1.

図書

図書
田中重芳, 窪田格太郎, 山本博共著
出版情報: 東京 : 工業圖書, 1937.5
シリーズ名: 日本工學全書
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
田中重芳、山本博共著
出版情報: 東京 : 産業図書, 1957.8
シリーズ名: 機械工作法講話 ; 第3巻
所蔵情報: loading…
3.

論文

論文
山本, 博
出版情報: 平成27(2015)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2013-04-01 – 2016-03-31  pp.6p.-,  2016-06-27.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/47349
概要: 2型糖尿病では膵ランゲルハンス島β細胞からのインスリン分泌が徐々に低下し膵β細胞疲弊が生じる。このメカニズムを解明するため、高血糖による糖毒性物質advanced glycation end-products (AGE) とその細胞膜受容体receptor for AGE (RAGE)に着目し、レプチンシグナル不全のdb/dbマウスを使って検討した。また、マウス膵β細胞由来MIN6細胞を用いて糖脂肪毒性の影響を調べた。レプチン受容体シグナルの遮断と、遊離脂肪酸の暴露によって膵β細胞膜上のRAGE発現誘導が生じ、さらにAGE刺激によって膵β細胞はアポトーシス、インスリン分泌不全に陥ると結論された。<br />研究課題/領域番号:25461335, 研究期間(年度):2013-04-01 – 2016-03-31 続きを見る
4.

論文

論文
山本, 博 ; Yamamoto, Hiroshi
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2012  pp.4p.-,  2013-05-19.  金沢大学医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/47358
概要: 1)マウスマクロファージの培養系を用いて,リガンド添加によるRAGEシグナルがcAMP 依存性シグナル伝達経路によって抑制されることを明らかにした。 (2)cAMP依存性シグナルは,MMP9を活性化し膜結合型RAGEのシェディングを促進する ことにより,膜結合型RAGEを減少させ可溶型RAGEを増加させることを明らかにした。 (3)cAMP依存性シグナルがRAGEリガンド-RAGE系シグナルを抑制するメカニズムとして,cAMP依存性シグナルによる膜結合型RAGEのシェディング促進が,シグナル伝達に関わる膜結合型RAGE を減少させる一方,デコイ受容体として働く可溶型RAGE を増加させることが考えられた。<br />(1) We found that ligand-dependent RAGE signal was suppressed by cAMP-dependent signaling pathway, using mouse macrophage culture system.(2) We showed that cAMP-dependent signal caused activation of MMP9 that accelerated shedding of membrane-bound form RAGE, which resulted in decrease of membrane-bound form RAGE and increase of soluble form RAGE.(3) The mechanism of the suppression of ligand-dependent RAGE signal by cAMP-dependent signal was supposed that the acceleration of shedding of membrane-bound form RAGE via cAMP-dependent signal resulted in decrease of membrane-bound form RAGE functioning signal transducer and increase of soluble form RAGE functioning decoy receptor.<br />研究課題/領域番号:23659430, 研究期間(年度):2011–2012 続きを見る
5.

論文

論文
山本, 博
出版情報: 平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report.  2007-2010  pp.6p.-,  2010-05-19.  金沢大学医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/47363
概要: (1)分泌型RAGE(receptor for AGE)の生成に関わると推定されるシスエレメントとトランス因子候補が同定された。(2)分泌型RAGEを過剰発現するトランスジェニックマウスを作製し、RAGEがアミロイドβの脳への移行 に関わることを証明した。(3)RAGEと、リポポリサッカライド誘発炎症、およびホスファチヂルセリンによって仲介されるアポトーシス細胞除去との関わりも明らかにされた。<br />First, we identified cis-acting regulatory elements and a putative trans-acting factor that may participate in the production of secretory RAGE. Second, we created a secretory RAGE-overexpressing transgenic mouse model, and demonstrated with it that RAGE accounts for the transition of amyloid・into the brain. Further, we also found that RAGE is involved in lipopolysaccharide-induced inflammation and in phosphatidyl serine-mediated apoptosis.<br />研究課題/領域番号:19390085, 研究期間(年度):2007–2010 続きを見る
6.

