1.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report.  2013-04-01 - 2017-03-31  pp.5p.-,  2017-06-10. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00052816
概要: 金沢大学理工研究域地球社会基盤学系<br />上水道、下水道をひとつの水循環システムと捉え、巨大地震津波時における、主として以下の課題について研究を行い、それぞれで研究成果を得た。すなわち、津波の河川遡上による上水道の取水停止に よる水質悪化とその対策、巨大津波による下水道終末処理場の構造被害分析とその対策、巨大地震の長周期、長継続時間地震動による池状構造物のスロッシングによる被害分析とその対策、水循環システムとしての上下水道システムの巨大地震津波時のクリティカルポイント解明と被害軽減策の4課題である。<br />This study is focusing on damage analysis and its countermeasure of water supply and sewerage systems as a water circulating system against great earthquake and tsunami. The following subjects were studied and fruitful results were obtained. 1. Effect of river run-up of tsunami on water supply system, 2.Damage mechanism of treatment facilities of sewerage system induced by great tsunami, 3. Damage to water supply system induced by sloshing of water in a reservoir by long period and/or long duration seismic motion induced by great earthquake, 4. Critical points of water supply and sewerage systems as a water circulation system.<br />研究課題/領域番号:25289135, 研究期間(年度):2013-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
2.

論文

論文
西川 , 隼人 ; 高谷 , 富也 ; 釣 , 健孝 ; 福井 , 繁雄 ; 宮島, 昌克 ; Nishikawa, Hayato ; Takatani, Tomiya ; Tsuri, Takeyoshi ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 土木学会論文集A1(構造・地震工学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)).  71  pp.I_995-I_1003,  2015-01-01.  土木学会 = ©Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/48494
概要: We develop vibration measuring equipment using high accurate inclimeter sensor that was not used in the past studies rel ated to MEMS sensor. Since high accurate inclimeter sensor has higher resolution and lower self-noises than general MEMS sensors, it is able to measure slighter vibration than the MEMS sensors. In order to examine performance of the equipment developed in this study, vibration characteristics of wooden house is investigated by measurement by using the equipment and servo type accelerometer. Natural frequencies of Fourier spectra of acceleration waves measured by this equipment are mostly corresponded to that measured by the servo type accelerometer. Moreover, natural frequencies of transfer function evaluated by servo type accelerometer are close to those of Fourier spectra.<br />本研究では,これまでのMEMSセンサに関する研究で用いられていない高精度傾斜センサによる振動測定装置を試作した.高精度傾斜センサは一般的なMEMSセンサと比べて分解能が高く,自己ノイズも小さいため,従来よりも小さな振動を測定することができる. 試作した振動測定装置の性能を調べるためにサーボ型加速度計とともに,木造建物の常時微動を測定し,加速度フーリエスペクトルから建物の振動特性を評価した.これらの装置の計測波形から求めたフーリエスペクトルの固有振動数は概ね一致した.また,サーボ型加速度計で評価した伝達関数の固有振動数はフーリエスペクトルの固有振動数と近い値となった. 続きを見る
3.

その他

その他
山崎, 智大 ; 池本 , 敏和 ; 吉田, 成宏 ; 山口, 裕通 ; 高田, 良宏 ; 宮島, 昌克 ; Yamazaki, Chihiro ; Ikemoto, Toshikazu ; Yoshida, Michihiro ; Yamaguchi, Hiromichi ; Takata, Yoshihiro ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 日本建築学会 情報システム技術委員会 第41回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集.  41  pp.268-,  2018-12.  日本建築学会 = Architectural Institute of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053842
概要: 金沢大学総合メディア基盤センター<br />Embargo Period 12 months<br />The 41st Symposium on Computer Technology of Information, Systems and Applications, Architectural Institute of Japan
4.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成25(2013)年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2013  pp.4p.-,  2014-06-10. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049456
概要: 金沢大学環境デザイン学系<br />富山県と新潟県の遺跡の発掘により検出された液状化現象に伴う噴砂を考古地磁気法により分析した結果、中世の時代の地震など、古文書で知られる地震に対する噴砂が確認でき、当時の地震の規模や影響範囲が検 討できた。また、古文書にない弥生時代の地震の年代を決定することができた。以上のように、考古地磁気法を利用することにより、古文書にも記されていない古くて大きな地震による液状化の発生を推定することができ、低頻度メガリスク災害の解明に向けた糸口を明らかにすることができた。さらに、大規模な深層崩壊の規模を推定する可能性も示唆された。<br />The archaeomagnetic dating method is practical because detailed secular variations in the geomagnetic field during the past 2,000 have been clarified in Japan. We conducted the archaeomagnetic dating in Toyama and Niigata Prefectures, where sand boiling of liquefaction phenomena was studied. We conclude that the archaeomagnetic dating is useful for the dating of low frequency high impact disaster such as eruption of volcano and extensive soil liquefaction.<br />研究課題/領域番号:23651180, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る
