1.

論文

論文
岩田, 礼
出版情報: 金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書= Report of the International Workshop.  2  pp.1-,  2008-03-21.  金沢大学日中無形文化遺産研究所 / 金沢大学文学部 = Faculty of Letters, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/17855
概要: 金沢大学日中無形文化遺産研究所『国際シンポジウム「日中両国の方言の過去、現在、未来」報告書』, 金沢大学連携融合事業「日中両国における無形文化遺産保護と新文化伝統創出に関する共同事業」, 開催日 : 平成19年11月23日, 会場 : 金沢 大学サテライトプラザ<br />[汉语版]あり 続きを見る
2.

論文

論文
岩田, 礼
出版情報: 金沢大学日中無形文化遺産プロジェクト報告書= Report of the International Workshop.  2  pp.2-,  2008-03-21.  金沢大学日中無形文化遺産研究所 / 金沢大学文学部 = Faculty of Letters, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/17858
概要: 金沢大学日中無形文化遺産研究所『国際シンポジウム「日中両国の方言の過去、現在、未来」報告書』, 金沢大学連携融合事業「日中両国における無形文化遺産保護と新文化伝統創出に関する共同事業」, 開催日 : 平成19年11月23日, 会場 : 金沢 大学サテライトプラザ<br />[日本語版]あり 続きを見る
3.

教材

教材
岩田, 礼
出版情報: 文化資源情報論.  2013  pp.99-109,  2012-03-25.  森 雅秀[編] / 金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター = Center for Cultural Resource Studies, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/34377
4.

論文

論文
徐, 建 ; 岩田, 礼
出版情報: 金沢大学中国語学中国文学教室紀要 = Bulletin of Department of Chinese Linguistics and Chinese Literature, Kanazawa University.  pp.11-24,  2014-03-31.  金沢大学人間社会学域人文学類中国語学中国文学教室 = Department of Chinese Linguistics and Chinese Literature, School of Humanities, Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/39286
5.

論文

論文
岩田, 礼 ; 刘, 艳
出版情報: 金沢大学中国語学中国文学教室紀要.  12  pp.1-22,  2013-03-25.  金沢大学人間社会学域人文学類中国語学中国文学教室
URL: http://hdl.handle.net/2297/34874
6.

論文

論文
岩田, 礼
出版情報: 金沢大学中国語学中国文学教室紀要.  11  pp.1-25,  2008-03-01.  金沢大学文学部中国語学・中国文学講座
URL: http://hdl.handle.net/2297/12333
7.

論文

論文
岩田, 礼
出版情報: 金沢大学中国語学中国文学教室紀要.  7  pp.1-32,  2003-12-20.  金沢大学文学部中国語学・中国文学講座
URL: http://hdl.handle.net/2297/3191
8.

図書

図書
岩田, 礼
出版情報: pp.11-34,  2017-01-27.  金沢大学人間社会学域人文学類
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050856
9.

論文

論文
岩田, 礼
出版情報: 平成16年度~平成18年度科学研究補助金(基盤研究(B))研究成果報告書.  2005-03-01.  金沢大学文学部
URL: http://hdl.handle.net/2297/45227
概要: This project follows the preceding projects performed since 1989, and aims, through the use of a newly developed compute r system, to develop a large-scale linguistic atlas of Chinese dialects. The linguistic theoretical framework and the methodology referred to are those of linguistic geography, whose ultimate target is to disclose various aspects of linguistic changes.<br />(1)Construction of the PHD system<br />An XML based data accumulating and processing system, PHD (Project on Han Dialects), was developed and operated on our own server. It comprises and integrates the basic resources (data on localities and dialect materials), linguistic data (indicating Chinese characters, IPA etc.), and digital map data. Client applications were also developed to facilitate our work. This system enhanced to share information and resources and to achieve efficient team work via the intemet.<br />(2)Basic work<br />Supplementations and revision were made for the resources accumulated in the preced ing projects, then we input the linguistic data (especially IPA) for nearly 100 items (mostly lexical items).<br />(3)The drawing of the maps and their interpretation<br />Linguistic maps on about 80 items were drawn. The parameters selected for each map as well as the interpretation proposed by the author were discussed at the research meetings, and were also open for discussion on the forum set up on our site.<br />(4)Research output<br />A part of the output of this project was shown in the two research reports. Some of our findings were presented at various conferences held in and outside Japan.<br />(5)Others<br />We started a philological survey of some items related to folklore, and also started to stock basic data to get a better assessment of the linguistic affinity of various dialects by statistical methods. Next plans<br />(6)Next plans<br />Our research will go on at lelast for two years, until we complete the official publication of the linguistic maps and their interpretations. 我々が1989年以来築いてきた基盤の上に、新システムによって本格的な漢語方言地図集を作成すること、また言語地理学の方法によって言語変化の諸相と変化の要因を明らかにすることを目的とした。<br />(1)PHDシステム<br />XMLベースのデータ集積・処理システム(PHDシステム)を開発、運用することで、基礎データ(地点データ、方言資料データ)、言語データ(漢字、IPA、調類等)、地図データ等を統合したデータベースを構築し、ネットワークを通じた情報・データの共有と共同作業を促進した。また言語データ入力、電子地図作成等のためのクライアントソフトウェアを開発した。<br />(2)基礎作業<br />従来蓄積した基礎データに増補訂正を加えながら、語彙を中心とした約100項目について言語データを漢字とIPA(国際音声字母)によって入力した。<br />(3)地図作成と各地図の解釈:<br />約80項目について、方言地図を作成した。各担当者は各地図に関する知見を整理し、解釈を加え、それらについて研究会で討議、検討した。またフォーラム上でも意見交換を行った。<br />(4)研究成果の公表<br />平成17年度、18年度報告書は研究成果の一部を示すものである。また本研究の2年目(平成17年度)以降は、PHDシステムを用いた研究を中国などで開催された国際会議で報告した。そのいくつかは国際的な学会誌に掲載予定、又は投稿準備中である。<br />(5)その他<br />民俗項目(婚姻と葬儀)に関するデータ収集と整理を進めた。また方言問の親縁関係を計量的に測定するための基礎資料を作成した。対外的には、漢語方言地図に関するプロジェクトを進めている北京語言大学のスタッフ等との実質的な研究交流を進めた。<br />(6)今後の予定<br />今後はPHDシステムを再構築した上で、地図のWEB化を進めながら、本格的な漢語方言地図集の正式出版(2年後を予定)に向けて諸作業を継続する。<br />研究課題/領域番号:16320051, 研究期間(年度) 2004-2006 続きを見る
10.

