1.

論文

論文
尾崎, 聡 ; 北村, 星子 ; 池田, 博子 ; 梶井, 美里 ; 河原, 栄
出版情報: 金沢大学つるま保健学会誌 = Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University.  36  pp.73-77,  2012-12-30.  金沢大学つるま保健学会 = the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/33127
2.

論文

論文
尾崎, 聡 ; 北村, 星子 ; 池田, 博子 ; 河原, 栄
出版情報: 金沢大学つるま保健学会誌 = Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University.  36  pp.33-36,  2012-07-20.  金沢大学つるま保健学会 = the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/32064
概要: [その他 / Others]
3.

論文

論文
尾崎, 聡 ; 北村, 星子 ; 池田, 博子 ; 中沼, 安二 ; 河原, 栄
出版情報: 金沢大学つるま保健学会誌 = Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University.  35  pp.79-82,  2011-12-27.  金沢大学つるま保健学会 = the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/29774
4.

論文

論文
千葉, 真由美 ; 佐々木, 素子 ; 北村, 星子 ; 中沼, 安二
出版情報: 消化器と免疫 = Digestive organ and immunology.  48  pp.150-154,  2011-01-01.  日本消化器免疫学会 / マイライフ社
URL: http://hdl.handle.net/2297/31521
5.

論文

論文
堀井, 里和 ; 山下, 竜也 ; 加賀谷, 尚史 ; 鷹取, 元 ; 砂子坂, 肇 ; 大石, 尚毅 ; 荒井, 邦明 ; 柿木, 嘉平太 ; 北村, 星子 ; 金子, 周一
出版情報: 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy.  52  pp.3111-3116,  2010-11-01.  Japan Gastroenterological Endoscopy Society = 日本消化器内視鏡学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/26398
概要: 金沢大学医薬保健研究域医学系<br />We report a 82-year-old female with liver chirrhosis who presented melena and anemia. Initial upper GI endoscopy, colonoscopy and computed tomography failed to find the bleeder. Double balloon endoscopy revealed sub mucosal nodule about 60mm in diameter located at proximal jejunum. Surgical resection was carried out. Pathologic examination indicated that the tumor was adenomyomatous hamartoma. The patient was symptom-free after the operation. 続きを見る
6.

論文

論文
堀井, 里和 ; 山下, 竜也 ; 加賀谷, 尚史 ; 鷹取, 元 ; 砂子坂, 肇 ; 大石, 尚毅 ; 荒井, 邦明 ; 柿木, 嘉平太 ; 北村, 星子 ; 金子, 周一
出版情報: 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy.  52  pp.3111-3116,  2010-01-01.  日本消化器内視鏡学会 = Japan Gastroenterological Endoscopy Society
URL: http://hdl.handle.net/2297/35649
概要: 症例は基礎疾患としてC型肝硬変を有する82歳の女性で,黒色便,貧血を認めた.ダブルバルーン小腸内視鏡検査にて,近位空腸に70mm大の有茎性ポリープを認めた.外科的摘除を行い,病理組織学的にAdenomyomatous hamartomaと診 断した.手術後,出血のエピソードは認めなかった.消化管出血の原因として小腸Adenomyomatous hamartomaは非常にまれであり,報告した.We report a 82-year-old female with liver chirrhosis who presented melena and anemia. Initial upper GI endoscopy, colonoscopy and computed tomography failed to find the bleeder. Double balloon endoscopy revealed sub mucosal nodule about 60mm in diameter located at proximal jejunum. Surgical resection was carried out. Pathologic examination indicated that the tumor was adenomyomatous hamartoma. The patient was symptom-free after the operation. 続きを見る
7.

論文

論文
松原, 崇史 ; 小坂, 一斗 ; 蒲田, 敏文 ; 松井, 修 ; 小林, 聡 ; 北川, 裕久 ; 太田, 哲生 ; 大坪, 公士郎 ; 北村, 星子 ; 池田, 博子 ; 中沼, 安二
出版情報: 胆と膵 = The Biliary tract & pancreas.  34  pp.403-412,  2013-05-01.  医学図書出版
URL: http://hdl.handle.net/2297/40467
概要: 症例は60歳代男性. 既往歴に胆嚢摘出術あり(40歳時, 胆石症). 今回, 前医にて肝機能障害が指摘され, 総胆管腫瘍が疑われたため, 精査加療目的に当院紹介受診となった. 血液生化学検査では肝胆道系酵素の上昇を認める以外, 特記事項なく , 腫瘍マーカーにも異常は認めなかった. 腹部超音波検査では肝外胆管・肝内胆管の高度拡張を認め, 上~中部胆管では内腔に突出する乳頭状腫瘤を認めた. CTでは総胆管の紡錘状の拡張および胆管壁の肥厚を認め, 内腔に乳頭状に突出する比較的淡い造影効果を呈する腫瘍を認めた. MRIではT2強調像, MRCPにおいて上~中部胆管に不整な欠損像を認めた. 内視鏡的に乳頭腫大を認め, 胆道造影では肝内胆管~下部胆管の拡張を, 上部から中部胆管には不整な造影欠損域を認めた. 乳頭切開術を施行したところ粘液の流出を認めた. 胆汁細胞診ではnegative, 胆道生検では類円形の核と粘液を有する明るい胞体を有した細胞の乳頭状増殖を認めた. 続きを見る
8.

論文

論文
林, 武弘 ; 鷹取, 元 ; 北村, 和哉 ; 加賀谷, 尚史 ; 酒井, 佳夫 ; 中村, 慶史 ; 藤田, 秀人 ; 藤村, 隆 ; 北村, 星子 ; 金子, 周一
出版情報: 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy.  55  pp.3382-3388,  2013-01-01.  日本消化器内視鏡学会 = Japan Gastroenterological Endoscopy Society
URL: http://hdl.handle.net/2297/39725
概要: A 62-year-old woman was admitted to our hospital because of lower intestinal bleeding. The diagnosis of Meckel's di verticulum was made by small bowel imaging and transanal double-balloon enteroscopic examination. Partial resection of the ileum was performed. Pathological examination of the resected specimen showed proliferation of spindle-shaped cells in the wall of the diverticulum. The tumor was diagnosed as a gastrointestinal stromal tumor (GIST) by reason of immunohistochemical staining that was positive for c-kit and CD34 and negative for desmin and S-100. The coexistence of Meckel's diverticulum and GIST is considered to be rare. However, when Meckel's diverticulum is diagnosed, the possibility of the coexistence of neoplastic diseases should be kept in mind. 症例は62歳女性.新鮮血下血にて受診した.小腸造影,経肛門的ダブルバルーン内視鏡にてMeckel憩室と診断し,回腸部分切除術を施行した.術後の病理組織において憩室壁内に紡錘形細胞の増殖を認めた.免疫染色においてc-kit陽性,CD34陽性,desmin陰性,S-100陰性でありGastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断した.Meckel憩室壁内にGISTを合併することはまれであるが,Meckel憩室の診断に至った際には,随伴する腫瘍合併の可能性も念頭に置き,検索を進める必要がある. 続きを見る