1.

図書

図書
京藤哲久, 神田安積編集代表
出版情報: 東京 : 信山社, 2017.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
渥美東洋 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 信山社, 2003.6
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
大谷實著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 1995.9
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会
出版情報: 東京 : 成文堂, 2000.5
シリーズ名: 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集 / 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会編 ; 第1巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
被害者の刑事法運用全システムに関する理論の発展に与えた影響の大きさ 渥美東洋著
謝罪・赦しと日本の刑事司法 : 関係修復正義を考える 西村春夫, 細井洋子著
犯罪対応における被害と被害者 吉岡一男著
刑事司法における被害者への配慮 瀬川晃著
刑法の課題としての被害者 新倉修著
リスク社会 : 保険数理化する犯罪統制 伊藤康一郎著
法益の担い手としての犯罪被害者 : 回復的司法の視座 高橋則夫著
刑法における損害回復論の検討 : イギリスの議論を中心に 奥村正雄著
メーガン法の連邦法化と合衆国憲法上の問題点 藤本哲也著
犯罪者処遇論の軌跡と今後の展望 : 「被害者関係的処遇」の構築に向けて 森本益之著
親告罪の告訴と国家訴追主義 田口守一著
ドイツ刑事訴訟における証人保護 : 第六二回ドイツ法曹大会刑事法部会を中心として 加藤克佳著
犯罪報道と被害者保護 冨田信穂著
交通事故の被害者 川本哲郎著
警察官の武器使用に関する法解釈問題 原田保著
被害者支援を巡るアジアの最新事情 太田達也著
被害者の刑事法運用全システムに関する理論の発展に与えた影響の大きさ 渥美東洋著
謝罪・赦しと日本の刑事司法 : 関係修復正義を考える 西村春夫, 細井洋子著
犯罪対応における被害と被害者 吉岡一男著
5.

図書

図書
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会
出版情報: 東京 : 成文堂, 2000.5
シリーズ名: 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集 / 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会編 ; 第2巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
刑罰の正当性の根拠をめぐって 斉藤誠二著
「死刑存廃論」の人道的刑事政策論的再検討 : 代替刑による廃止か世論重視の存置か 加藤久雄著
刑罰謙抑主義の憲法的基礎 萩原滋著
刑法における法発見の限界 : ドイツの判例を手がかりとして 川添誠著
客観的処罰条件論の行方 : ガイスラー『客観的処罰条件の責任原理との調和の可能性』に接して 松原芳博著
フォイエルバッハの帰責論 小名木明宏著
フランス犯罪論体系の素描 末道康之著
客観的帰属論の類型論的考察 : 山中教授の危険実現連関論を中心として 曽根威彦著
ドイツにおける間接正犯論の新展開 : 客観的帰属論の応用 岡上雅美著
自殺--違法か、適法か、それとも何か : 自殺関与・同意殺人罪の処罰根拠と「法的に自由な領域」の理論 上田健二著
緊急避難の本質をめぐって 井田良著
義務の「衝突」に関する一考察 : ドイツの義務衝突論における近時の動向をめぐって 勝亦藤彦著
責任主義 吉田敏雄著
精神障害と責任能力 : 主として多重人格障害について 野阪滋男著
実行行為開始後の心神喪失・耗弱について 浅田和茂著
「原因において自由な行為の法理」の有用性について : ドイツ連邦通常裁判所判決を素材として 中空壽雅著
不能犯論における危険判断 日高義博著
中止犯の減免根拠に関する考察 山中敬一著
刑罰の正当性の根拠をめぐって 斉藤誠二著
「死刑存廃論」の人道的刑事政策論的再検討 : 代替刑による廃止か世論重視の存置か 加藤久雄著
刑罰謙抑主義の憲法的基礎 萩原滋著
6.

