1.

図書

図書
御影雅幸監修
出版情報: 市川 : 東洋学術出版社, 2018.10
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
御影, 雅幸
出版情報: 金沢大学21世紀COEプログラム推進シンポジウム -環日本海域の植物資源の現状と保全-:論文要旨集.  pp.1-4,  2003-11-23.  金沢大学 — 金沢大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/2297/5583
概要: 金沢大学大学院自然科学研究科<br />金沢大学薬学部
3.

論文

論文
有賀, 友香 ; 苅谷, 元規 ; 島田, 拓弥 ; 花岡, 裕弥 ; 岡田, 泰彦 ; 澁谷, 俊紀 ; 酒谷, 尋 ; 鈴木, 愛理 ; 瀧澤, 祐美佳 ; 御影, 雅幸
出版情報: 学長研究奨励費研究成果論文集.  8  pp.49-54,  2012-08-01.  金沢大学 / 金沢大学学生部教務課
URL: http://hdl.handle.net/2297/32090
4.

論文

論文
御影, 雅幸 ; Mikage, Masayuki
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 基盤研究(A) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2008-2012  pp.5p.-,  2013-05-10.  金沢大学薬学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/48135
概要: アジア,ヨーロッパ,アフリカなど計12カ国において海外学術調査を行ない,本研究で主目的としたEphedra distachya, E. sinicaなどを始めとする28分類群を入手した。これらの資料をもとに内部形態,含有アルカロイドなどに関 する多様性を調査した結果,生育地の水分環境に大きな影響を受けている一方,栽培研究により,ある程度は遺伝的要因に依存していることも明らかになった。分類学的には学際的研究により,E. distachyaとE. sinicaは別分類群であることを解明した。<br />We have carried out field investigations in 12 countries in Asia, Africa, Europe, and USA and collected 28 taxa of Ephedra including E. distachya and E. sinica. Interdisciplinary study of these samples clarified that the anatomical and chemical diversities in E. sinica were largely controlled by the precipitation or wetness of the habitat, but cultivation experiments also indicated minor control by genetic factors. Based on these analyses, we showed that E. distachya and E. sinica were different taxa although some researchers regarded them as synonymous.<br />研究課題/領域番号:20255005, 研究期間(年度):2008–2012 続きを見る
5.

論文

論文
御影, 雅幸
出版情報: 資料館紀要.  1  pp.1-47,  1999-03-01.  金沢大学資料館
URL: http://hdl.handle.net/2297/1741
概要: 金沢大学薬学部
6.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 米倉, 浩司 ; 池田, 博 ; 伏見, 直子 ; 秋山, 忍 ; 大場, 秀章
出版情報: 日本海域研究 = Annals of the Research Institute of the Japan Sea Region.  41  pp.89-97,  2010-03-23.  金沢大学環日本海域環境研究センター = Kanazawa University Institute of Nature and Environmental Technology
URL: http://hdl.handle.net/2297/24681
概要: 金沢大学医薬保健研究域薬学系
7.

論文

論文
大場, 秀章 ; 秋山, 忍 ; 御影, 雅幸
出版情報: 日本海域研究.  38  pp.1-9,  2007-03-01.  金沢大学日本海域研究所
URL: http://hdl.handle.net/2297/3861
8.

