1.

図書

図書
瀬戸内, 晴美(1922-)
出版情報: 東京 : 新潮社, 1972.4
シリーズ名: 新潮日本文学 ; 58
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
花芯
あふれるもの
夏の終り
みれん
雉子
妬心
地獄ばやし
黄金の鋲
墓の見える道
蘭を焼く
花芯
あふれるもの
夏の終り
2.

図書

図書
井上, 靖(1907-1991)
出版情報: 東京 : 新潮社, 1969.1
シリーズ名: 新潮日本文学 ; 44
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
氷壁
天平の甍
敦煌
猟銃
玉碗記
ある偽作家の生涯
姨捨
楼蘭
洪水
補陀落渡海記
小磐梯
氷壁
天平の甍
敦煌
3.

図書

図書
吉行, 淳之介(1924-1994)
出版情報: 東京 : 新潮社, 1970.5
シリーズ名: 新潮日本文学 ; 53
所蔵情報: loading…
目次情報:
原色の街
砂の上の植物群
技巧的生活 [ほか]
原色の街
砂の上の植物群
技巧的生活 [ほか]
4.

図書

図書
松本, 清張(1909-1992)
出版情報: 東京 : 新潮社, 1970.3
シリーズ名: 新潮日本文学 ; 50
所蔵情報: loading…
目次情報:
点と線
ゼロの焦点
西郷札 [ほか]
点と線
ゼロの焦点
西郷札 [ほか]
5.

図書

図書
上林曉著
出版情報: 武蔵野 : 夏葉社, 2011.6
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
福田清人編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.1
シリーズ名: 明治文学全集 ; 94
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
塩原入浴の記 饗庭篁村著
木曾道中記 饗庭篁村著
水戸の観梅 饗庭篁村著
酔興記 幸田露伴著
まき筆日記 幸田露伴著
地獄渓日記 幸田露伴著
草鞋記程 幸田露伴著
はて知らずの記 正岡子規著
戸隠山紀行 山田美妙著
煙霞療養 尾崎紅葉著
千山万水(抄) 大橋乙羽著
続千山万水(抄) 大橋乙羽著
ふところ日記 川上眉山著
両毛の秋 徳富蘆花著
雨の水国 徳富蘆花著
一簔一笠(抄)/ 大町桂月著
那須野 大町桂月著
十和田湖 大町桂月著
日光山の奥 田山花袋著
多摩の上流 田山花袋著
春の日光山 田山花袋著
秋の日光山 田山花袋著
熊野紀行 田山花袋著
月瀬紀遊 田山花袋著
秋の岐蘇路 田山花袋著
雪の信濃 田山花袋著
不二の高根 遅塚麗水著
飛騨越日記 遅塚麗水著
秋の京都 遅塚麗水著
幣袋 遅塚麗水著
五足の靴 与謝野鉄幹ほか著
白峰山脈縦断記 小島鳥水著
日本北アルプス縦断記 小島鳥水著
現代の紀行文 田山花袋著
明治の紀行文 高須芳次郎著
塩原入浴の記 饗庭篁村著
木曾道中記 饗庭篁村著
水戸の観梅 饗庭篁村著
7.

図書

図書
石川, 達三(1905-1985)
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1966.3
シリーズ名: 日本の文学 / 谷崎潤一郎[ほか]編 ; 56
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
蒼氓 第一部
生きている兵隊
三代の矜恃
神坂四郎の犯罪
時の流れ
捨吉とその妻
青色革命
蒼氓 第一部
生きている兵隊
三代の矜恃
8.

図書

図書
川端, 康成(1899-1972)
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1964.3
シリーズ名: 日本の文学 / 谷崎潤一郎[ほか]編 ; 38
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
雪国
千羽鶴
眠れぬ美女
美しさと哀しみと
十六歳の日記
伊豆の踊子
抒情歌
イタリアの歌
反橋
しぐれ
住吉
夏の靴
有難う
末期の眼
文学的自叙伝
純粋の声
哀愁
横光利一弔辞
雪国
千羽鶴
眠れぬ美女
9.

図書

図書
井伏, 鱒二(1898-1993)
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1966.11
シリーズ名: 日本の文学 / 谷崎潤一郎[ほか]編 ; 53
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
山椒魚
丹下氏邸
さざなみ軍記
集金旅行
ジョン万次郎漂流記
多甚古村
へんろう宿
二つの話
追剥の話
白毛
遥拝隊長
かきつばた
開墾村の与作
珍品堂主人
コタツ花
山椒魚
丹下氏邸
10.

図書

図書
坪内, 逍遥(1859-1935) ; 二葉亭, 四迷(1864-1909) ; 幸田, 露伴(1867-1947)
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1970
シリーズ名: 日本の文学 / 谷崎潤一郎[ほか]編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
一読三歎当世書生気質 坪内逍遥
浮雲 二葉亭四迷
小説総論 二葉亭四迷
余が言文一致の由来 二葉亭四迷
風流仏 幸田露伴
五重塔 幸田露伴
運命 幸田露伴
連環記 幸田露伴
一読三歎当世書生気質 坪内逍遥
浮雲 二葉亭四迷
小説総論 二葉亭四迷