論文

論文
山本, 博
出版情報: 平成11(1999)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1999 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1998-1999  pp.16p.-,  2000-03-01.  金沢大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/2297/47364
概要: 超伝導マグネット、リニアモーターカー、磁気共鳴画像化診断装置(MRI)等の新しい電磁気素材・機器の登場により、現代人は嘗て経験したことのない高磁場とくに低周波交流高磁場に遭遇する機会が増えつつある。が、高磁場が生体に一体どのような影響を与え るかについては未だ不明な点が多い。そこで本研究では、低周波交流高磁場の生体作用とくに遺伝子機能への影響を解明することを目的とする。 初年度・次年度研究とも当初計画通り順調に進行し、以下の成果を得た。 1.ポリ(dA)鋳型、オリゴ(dT)プライマー、[^3H]TTPまたは[^<35>S]dCTを含むヌクレオチド基質とKlenow酵素からなる試験管内DNA合成反応を60ヘルツピーク値1テスラの高磁場暴露・非暴露下に行った。その結果、(a)DNA合成速度、(b)DNA合成の忠実度とも有意な差がなく、これはKlenow酵素が3'→5'校正エキソヌクレアーゼ活性を欠いた場合にも同様であった。(c)1テスラ変動高磁場は、がんや神経疾患の発症と関連づけられているDNAの滑り合成にもほとんど影響をおよぼさなかった。 2.レポーター遺伝子(lacZ)にミスマッチ変異を有するファージDNAをrepair-proficientなHeLa細胞抽出物と1テスラ高磁場の存在・非存在下でインキュベート後、repair-deficientな大腸菌変異株(mutS)に移入してXgalを含む培地にプレーティングし、形成される青色/無色プラークと混合プラークの比率からミスマッチ修復効率を算定した結果、高磁場印加の有無で差がなかった。 3.ポリ(dA-dT)配列を鋳型に大腸菌RNAポリメラーゼによる試験管内転写を行い、低周波(60ヘルツ)高磁場印加時と非印加時におけるヌクレオチド基質取り込み速度とRNA合成のエラー頻度を比較した結果、0.5テスラまでの磁場印加では両者とも非印加時に比し有意な変化を示さなかった。 4.レポーター遺伝子(lacZ)上流に熱ショックプロモーターを有する発現ベクターを導入した線虫C.elegansに高磁場を印加後、X-galで染色してlacZがコードするβ-ガラクトシダーゼ活性の発現を調べた。その結果、60ヘルツ0.5テスラの磁場印加により、通常では誘導が認められない温度下(27℃)でβ-ガラクトシダーゼの発現が観察された。この誘導の程度と磁場強度との間には相関傾向が認められ、また、強磁場は熱ショックプロモーターの熱感受性を増強させることも見い出された。 したがって、ピーク値1テスラまでの低周波変動高磁場は、DNA(=遺伝子)の複製・修復・転写過程自体には変化を与えないが、生体ストレスの一種となりうると考えられた。<br />Recent developments in highly advanced electrotechnological equipment, such as superconducting magnets, magnetically levitated vehicles and devices for magnetic resonance imaging, have given rise to previously unexperienced environments in which strong electromagnetic fields are encountered. Potential biohazards of such high magnetic fields have been pointed out, but the influences they may exert on biologic systems are still poorly understood. The purpose of this study is to clarify the biologic actions of extremely low-frequency (ELF) alternate-current (AC) high magnetic fields, especially their effects on gene functions including DNA replication, repair and transcription.As a result, the rate and fidelity of Escherichia coli (E. coli) DNA polymerase-catalyzed DNA synthesis in vitro as well as of E. coli RNA polymerase-catalyzed RNA synthesis did not significantly differ between the reactions exposed and not exposed to 60-Hz of near Tesla orders magnetic fields. The efficiency of mutS-dependent mismatch repair with human cell extracts was also not affected by the magnetic field exposure. The results suggest the core processes of transmission of genetic information may be stable under ELF high magnetic fields. However, the heat shock promoter was activated when Caenorhabditis elegans, carrying an hsp 16 promoter-lacZ reporter chimeric transgene, was exposed up to 0.5T at 60 Hz. This suggests that ELF AC high magnetic fields could elicit certain stress responses in biologic systems.<br />研究課題/領域番号:10837004, 研究期間(年度):1998–1999 続きを見る
7.

論文

論文
山本, 博
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  96  pp.104-112,  1987-02-20.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/7922
8.

論文

論文
山本, 博
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Jûzen Medical Society.  118  pp.163-,  2009-12-01.  金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/20644
概要: 学会開催報告 / Reviews
9.

論文

論文
山本, 博 ; 山本, 靖彦
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Jûzen Medical Society.  118  pp.166-,  2009-12-01.  金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/20647
概要: 学会開催報告 / Reviews
10.

論文

論文
山本, 博
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Jûzen Medical Society.  118  pp.22-,  2009-03-01.  金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/17595
概要: 学会開催報告 / Reviews<br />2011年4月より全文公開.