図書

図書
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会
出版情報: 東京 : 成文堂, 2000.5
シリーズ名: 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集 / 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会編 ; 第3巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
横領の罪における「横領」について 大谷實 [著]
危険引き受けの法理とスポーツ事故 神山敏雄 [著]
欠陥製品による事故と製造者の刑事責任 : 刑法における製品回収義務の発生根拠をめぐるオットーの分析 北川佳世子 [著]
承諾に基づく傷害の許容範囲 : ドイツ刑法の規定との比較 武藤眞朗 [著]
ドイツ刑法における遺棄罪規定の改正と遺棄概念 酒井安行 [著]
住居侵入罪の保護法益・再論 : 山口厚氏の批判に答える 関哲夫 [著]
伝聞証拠と偽証の罪 筑間正泰 [著]
インサイダー取引罪の解釈論をめぐる覚書 : 「重要事実」の意義を中心に 長井長信 [著]
環境分野における刑事規制 平良木登規男 [著]
インターネット犯罪の対策について : 犯罪対策としての教育の可能性 辰野文理 [著]
フランスにおけるハイテク犯罪の最近の動向 島岡まな [著]
交通事件に対する制裁のあり方について 川出敏裕 [著]
ギャンブルと犯罪 : 一九九〇年代後半の世相とギャンブル関連犯罪分類 谷岡一郎 [著]
児童に淫行をさせる罪について 西田典之 [著]
児童買春・児童ポルノ処罰法の成立 園田寿 [著]
青少年保護育成条例による淫行規制の変遷と将来 安部哲夫 [著]
最近の少年犯罪について 前田雅英 [著]
少年法の基本原理断章 坂田仁 [著]
イギリス労働党の少年司法政策 : 一九九八年犯罪・秩序違反法を中心に 守山正 [著]
スコットランドにおける犯罪・非行少年の処遇 三宅孝之 [著]
EUの警察政策 小木曽綾 [著]
横領の罪における「横領」について 大谷實 [著]
危険引き受けの法理とスポーツ事故 神山敏雄 [著]
欠陥製品による事故と製造者の刑事責任 : 刑法における製品回収義務の発生根拠をめぐるオットーの分析 北川佳世子 [著]
7.

図書

図書
寺崎嘉博, 白取祐司編
出版情報: 東京 : 信山社出版, 2003.8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
刑事訴訟法: 刑事裁判の課題 井戸田侃著
刑事手続と実体法的評価 鈴木茂嗣著
令状主義と強制処分法定主義 : 一つの覚書き 多田辰也著
イギリスにおけるおとり捜査と手続打切り 指宿信著
私訴権と被害者 白取祐司著
被告人質問と黙秘権 渡辺修著
刑事被告人の類似事実の証拠の証拠能力の判断について 高倉新喜著
イギリスの自白法則 稲田隆司著
伝聞証拠の非供述証拠的使用についての一考察 伊藤博路著
間接証拠論 : その三 光藤景皎著
無罪判決後の検察官控訴に伴う被告人の再勾留について 公文孝佳著
横浜事件再審開始決定の事理と法理 小田中聰樹著
再審請求審における証拠調べ 松宮孝明著
わが国におけるえん罪の原因(試論) : 東北三大再審無罪事件を中心にして 田中輝和著
マクマーチン事件の教訓 庭山英雄著
刑法: いわゆる「防衛意思」に関する二、三の問題 振津隆行著
拡大する「共謀」概念についての批判的考察 村井俊邦著
混合的包括一罪について 内田文昭著
現行累犯規程の成立過程 中島広樹著
「自首」の法的性格と要件に関する犯罪体系論的一考察 伊藤研祐著
同時傷害の特例について : 大阪地裁平成九年八月二〇日判決を契機として 長井信長著
生命科学・遺伝子研究の法的問題点 浅田和茂著
少年法など: 少年犯罪の増加と刑事手続きの変化 前田雅英著
カナダ少年法制における通常裁判所への移送 丸山雅夫著
少年保護事件における審判能力について 飯野海彦著
少年に対する不定期刑の量刑基準について 城下裕二著
正義論と「他者」 住吉雅美著
Lawters' ethics and the mass media W・クリアリー著
追悼文
刑事訴訟法: 刑事裁判の課題 井戸田侃著
刑事手続と実体法的評価 鈴木茂嗣著
令状主義と強制処分法定主義 : 一つの覚書き 多田辰也著
8.

