロードベント, 佐藤圭一 [執筆]
環境研究における学問間の連携 喜多川進 [執筆]
政策形成に関わるのは誰か : 政策体系を生み出してきたメカニズム 佐藤圭一 [執筆]
ネットワーク分析とブロック・モデリング 佐藤圭一 [執筆]
メディアはどう扱ってきたか : 新聞と出来事を織り込む 池田和弘 [執筆]
環境の課題と機能分化社会 池田和弘 [執筆]
規制的政策はどう制度化されたのか : 環境税をめぐる言説ネットワークの変容 辰巳智行, 中澤高師 [執筆]
エコロジー的近代化 中澤高師 [執筆]
産業界の自主的取り組みという気候変動対策の意味 野澤淳史 [執筆]
環境正義 野澤淳史 [執筆]
気候変動問題はいかに原子力と連結されたのか 品田知美 [執筆]
リスク社会論は「リスク科学」とどう違うか 品田知美 [執筆]
温暖化懐疑論はどのように語られてきたのか 藤原文哉, 喜多川進 [執筆]
環境政策と政治 : 保守陣営による環境政策推進とその背景 喜多川進 [執筆]
日本は気候変動と戦っているのか : 国際貢献と戦後日本的対応の意味論 池田和弘 [執筆]
大きな物語より小さな思考の積み重ねを 池田和弘 [執筆]
脱炭素社会への転換を : パリ協定採択を受けて 長谷川公一 [執筆]
世界のなかの日本 : 気候変動対策の政策過程 ジェフリー・ブロードベント, 佐藤圭一 [執筆]
環境研究における学問間の連携 喜多川進 [執筆]
政策形成に関わるのは誰か : 政策体系を生み出してきたメカニズム 佐藤圭一 [執筆]
2.

図書

図書
佐藤哲, 菊地直樹編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2018.1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
宮内泰介編
出版情報: 東京 : 新泉社, 2017.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
どうすれば環境保全はうまくいくのか : 順応的なプロセスを動かし続ける 宮内泰介 [執筆]
家庭ごみ減量化政策にみる市民参加と手続き的公正 : 札幌市における計画づくりから実践のプロセスデザイン 大沼進 [執筆]
再生可能エネルギーの導入に伴う「被害」と「利益」の社会的制御 : 東京都八丈島の地熱発電事業計画における取り組みを中心に 丸山康司 [執筆]
農業土木でなぜ環境保全はうまくいかないのか : 農業水路整備と絶滅危惧種カワバタモロコ保全の間にみる「工夫の余地」の創造 田代優秋 [執筆]
野生動物と押し合いへし合いしながら暮らしていくために : 岩手県盛岡市におけるツキノワグマ被害対策にみる多様な主体間の協働の構築 山本信次, 細田(長坂)真理子, 伊藤春奈 [執筆]
「山や森を走ること」からの地域再生・環境ガバナンス構築の試み : マウンテンバイカー、トレイルランナーによる「ずらし」と「順応」 平野悠一郎 [執筆]
「獣がい」を共生と農村再生へ昇華させるプロセスづくり : 「獣害」対策から「獣がい」へずらしてつくる地域の未来と中間支援の必要性 鈴木克哉 [執筆]
協働の支援における「寄りそい」と「目標志向」 : 北海道大沼の環境保全とラムサール条約登録をめぐって 三上直之 [執筆]
「よそ者」のライフステージに寄りそう地域環境ガバナンスに向けて : 長崎県対馬のツシマヤマネコと共生する地域づくりの事例から 松村正治 [執筆]
自然再生の活動プロセスを社会的に評価する : 社会的評価ツールの試み 菊地直樹・敷田麻実・豊田光世・清水万由子 [執筆]
どうすれば自然に対する多様な価値を環境保全に活かせるのか : 宮崎県綾町の「人と自然のふれあい調査」にみる地域固有の価値の掘り起こしが環境保全に果たす役割 富田涼都 [執筆]
空間の記憶から環境と社会の潜在力を育むために : 岩手県宮古湾のハマと海の豊かな記憶から 福永真弓 [執筆]
順応性を発揮するプロセスデザインはいかに可能か : 持続可能な環境ガバナンスの進め方 宮内泰介 [執筆]
どうすれば環境保全はうまくいくのか : 順応的なプロセスを動かし続ける 宮内泰介 [執筆]
家庭ごみ減量化政策にみる市民参加と手続き的公正 : 札幌市における計画づくりから実践のプロセスデザイン 大沼進 [執筆]
再生可能エネルギーの導入に伴う「被害」と「利益」の社会的制御 : 東京都八丈島の地熱発電事業計画における取り組みを中心に 丸山康司 [執筆]