1.

図書

図書
新井賢一, 浅野茂隆監修 ; 金島秀人, 宮島篤, 吉田文紀編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 2001.6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
宮園浩平 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2015.4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
宮島篤編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2002.6
シリーズ名: わかる実験医学シリーズ : 基本&トピックス
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
宮坂信之, 宮島篤編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2004.10
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
宮島篤編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2000.9
シリーズ名: 実験医学 ; 増刊 Vol.18 No.15 2000
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
宮島篤, 北村俊雄, 新井直子著
出版情報: 東京 : 羊土社, 1995.10
シリーズ名: 実験医学バイオサイエンス ; 20
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
宮島篤, 山本雅編
出版情報: 東京 : 羊土社, 1997.3
シリーズ名: 実験医学 ; 別冊 . バイオマニュアルUPシリーズ||バイオ マニュアル UP シリーズ ;BM22
所蔵情報: loading…
8.

論文

論文
宮島, 篤
出版情報: 金沢大学がん進展制御研究所 共同研究成果報告書.  平成24年度  pp.1-3,  2013-04-01.  金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/41785
概要: 肝臓に存在する幹/前駆細胞としては、胎児肝の肝芽細胞と成体障害肝のオーバル細胞が知られるが、我々はこれらの細胞で高発現する膜タンパク分子を20分子以上同定してきた。本課題ではこれらの分子が抗体治療の標的分子となりうるかについて検討するため、 マウス正常肝の構成細胞や肝がん細胞、ヒトがん細胞株での遺伝子発現解析やフローサイトメトリー解析、免疫染色等を行ない、最終的に4つの有望な分子に絞り込んだ。 続きを見る