5.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 基盤研究(A) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2009-2012  pp.5p.-,  2013-05-15. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049457
概要: 金沢大学理工研究域環境デザイン学系<br />イラン・タブリーズ市において世界遺産の登録を目指しているバザール(市場)を対象として、北タブリーズ断層を想定地震断層とした強震動予測を行った。その際、各種地盤調査を行って、建設地点の 地盤動特性を明らかにした。強震動予測結果を用いて耐震診断を行うとともに、耐震補強法について具体的に提案した。また、2010年10月10日~11日にイラン・タブリーズ市において歴史的組積増構造物の地震および地震工学に関するイラン・日本二国間セミナーを開催した。<br />Prediction of strong ground motion was conducted at Tabriz Bazaar that was aspired to be registered as UNESCO World Cultural Heritage in Tabriz city, Iran. Scenario earthquake fault was assumed as North Tabriz fault. Severa l kinds of in situ tests such as borehole logging, micro tremor measurements and so on, were conducted to estimate dynamic characteristics of the site. Se ismic diagnosis of Tabriz Bazaar was done by using the scenario earthquake motion and methods of seismic retrofitting were proposed. The Bilateral Iran-Japan Seminar on Seismology and Earthquake Engineering of Historical Masonry Buildings was held in Tabriz city in October 2010.<br />研究課題/領域番号:21254001, 研究期間(年度):2009-2012 続きを見る
6.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report.  2008-2011  pp.4p.-,  2012-05-14. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049458
概要: 金沢大学環境デザイン学系<br />地震発生直後に管路に直接的な被害が無くとも急激な流量の増加と水圧の低下といった配水システムにおける異常事態に着目し,被害地震が発生した際にアンケート調査を大規模水道事業体に行った。さらに,この 現象が貯水槽の水のスロッシングによる水位センサーの誤作動によるものであることを明らかにし,今後発生する巨大地震による長周期・長継続時間地震動が配水システムの異常挙動に与える影響を明らかにした。<br />The present study focuses on an abrupt increase in flow rate and a decrease in water pressure of water distribution system in spite of no damage to pipeline during an earthquake. First, a questionnaire survey on unusual behavior of water distribution system during an earthquake was conducted to large-scale waterworks bureaus in Japan. We clarified that sloshing of water in receiving tank induced by a long period, long duration seismic motion induce an error of water level sensor in a receiving tank. Effect of a long period, long duration seismic motion by mega earthquake to water distribution system was discussed. 続きを見る
7.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成20(2008)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2008 Fiscal Year Final Research Report.  2005-2007  pp.4p.-,  2009-05-18. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049459
概要: 金沢大学環境デザイン学系<br />本研究では,タブリーズ市において歴史的価値が高い建造物として有名なタブリーズ城とキャブード寺院を対象として, アナトリア断層を想定地震断層と仮定した耐震診断を行うとともに,耐震補強法について現 地の研究協力者と調査研究を行った。地盤の弾性波探査,建造物と周辺地盤の常時微動計測を行ない,建造物と周辺地盤の動特性把握を試みた。その結果,タブリーズ城の方がキャブード寺院よりも建物の1次固有振動数が地盤の卓越振動数に近く,地震時に地盤と建造物が共振する可能性があることを明らかにした。また,わが国における耐震補強法を紹介し,実現可能な対策について議論した。<br />研究課題/領域番号:19404009, 研究期間(年度):2005-2007<br />出典:「イラン・タブリーズ市における組積造歴史的建造物の耐震診断と補強法に関する調査研究」研究成果報告書 課題番号19404009(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))(https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-19404009/19404009seika/)を加工して作成 続きを見る
8.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成19(2007)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2007 Fiscal Year Final Research Report.  2005-2007  pp.212p.-,  2008-03. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049460