論文

論文
Doui, Misato ; Mikage, Masayuki ; 堂井, 美里 ; 御影, 雅幸
出版情報: Journal of Traditional Medicines.  30  pp.158-163,  2013.  和漢医薬学会 = Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053038
概要: 金沢大学医薬保健研究域薬学系<br />ショウガ根茎は古来種々の調製が施されてきた生薬である。 中国では宋代まで, 流水に浸した後に陶磁器内で醸したもの (発酵) を熱性の性質を有する乾姜としていた。 しかし, 現代中国では単に 乾燥させたものを乾姜 (温性), 加熱したものを炮姜 (熱性) とし, 日本では湯通しまたは蒸したものを乾姜としている。 乾姜の調製方法は変わったが, 古代の乾姜と現代の乾姜または炮姜の薬効が同様であるかは検討されていない。 そこで本研究では古代の方法で乾姜を調製し, 辛味成分含量を現代の乾姜と比較した。 その結果, 古代の乾姜では 6-shogaol 含量が増加した。 加えて, 古代乾姜の辛味成分含量は 1 時間蒸すまたは湯通しして調製した乾姜とほぼ等しかった。 また, 180°Cで加熱することにより製した炮姜の 6-shogaol 含量は古代の乾姜よりも高かった。 すなわち, 現代の日本の乾姜は古代の乾姜と同様の薬効が期待でき, 炮姜は古代の乾姜以上に6-shogaolによる熱性が期待できる可能性がある。 更に, 発酵期間を長くしたサンプルは L*値 (明度) が低く, α*値 (赤み) が高かった。 それ故, 色彩は発酵度合いの指標になる可能性が示唆された。<br />Ginger is a crude drug which processed by various methods. In China, ginger fermented in ceramic pot after soaked in running water was used as kankyo (‘hot’ property) until the Song dynasty. However, in modern China dried ginger (‘warm’ property) is used as kankyo, and heated ginger (‘hot’ property) is used as hokyo, while in Japan, ginger soaked in hot water or steamed is called kankyo. Although the processing method of kankyo has changed, it is unclear whether the medicinal effects of ancient kankyo are similar to those of modern kankyo or hokyo. Therefore, in this study we prepared ancient-type kankyo and compared its pungent compound levels with those of modern kankyo. In addition, we analyzed the color values of our produced ancient kankyo. As a result, the ancient-type kankyo displayed a higher 6-shogaol content. Furthermore, the kankyo displayed similar pungent compound levels to modern kankyo subjected to steaming or soaking in hot water for 1 hour. While, the 6-shogaol content of modern hokyo subjected to heating at 180°C was higher than that of the above-mentioned kankyo. Thus, we consider that 1) modern Japanese kankyo could have similar effects to ancient Chinese kankyo and 2) hokyo has a stronger ‘hot’ effect than ancient kankyo due to its higher 6-shogaol content. In addition, we found the L* (brightness) and a* (redness) values of the ginger processed longer fermentation was lower and higher, respectively. Thus, we think that the color value of kankyo could be used as an index for fermented ginger. © 2013, Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU. All rights reserved. 続きを見る
9.

論文

論文
Doui, Misato ; Mikage, Masayuki ; Kawahara, Nobuo ; 堂井, 美里 ; 御影, 雅幸
出版情報: Journal of Traditional Medicines.  30  pp.62-71,  2013.  和漢医薬学会 = Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053039
概要: 金沢大学医薬保健研究域薬学系<br />日本では, ショウガの乾燥品を 「生姜」, 湯煎または蒸製品を 「乾姜」 としているが, これらの品質は加工方法の違いに影響される。 我々はショウガの色彩の変化は加熱方法により異なり, そ の変化は 6-shogaol の 6-gingerol に対する割合 ([S/G]) と相関していることを明らかにした。 すなわち, 蒸製品の a* 値 (赤み) と 6-shogaol の 6-gingerol に対する割合 ([S/G]) の間に正の相関が認められたが, 湯煎品では成分比によらず a* 値はほぼ一定であった。 また, 180℃での加熱品では [S/G] と a* 値に対数曲線上の相関が認められた。 本研究では, 上述の結果を応用して市場品 「生姜」, 「乾姜」 の品質評価を行なった。  その結果, 大半の 「生姜」 の a* 値は [S/G] と対数曲線上の相関が認められたが, 表面に白味を帯びた検体の a* 値は 2 以下となり, 曲線と離れた場所に位置した。 一方 「乾姜」 の a* 値と [S/G] の関係は, 正の相関を成すもの, [S/G] に関わらず a* 値が 9 付近のもの, a* 値が 8 以下のものの 3 パターンに分かれた。 これらの調製法は順に蒸製, 湯煎, 低温での湯煎品であると判断した。 以上, 色彩と [S/G] の値から調製法が予測できることを明らかにした。<br />In Japan, dried ginger is called shokyo, and ginger dried after soaked in hot water or steamed is called kankyo. The quality of processed ginger might be affected by the processing methods. Previously, we reported that the heating method used to process fresh ginger affected the color of the resultant product and how its color was correlated with its 6-shogaol to 6-gingerol ratio ([S/G]); i.e., the a* value (indicating redness) of steamed ginger positively correlated with its [S/G], the a* value of ginger soaked in hot water remained constant regardless of its [S/G], and the a* value of ginger heated at 180°C displayed a logarithmic correlation with [S/G]. In this paper, we used the above results to evaluate the quality of shokyo and kankyo products on the market. As a result, we found that the a* values of most shokyo products logarithmically correlated with their [S/G]. However, shokyo products with whitish surfaces displayed a* values of less than + 2, and their a* values and [S/G] showed no correlations. Meanwhile, kankyo products were divided into 3 groups by the relationships between the a* values and [S/G]; i.e., samples whose a* values correlated with their [S/G], those with a* values around + 9, and those with a* values less than + 8. These kankyo samples might be produced by steaming, soaking in hot water, and soaking in warm water, respectively. Therefore, we confirmed that the combination of color values and [S/G] could be used to infer processing methods of ginger products. © 2013, Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU. All rights reserved. 続きを見る
10.

