1.

図書

図書
古川雅子 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2020.1
シリーズ名: 丸善ライブラリー ; 389 . 情報研シリーズ||ジョウホウケン シリーズ ; 23
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
林, 正治 ; 堀井, 洋 ; 堀井, 美里 ; 宮下, 和幸 ; 中野, 節子 ; 山地, 一禎 ; 高田, 良宏
出版情報: 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集 / 情報処理学会シンポジウムシリーズ = IPSJ Symposium series 2012.  7  pp.239-246,  2011-11-01.  情報処理学会 = Information Processing Society of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/33314
概要: 近年,人文系データベースの相互運用に関する取り組みが盛んである.複数の人文系データベースを連携することで新たなサービスの提供や利便性の向上を図るものである.一方でヘテロなデータ源であるウェブではデータ共有・活用の方法論Linked Data が注目されている.本稿では人文系データベースの相互運用を考慮したリポジトリシステムの開発とその利用について先祖由緒并一類附帳データベースの構築を事例に論じる. The interoperability of databases for humanities is a hot issue on the Computer and Humanities Symposium recently. Linked Data is an attempt to share useful data of web that is more heterogeneous than databases of humanities. In this paper, we discuss about the development of a historical resource database using a repository system that supports Linked Data technologies. 続きを見る
3.

論文

論文
堀井, 洋 ; 林, 正治 ; 堀井, 美里 ; 山地, 一禎 ; 高田, 良宏 ; 塩瀬, 隆之 ; 古畑, 徹
出版情報: 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集 / 情報処理学会シンポジウムシリーズ = IPSJ Symposium series 2012.  7  pp.17-22,  2012-11-01.  情報処理学会 = Information Processing Society of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/33343
概要: 学術資料の学術分野や所蔵管理組織の垣根を越えた分野・組織横断的な情報共有について,学術成果の公開・ 共有や学術資料の保存などの観点から,近年関心が高まっている.学術資料全般を対象にした横断的な学術資源 リポジトリを実現させるためには,資料の 所在や由来などの詳細情報(メタデータ)を共通のフォーマットに基 づいて収集・整理しそれらを共有する主体となる人的な組織と,資料詳細情報をネットワーク上で共有・公開す るための情報環境の双方を構築・整備する必要がある.本報告では,合同会社AMANE・金沢大学・京都大学・ 国立情報学研究所の研究者が中心となって進めている明治・大正・昭和前期の科学実験機器資料リポジトリ化プ ロジェクトを事例として,分野・組織横断的な学術資源リポジトリ構築の現状と課題を述べる. University museums in Japan possess various and huge non-bibliographic resources.In recent year, social concern about exchanging and sharing of academic resources included non-bibliographic between universities is increasing. However, in actual situation, there are some problems about preservation and digitalization of academic resources. In this paper, a case study of scientific apparatuses since the Meiji era, we discuss about construction of repository for non-bibliographic. 続きを見る
4.

論文

論文
林, 正治 ; 堀井, 洋 ; 堀井, 美里 ; 高田, 良宏 ; 山地, 一禎 ; 上田, 啓未 ; 古畑, 徹
出版情報: 情報知識学会誌 = Journal of Japan Society of Information and Knowledge.  23  pp.292-297,  2013-01-01.  情報知識学会 Japan Society of Information and Knowledge
URL: http://hdl.handle.net/2297/35259
概要: 文献資料およびモノ資料を含む学術資料の共有化を目的とした学術資源リポジトリ構想がある.これまでにDublin Core Metadata Element Setを拡張し,学術資源情報の記述を実現してきたが,ハーベスティング時の情報欠落に課題 があった.一方,国外では博物館資料を対象とした国際的なハーベスティング・スキーマLIDOへの注目が高まっている.本稿では,学術資源リポジトリにおけるLIDO の可能性を検討する. We are aiming to share bibliographic materials and non-bibliographic materials by using a qualified Dublin Core metadata on repository system named Academic Resource Repository. However, there is an information lack problem in OAI metadata harvesting via oai_dc.On the other hand, it is growing interest in LIDO (Lightweight Information Describing Object) that is an international harvesting schema for museum object recently. In this paper, we study about the potentiality of LIDO in Academic Resource Repository. 続きを見る
5.