論文

論文
岩田, 礼 ; 樋口, 勇夫 ; 吉池, 孝一 ; Erickson, Donna
出版情報: 平成15年度科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2001-2003  2004-03-01.  金沢大学文学部
URL: http://hdl.handle.net/2297/46503
概要: It is well known that Chinese is a monosyllable based tone language, but in Guanhua and Wu dialects the interaction of s tress accent and tone has given birth to the word tone, which is synchronically predictable either by the tone of the first syllable or that of the last syllable within a polysyllabic phonological word. In the present research, phonetic characteristics of the word tone are investigated mainly by experimental techniques. Acoustic measurements were made on tens of Guanhua and Wu dialects ; articulatory EMA experiments were conducted on the Standard Bejing Mandarin. These data were analyzed and examined with reference to the data obtained by the physiological EMG experiment. It is argued that the "word tone" theory proposed by T.Hayata is effective in analyzing the tonal and accentual phenomena observable in Chinese dialects. Some theoretical issues were discussed in historical perspectives ; development of stress accent, emergence of the accentual phenomena, differentiation of the word tone category disappearance of stress accent and loss of the morphemic identity. 中国語は基本的には単音節を単位とする声調言語であるが、官話方言、呉方言などでは、"重音"(ストレスアクセント)の発展に伴って、複音節を単位とする"語声調"が形成されつつある。本研究は、漢語諸方言における語声調の実態を、主に実験音声学的手法によって明らかにすることを目的とした。 (1)実験 (1)『現代漢語方言音庫』所収の諸方言について、音声分析ソフトを用いて語声調のピッチ(FO)、音節長、強さを観察した。また『北京口語語料』と独自の録音データを材料として、談話における語声調単位の認定とピッチ測定を行なった。 (2)NTTコミュニケーション科学基礎研究所(厚木)の協力を得て、北京語単音節声調と語声調における顎位、舌位、唇位の差異を観察した。 (2)理論的検討: (1)漢語方言にみられる語声調の類型とそれらの音声的特徴について、各種方言資料と音響実験で得られたデータによって検討した。その結果、語声調理論は漢語諸方言の音調分析に有効であること、また語声調の形成に伴い、ストレスアクセントの消失、形態素認識(morphemic identity)の消失等の現象が起きることが明らかとなった。 (2)過去に行なった音声生理実験のデータを参照しながら、単音節声調と複声調の生成メカニズムについて検討した。その結果、語声調化した方言においては、単音節と複音節で基本的に同じコマンドによって声調が生成されることが明らかとなった。 (3)三年間に行なった音響・調音実験と理論的検討の成果をまとめた研究成果報告書を作成した。<br />研究期間(年度):2001–2003, 研究課題/領域番号:13610540 報告書の一部を掲載。内訳: 研究概要、目次、理論篇の全て(pp.2-15, pp.16-27)を掲載。実験篇については、岩田礼 執筆部分(pp.38-61)を掲載。 続きを見る