概要: 金沢大学自然科学研究科<br />現在,被害地震の直後には被災建築物応急危険度判定士によって建物の健全度が判定されているが,医療機関の機能の健全度を評価するものではないので,医療機関においては効果を発揮し得ない。このような観点か ら本研究では,医療機関における建物の健全度のみならず,救命ライフラインや医療機器の耐震機能評価法を考究することを目的とする。まず,過去の地震における医療機関の被災資料を収集した。近年わが国で発生した地震のみならず,アルジェリア・ブーメルデス地震やイラン・バム地震などの被害についても調査し,世界共通の視点から分析した。その結果,地震後の医療機能損失の要因としては建物そのものの損壊,ライフラインの機能喪失,医療機器の転倒,落下に大きく分ける必要があることが明らかとなった。つぎに,2007年3月に発生した能登半島地震と7月に発生した新潟県中越地震の際に被災地の医療施設に対して地震被害が医療機能に与えた影響に関するアンケート調査を実施した。ここでは,上記のように,建物そのものの損壊,ライフラインの機能喪失,医療機器の転倒,落下に分けて,それぞれの被害が医療機能にどのような影響を及ぼしたかについて整理,分析した。その結果,能登半島地震および新潟県中越沖地震では,医療施設において生活機能,医療機能の両面に対して断水被害の影響が目立ったことが明らかとなった。さらに,長周期地震動に対して敏感であると考えられ,しかも医療機器類に多い,キャスター付き機器の振動特性を明らかにするために,正弦波を用いた振動台実験を行い,医療機器類のフラジリティ曲線を求めた。さらに,病院内のライフラインの損傷や薬品棚の転倒が医療機能に及ぼす影響を検討し,それぞれのフラジリティ曲線を提示するとともに,地震時の医療機関の機能損曲線を提案した。<br />The purpose of this study is to estimate the performance of healthcare facilities following an earthquake. Healthcare facilities such as hospitals carry great importance principally following a disaster. The function of hospitals after an earthquake depends on many factors such as structural damage, lifeline damage, lack of stag lack of medicine and others. Questionnaire survey was conducted for the hospitals suffering damage due to the 2007 Noto-hanto and the 2007 Niigata-ken Chuetsu-oki Earthquakes. The damages to each component such as structures, lifelines, instruments and so on in the hospital were investigated. The relation between strong motion and damage to each component was also studies.Next, a shaking table test and simulation of three types of equipment, that is, a wheeled table, shelves and small equipment which can be medicine container, were conducted. The results showed that the more the shelf is attached to the structure the more stable it becomes. The most unstable types of shelves are those which are connected only by their bottoms. Simulation and experimental determination response of wheeled equipment was finalized. The wheels are equipped with brakes and this causes a difference in response according to the brakes being in a locked or unlocked position ; rocking or sliding respectively. An unlocked setting was found to be stable while the locked setting was unstable. Low frequencies seem to make the equipment unstable while high frequencies seem to stabilize it.Finally, the fragility of some system was studied. The fragility of equipment depends on the frequency. Low frequencies tend to make the highest damage to systems and therefore to healthcare facilities. Hospitals subjected to long period motion of a great scale earthquake suffer severe damage to their unconnected equipment.<br />研究課題/領域番号:17310107, 研究期間(年度):2005-2007<br />出典:「巨大地震による長周期地震動に対する医療機関の耐震機能評価と対策」研究成果報告書 課題番号17310107 (KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))   本文データは著者版報告書より作成 続きを見る
9.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成16(2004)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2004 Fiscal Year Final Research Report.  2003-2004  pp.7p.-,  2005-03. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049461
概要: 金沢大学自然科学研究科<br />1)2003年5月に発生したアルジェリア・ゼムリ地震、7月の宮城県北部地震、9月の十勝沖地震、12月のイラン・バム地震において、現地被害調査を実施し、病院の被害実態を調査した。その結果、建物被害 等の構造被害だけではなく、非構造部材やライフラインの被害が、地震直後の診療に大きな影響を与える場合のあることが明らかとなった。さらに、宮城県北部地震と十勝沖地震においてはアンケート調査を実施し、ライフライン被害が病院の医療施設としての機能に及ぼす影響についての基礎的データを収集した。2)2004年新潟県中越地震における供給系ライフラインの機能障害について調査した.機能停止の状況と計測震度との関係から,機能停止確率をロジスティック関数でモデル化して兵庫県南部地震と比較した結果,より低震度で機能障害が発生しており,その理由としては,ネットワーク施設の脆弱性およびネットワーク形態の両方が関与していると考えられる.また復旧プロセスを比較した結果,機能支障の解消過程に相似的関係が見出された.3)2004年新潟県中越地震における医療機関の被害について現地調査およびアンケート調査を実施した.建物被害,ライフライン被害,医療機器の被害のそれぞれが医療機能に及ぼす影響について検討した.さらに、距離減衰式を用いて各医療機関の最大加速度を推定し,建物被害,ライフライン被害,医療機器の被害程度と最大加速度の関係をロジスティック関数で表す、被害関数を提案した.4)ライフラインの機能被害が医療機能に及ぼす影響の大きいことが明らかとなったので,医療機関における各ライフラインの代替施設や耐震対策について検討した.特に電力供給の停止が各ライフラインの機能被害に密接に関連していることが示されたので,代替施設としてのソーラーパネルの有効性について検討した.