論文

論文
Fukazawa, Ayako ; Yamaguchi, Masaya ; Takano, Fumihide ; Mikage, Masayuki ; 御影, 雅幸
出版情報: Journal of Traditional Medicines.  29  pp.18-24,  2012.  和漢医薬学会 = Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053040
概要: 金沢大学医薬保健研究域薬学系<br />Jatyadi Taila(J)はアーユルヴェーダ(インド伝統医学)で用いられる薬用オイルであり,特に薬線Kshara Sutraを用いた痔瘻手術の際に用いられている。この手術方法は日本へ も導入されているが,Jについては薬理作用,毒性および術後処置について未だ明らかにされていない。そこで本研究では,培養ヒト表皮角化細胞におけるケモカイン・インターロイキン(IL)-8の産出および細胞増殖作用に対するJの効果を調査した。さらにJの代替品として紫雲膏および中黄膏を構成する生薬に基づいたオイルを調製することを試みた。JはTPAで共刺激された角化細胞中のIL-8 産出に影響を及ぼさなかったが,強い細胞毒性を示した。鬱金で作ったオイルは角化細胞中のIL-8産出および細胞毒性を示した。鬱金および黄柏で作ったオイルはIL-8産出を抑える傾向を示した。Jのメタノール画分は細胞毒性を示さずIL-8産出を抑制した。ゴマ油や紫根で作ったオイルのメタノール画分は有意に角化細胞を増殖させたが,IL-8産出に影響を及ぼさなかった。以上よりJは角化細胞の炎症反応の調節を通じて皮膚炎を抑制する可能性があることが示された。紫雲膏や中黄膏に基づいたオイルがKshara Sutraによる手術を受けた患者に役立つ可能性がある。<br />An Ayurvedic medicated oil, Jatyadi Taila (J), is known to be used in Ayurveda (Indian traditional medicine), especially for anal fistula surgery involving the medicated thread Kshara Sutra. Although this surgical method has been introduced into Japan, the pharmacological efficacy, toxicity and postoperative care for J remain unclear. In this study, we investigated the effects of this oil on production of the chemokine interleukin (IL)-8 as well as cell proliferation in cultured human epidermal keratinocytes. We also attempted to create an oil for Kshara Sutra based on Kampo ointments such as shiunko and chuoko, instead of J. J itself did not affect IL-8 production in keratinocytes co-stimulated with TPA, but showed a strong cytotoxicity toward this cell line. Among the tested oils, oil of turmeric resulted in suppression of not only IL-8 production but also cell growth in cultured keratinocytes. Oil of turmeric and Phellodendri Cortex showed a tendency to suppress IL-8 production under the same condition. The methanol-eluted fractions of J suppressed IL-8 production without any significant cytotoxicity. The methanol fraction of the oil from sesame or Lithospermi Radix significantly enhanced the proliferation of keratinocytes without IL-8 production. These findings indicate that the Ayurvedic oil J may have potential for suppression of skin inflammation through regulation of the keratinocyte inflammatory response. It is further proposed that Japanese Taila based on shiunko and chuoko might be useful for Kshara Sutra surgery in patients. © 2012, Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU. All rights reserved. 続きを見る