1.

図書

図書
研究代表者 亀田幸枝
出版情報: [金沢] : [亀田幸枝] , 2006.5
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
亀田, 幸枝 ; 島田, 啓子 ; 田淵, 紀子 ; 関塚, 真美 ; 坂井, 明美
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  15  pp.180-181,  2001-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34926
概要: 第16回日本助産学会学術集会集録 一般演題 (口演)(その11)
3.

論文

論文
田淵, 紀子 ; 島田, 啓子 ; 亀田, 幸枝 ; 関塚, 真美 ; 坂井, 明美
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  16  pp.188-189,  2003-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34915
概要: 第17回日本助産学会学術集会集録 一般演題 (口演)(その14)
4.

論文

論文
亀田, 幸枝
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  18  pp.21-33,  2004-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34921
概要: [Purpose] The purpose of this study was to develop and evaluate a conceptual model of a childbirth education for pregnan t women in order to show the effectives of childbirth education. [Method] Firstly, the conceptual model was developed that contained three input factors, two process factors and two outcome factors of the education intervention. The input factors were per-sonal attribute that were the degree of the accepting the natural birth process and labor pain, the positive action toward the labor, and their partners' concern and involvement. The process factors were self-efficacy to cope with labor and the readiness for childbirth. The outcome factors were the sense of control and satisfaction of childbirth, and the sense of self-growth through the pregnancy and childbirth. In order to evaluate the model, two self-administered questionnaires were developed. Participants were 199 pregnant women who were outpatient and gave a vaginal birth to a healthy baby. Two questionnaires were administered; the first one was during the 36 through 41 weeks of the pregnancy, and the second one was 4 through 7 days after the childbirth. Covariance structure analysis was employed in order to understand these factors relationships. [Results] 1) Among the three input factors the positive action toward the labor most strongly influenced self-efficacy to cope with labor and the readiness for childbirth (β=.23, p<.001;β=.43, p<.001). 2) A significant positive correlation was found between self-efficacy to cope with labor and the readiness for childbirth (γ=.61, p<.001) 3) The readiness for childbirth infulenced the sense of control and satisfaction of childbirth (β=.28, p<.01) though self-efficacy to cope with labor hardly influenced it (β=.05) 4) The sense of self-growth was most strongly infuenced by the sense of control and satis-faction of childbirth (β=.23, p<.01), and the readiness for childbirth showed an indirect effect through the sense of control and satisfaction of childbirth on the sense of self-growth (β=.13). 5) Squraed multiple correlations of outcome factors showed the sense of control and satis-faction of childbirth as 10%, and the sense of self-growth as 32%. 6) The model showed Goodness of Fit Index (GFI).962, Adjusted goodness of Fit Index (AGFI). 849, Comparative Fit Index (GFI). 935, and Akaike's Information Criteria (AIC) 69. 065 that indicated the good enough structure of the model. Conclusion These results supported that the conceptual model was theoretically useful in order to measure and show the effctives of childbirth education. [目的] 出産教育の効果を測定する概念モデルを作成し, その有用性を検証する。 [方法] 本研究の概念モデルの構成は, 構造変数として「自然な出産観と産痛の受容」,「主体的な取り組み」,「出産に対する夫の関心と協力」など個人の属性3変数を, 出産教育による介入変数として「出産に対するSelf-Efficacy」と「出産準備感」の2変数を, さらに, 出産教育の成果変数として「出産コントロールと満足感」および「自己成長感」の2変数を設定した。対象は, 北陸の産科施設の外来で健診を受け, 経膣分娩で健常な児を得た初産婦とした。調査方法は, 妊娠36週~41週までと産後4~7日目の2時期に同一対象から自己記入式質問紙調査を行い, 199名の回答を得た。分析は, 概念モデルからパスモデルを作成し, モデル内の変数間の関係性と説明力およびモデルの適合度を分析した。 [結果] 1) 個人の属性3変数のうち「主体的な取り組み」は,「出産に対するSelf-Efficacy」と「出産準備感」に最も強く影響していた (β=,23, p<.001; β=.43, p<.001)。 2)「出産に対するSelf-Efficacy」と「出産準備感」は, 正の相関関係を示した (r=.61, P<.001)。 3)「出産コントロールと満足感」に対して,「出産準備感」は影響していた (β=.28, P<.01) が,「出産に対するSelf-Efficacy」はほとんど影響していなかった (β=.05)。 4)「自己成長感」に対して,「出産コントロールと満足感」は最も強く影響しており (β=.46, P<.001),「出産に対するSelf-Efficacy」は直接効果 (β=.23, P<.01) を示し,「出産準備感」は「出産コントロールと満足感」を介して間接効果 (β=.13) を示した。 5) このモデルで設定した出産教育の効果を測るための「出産コントロールと満足感」と「自己成長感」の説明力はそれぞれ10%, 32% であった。 6) 適合度は, GFI (Goodness of fit index)=.962, AGFI (Adjusted goodness of index)=.849, CFI (Comparative fit index)=.935, AIC (Akaike's information criterion)=69.065であり, モデルとして良好であった。 続きを見る
5.

論文

論文
三村, あかね ; 中村, 友恵 ; 中田, みどり ; 古田, ひろみ ; 島田, 啓子 ; 亀田, 幸枝
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  14  pp.74-75,  2001-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34878
概要: 第15回日本助産学会学術集会集録一般演題 (口頭発表) 第1群
6.

論文

論文
坂井, 明美 ; 炭谷, みどり ; 島田, 啓子 ; 田淵, 紀子 ; 亀田, 幸枝 ; 林, 千寿子
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  13  pp.68-69,  2000-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34883
概要: 第14回日本助産学会学術集会集録 一般演題(口頭発表) 第1群
7.

論文

論文
田淵, 紀子 ; 島田, 啓子 ; 亀田, 幸枝 ; 関塚, 真美 ; 坂井, 明美
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  18  pp.138-139,  2005-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34871
概要: 第19回日本助産学会学術集会集録 一般演題 (口演)(その8)
8.

論文

論文
関塚, 真美 ; 坂井, 明美 ; 島田, 啓子 ; 田淵, 紀子 ; 亀田, 幸枝
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  18  pp.148-149,  2005-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34884
概要: 第19回日本助産学会学術集会集録 一般演題 (口演)(その10)
9.

論文

論文
田淵, 紀子 ; 島田, 啓子 ; 坂井, 明美 ; 亀田, 幸枝
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  13  pp.118-119,  2000-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34920
概要: 第14回日本助産学会学術集会集録 一般演題 (口頭発表) 第10群
10.

論文

論文
田淵, 紀子 ; 島岡, 啓子 ; 亀田, 幸枝 ; 関塚, 真美 ; 坂井, 明美
出版情報: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery.  17  pp.114-115,  2004-01-01.  日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
URL: http://hdl.handle.net/2297/34924
概要: 第18回日本助産学会学術集会集録一般演題 (口演)(その7)