論文

論文
堀井, 洋 ; 林, 正治 ; 堀井, 美里 ; 高田, 良宏 ; 山地, 一禎 ; 上田, 啓未 ; 古畑, 徹
出版情報: 情報知識学会誌 = Journal of Japan Society of Information and Knowledge.  23  pp.298-302,  2013-01-01.  情報知識学会 = Japan Society of Information and Knowledge
URL: http://hdl.handle.net/2297/35255
概要: 地域学術資料の分野・組織の垣根を越えた横断的な情報共有を目的として、合同会社AMANE・金沢大学・国立情報学研究所・その他の研究者が中心となり学術資源リポジトリの構築を進めている。その一環として、明治~昭和戦前期の技術教育に使用された科学実 験機器資料情報の蓄積と共有を目指しており、本報告では それらを事例として、学術資源リポジトリの機能・人的・社会的な位置づけや課題等について論じる。 In recent year, social concern about exchanging and sharing of academic resources included non-bibliographic between universities is increasing. However, in actual situation, there are some problems about preservation and digitalization of academic resources. In this paper, a case study of scientific apparatuses since the Meiji era, we discuss about construction of repository for non-bibliographic. 続きを見る
6.

論文

論文
高田, 良宏 ; 林, 正治 ; 堀井, 洋 ; 堀井, 美里 ; 山地, 一禎 ; 上田, 啓未 ; 古畑, 徹
出版情報: 大学ICT推進協議会2013年度年次大会(AXIES2013)論文集.  2013  pp.T1A-1,  2013-12-01.  大学ICT推進協議会
URL: http://hdl.handle.net/2297/40145
概要: 資料館でも利用できるリポジトリの構築を目指した金沢大学資料館Virtual Museum Projectに端を発した学術資源リポジトリ協議会は,大学の枠組みを超え,研究者,博物館・資料館実務者,企業など,様々な立場や思想を持つ参加者が機関横 断的な学術資源リポジトリの実現のために,学術資源情報の共有・公開・活用に関する議論と試行を行う「場」と人的ネットワークを創出することを目的として活動している.本稿では,本協議会の基本活動単位である共同研究プロジェクトを例に本協議会の活動概要を報告する. 続きを見る
7.

論文

論文
高田, 良宏 ; 林, 正治 ; 堀井, 洋 ; 堀井, 美里 ; 山地, 一禎 ; 上田, 啓未 ; 古畑, 徹
出版情報: 大学ICT推進協議会2014年度年次大会(AXIES2014) 論文集.  1  pp.20-,  2014-12-01.  大学ICT推進協議会
URL: http://hdl.handle.net/2297/40217
概要: 金沢大学Virtual Museum Projectに端を発した学術資源リポジトリ協議会は,学術資源情報の共有・公開・活用に関する議論と試行の場として活動してきた.これまでは「試行」として実施してきたが,今回の法人化を機に,今後は大学や民間 ,地方公共団体等の組織と連携し,「事業」として展開する.本稿では,法人化した協議会の目的,体制,および,協議会が事業として進める学術資源の資料調査から公開までのプロセス等について述べる. 続きを見る
8.

論文

論文
堀井, 洋 ; 林, 正治 ; 堀井, 美里 ; 上田, 啓未 ; 山地, 一禎 ; 高田, 良宏
出版情報: 情報知識学会誌 = Journal of Japan Society of Information and Knowledge.  26  pp.217-220,  2016-05-01.  情報知識学会 = Japan Society of Information and Knowledge
URL: http://hdl.handle.net/2297/45891
概要: Utilization and dissemination in the preservation and inheritance and society for the future of museum materials have be en demanded. We have been constructing academic resources repository to target Scientific Instruments and Wall Charts that created in the Meiji era, assigned DOI to each of the information. This paper describes about outline of academic resources repository and future prospects. 古文書や科学実験機器など所謂”博物資料”に関しては,将来に向けた保存・継承 とともに広く社会における活用や普及が求められている.発表者らは,これまで 明治・大正期の科学実験機器資料や教育掛図資料に関する博物資料情報をリポジトリ公開し,それらに対してデジタルオブジェクト識別子(DOI: Digital Object Identifier)を付与する試みを実施してきた.本発表では,その概要を紹介するとともに,社会における活用など今後の展望について述べる. 続きを見る
9.

論文

論文
高田, 良宏 ; 林, 正治 ; 堀井, 洋 ; 堀井, 美里 ; 山地, 一禎 ; 山下, 俊介 ; 古畑, 徹
出版情報: 大学ICT推進協議会2015年度年次大会(AXIES2015) 論文集.  pp.2B1-8,  2015-12-01.  大学ICT推進協議会
URL: http://hdl.handle.net/2297/44857
概要: 近年,研究資料に関するキーワードとして,オープン化,ビックデータおよびオープンサイエンスが挙げられ,資料を永続的に蓄積し再利用可能な情報基盤の整備が急がれている.我々は,整備が進んでいない非文献資料において,非文献資料版ビッグデータ・オープ ンデータ化に対応した情報基盤の開発を進めている.本稿では,全体構想と現在までの成果である学術資源群を基にしたサブジェクトリポジトリ構築の進捗状況等について述べる. 続きを見る