図書

図書
森本益之, 加藤久雄, 生田勝義編集委員
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2000.11
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
森下忠, 香川達夫, 齊藤誠二編集代表
出版情報: 東京 : 信山社, 2002.8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
上巻: 刑法適用法における属人主義 森下忠著
往来妨害・危険罪と結果的加重犯 香川達夫著
自己決定の自由 : 憲法と刑法の交錯 曽根威彦著
刑事法による犯罪対応について 吉岡一男著
わが国における最近の構成要件概念について 立石二六著
「焼燬」と「焼損」をめぐって 齊藤誠二著
二一世紀刑法学の視座 : システム思考の必要性 松村格著
違法性の相対性について 吉田宣之著
実行の着手の基本問題 黒木忍著
刑法の倫理性 高橋直哉著
自治体刑法序論 花井哲也著
日本未遂論の展開 : 明治後期、江木衷のばあい 中野正剛著
常習犯についての法制史的研究序説 林弘正著
共犯者の中止未遂 原口伸夫著
目的的行為論 齊藤信宰著
フランスにおける交通犯罪 島岡まな著
侮辱罪小論 山本雅子著
インターネットにおけるドイツ刑法の適用範囲 Karl F. Lenz著
親族間の犯罪に関する特例について : いわゆる親族相盗例 筑間正泰著
女子と薬物犯罪 萩原玉味著
死刑制度は今のままで良いのか 斎藤信治著
国際人権B規約第六条と日本および中国の死刑 野村稔著
死刑法を考える : わが国の死刑は残虐で異常な刑罰か 橋本裕藏著
死刑の執行猶予制度について 辻本衣佐著
比較法的視点から見たわが妊娠中絶法の問題点と将来的課題 上田健二著
幹細胞治療についての一考察 : 医事法と「ヒト胚性」の問題序説 河原格著
臓器移植法に関する一考察 立山龍彦著
下巻: 日本の刑事司法における検察の役割 : 特捜検事の見た司法制度改革、検察の責務及び犯罪被害者への配慮 宗像紀夫著
刑事訴訟法学研究の課題と方法 荒木伸怡著
尊厳死と「明白で納得のゆく証拠」の基準 宮野彬著
写真撮影の適法性とコミュニティ・セキュリティ・カメラ 香川喜八朗著
検察官制度と起訴裁量権 山本晶樹著
暴力団犯罪と刑事政策 星野周弘著
行刑の現代的課題 宮本惠生著
受刑者処遇の国際化 鴨下守孝著
少年刑法の現代的課題 朝倉京一著
行為障害の概念とその処遇 犬塚石夫著
刑事政策の観点からみた教育改革 : 非行問題を含めた教育病理現象にいかに対処するか 杉田博著
犯罪被害者と矯正保護 川原富良著
システム性事故における過失犯処罰の限界について : 航空危険行為処罰法第六条の「危険行為」の意義をめぐって 池田良彦著
少年法の法理と改正の方向性 土本武司著
少年司法と修復的司法の可能性 木村裕三著
統合的アノミー論の試み : 学歴アノミーの視点から 米川茂信著
イギリス「一九九九年少年司法及び刑事証拠法」における刑事事件の公表制限措置について 横山潔著
少年院における処遇の展開 横山実著
ラブホテル規制の問題点 矢島正見著
中学生の暴力に関する分析 高橋良彰著
学校化過剰社会の売春 : 学校生徒のいわゆる援助交際 山岸秀著
スウェーデンの「閉鎖的少年保護」 坂田仁著
『監獄の誕生』を読む : 刑事法学からのアプローチのために 赤池一将著
Why do juveniles outburst in postmodern condition? : serious murders committed by juveniles Noriyoshi Takemura
Jugend unter sozialer Kontrolle : Probleme, Entwicklungen und Modelle in historisch und international vergleichender Betrachtung Günther Kaiser
Ecology of crime in Swiss cities. a review of 20 years of criminological research in Switzerland Christian Schwarzenegger
上巻: 刑法適用法における属人主義 森下忠著
往来妨害・危険罪と結果的加重犯 香川達夫著
自己決定の自由 : 憲法と刑法の交錯 曽根威彦著