<br />The present study is focusing on a seismic safety of health care facilities, especially lifeline facilities of hospitals. First, damage to health care facilities during the past damaging earthquakes that have occurred in the recent yeas in the world such as the 2003 Zemuri Earthquake in Algeria, the 2003 Miyagiken-Hokubu Earthquake in Japan, the 2003 Tokachi-oki Earthquake in Japan, the 2003 Barn Earthquake in Iran, 2004 Niigata-ken Chuetsu Earthquake in Japan and so on, was clarified and the effects of the damage on functions of the health care facilities were studied. Next, the performance of hospitals in these earthquakes was examined by using the results of questionnaire survey conducted by the authors. According to the results of the questionnaire survey, it is clarified that the performance of electricity and water supply strongly affects the treatment in hospitals just after an earthquake.The lessons we can get from the cited earthquake experiences above are as follows : health care facilities, which are typically expected to receive and treat injuries, can be affected by malfunction of lifeline after earthquakes ; and closing or reducing the capacity of a hospital has remarkable impact on treatment of patients and victims alike. Therefore preparation of hospitals is an obvious step that should concern both physical and functional parts of lifelines in all hospitals. With regards to the physical part, both structural and non-structural elements have to be protected.Moreover, a method of seismic evaluation of water supply system in health care facilities was studied. This methodology considers life saving as its main goal unlike other methods that consider economical savings as more important.<br />研究課題/領域番号:15510148, 研究期間(年度):2003-2004<br />出典:「医療機関における救命ライフラインの地震時リスク分析と耐震対策」研究成果報告書 課題番号15510148 (KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))   本文データは著者版報告書より作成 続きを見る
10.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成14(2002)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2003 Fiscal Year Final Research Report.  2001-2003  pp.8p.-,  2004-03. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049462
概要: 金沢大学工学部<br />研究助成期間に2001年芸予地震や2003年三陸南沖地震、宮城県北部地震、十勝沖地震が発生し、液状化地盤の近傍で強震記録が得られたことから、それらを用いて液状化センサーの検証を行い、検知精度を確認すると ともに残された問題点を明らかにすることができた。すなわち、これまでに本手法確立のために用いてきた液状化地盤の記録の多くが、上下動成分の卓越した1995年兵庫県南部地震のものであったので、海洋型地震である十勝沖地震にも適用するために指標の閾値を再検討する必要性を明らかにした。これらの地震において、強震計の設置場所によっては、設置箇所の微地形の影響や周辺建物の振動の影響が強震記録に反映されることが議論に上ったので、その点についても検討を始めた。すなわち、十勝沖地震の際に大きな強震記録の得られた地点において、設置状現や地表面地盤特性を調査し、それらの影響について検討した。さらに、強震計の設置状況を把握するために石川県内のすべての強震計設置位置を調査し、設置状況、設置場所の表層地盤特性などのデータ・ベースを構築した。さらに、1999年台湾・集集地震に見られた断層運動に伴う地表面変位の検知に関しても研究を行った。これについては、従来の液状化センサーとは異なった検知指標を提案し、台湾・集集地震で得られた強震記線を用いて検証を行った。逆断層の近傍で得られた強震記録が台湾・集集地震に限られたので、さらに多くの強震記録を発掘し、精度の検証を行う必要がある。<br />The present study is focusing on detection of liquefaction and large ground displacement induced by fault movement. First, amplitude characteristics of strong ground motion records were investigated. Time histories of ratio of vertical ground acceleration to the horizontal one was calculated from ground acceleration records at ground surface. Next, frequency characteristics of the ground acceleration records were studied. The average predominant period of the strong motion was calculated here. Then these indices were verified by using more than one hundred acceleration records at ground surface including the 2001 Geiyo, the 2003 Sanriku-minami, the 2003 Miyagiken-hokubu and the 2003 Tokachi-oki Earthquakes in Japan.The velocity of strong ground motion obtained by integration of acceleration is used for a new index to detect a large ground displacement induced by fault movement. The records of the 1999 Chi-Chi earthquake, Taiwan, verify this new index. As a result, the new index using the velocity wave form obtained from strong ground motion records within few kilometers from fault rupture identifies occurrence of a large ground displacement induced by fault movement.<br />研究課題/領域番号:13555129, 研究期間(年度):2001-2003<br />出典:「既存の強震計に装着できる地盤破壊検知センサーの開発」研究成果報告書 課題番号13555129 (KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))   本文データは著者版報告書より作成 続きを見る