1.

図書

図書
飯田隆編著 ; 池川繁男 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2008.11
所蔵情報: loading…
2.

その他

その他
三田村, 邦子
出版情報: 博士学位論文要旨 論文内容の要旨および論文審査結果の要旨/金沢大学大学院自然科学研究科.  平成10年6月  pp.242-245,  1998-06-01.  金沢大学
URL: http://hdl.handle.net/2297/16151
概要: 取得学位:博士(薬学),学位授与番号:博乙第145号,学位授与年月日:平成9年9月30日,学位授与年:1997
3.

学位論文

学位
三田村, 邦子 ; Mitamura, Kuniko
出版情報: 1997-09-30.  金沢大学
URL: http://hdl.handle.net/2297/30581
概要: 取得学位: 博士(薬学), 授与番号: 乙第1563号, 授与年月日: 平成9年9月30日, 授与大学: 金沢大学
4.

論文

論文
東, 達也 ; 三田村, 邦子 ; 島田, 和武
出版情報: 臨床化学 = Japanese Journal of Clinical Chemistry.  33  pp.177-182,  2004-01-01.  日本臨床化学会 = Japan Society of Clinical Chemistry
URL: http://hdl.handle.net/2297/45671
5.

論文

論文
三田村, 邦子 ; 島田, 和武
出版情報: 分析化学 = Japan analyst.  48  pp.401-411,  1999-04-05.  The Japan Society for Analytical Chemistry = 日本分析化学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/25016
概要: 金沢大学医薬保健研究域薬学系<br />ステロイドの高速液体クロマトグラフィー/質量分析(LC/MS)について主なステロイド別に総説した. LC/MSは, 誘導体化を要しない生体内ステロイド分析法として有望視されており, 特に抱 合体のそれでは威力を発揮している. しかし, 遊離型ステロイドで比較すると, 感度の面ではガスクロマトグラフィー/MS(GC/MS)より劣り, ハード面の進歩だけでなく誘導体化などの工夫を要する. 主なイオン化法やステロイドの分析法についても概説した. An overview of high-performance liquid chromatography/mass spectrometry (LC/MS) of steroids is presented according to groups of steroids. LC/MS is now considered to be the most promising analytical method for the determination of steroids (especially the conjugated type) in biological fluids without derivatization. However, due to its low sensitivity compared with gas chromatography/MS, some skilful techniques, including derivatization, are necessary to overcome this problem. An overview of the ionization methods of LC/MS is also presented. 続きを見る