1.

図書

図書
櫻井武, 澤明編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 2012.8
シリーズ名: 実験医学 ; 増刊 Vol.30 no.13 (2012)
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
研究代表者 櫻井武
出版情報: [金沢] : [櫻井武], 2001.3
シリーズ名: 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書 ; 平成11年度〜平成12年度
所蔵情報: loading…
3.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 化学と教育 = Chemical education.  56  pp.74-75,  2008-02-20.  日本化学会 = The Chemical Society of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/38220
4.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Juzen Medical Society.  122  pp.23-23,  2013-06-01.  金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/35527
概要: [巻頭言]
5.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Jûzen Medical Society.  119  pp.15-,  2010-03-01.  金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/24326
概要: 学会開催報告 / Reviews
6.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the Jûzen Medical Society.  117  pp.58-59,  2008-06-01.  金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/17301
概要: 研究紹介
7.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2008-2010  pp.6p.-,  2011-05-02.  金沢大学医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/46858
概要: We studied the physiological roles of the regulatory system of orexin-producing neurons. We examined the involvement of GABA_B receptors in the regulation of orexin neurons, by utilizing mice with a conditional deletion of the GABA_<B1> subunit in these neurons. The frequency of spontaneous fast TPSCs mediated by GABA_A receptors was markedly increased to compensate for an increase in orexin receptor-1 mediated excitation of local GABAergic interneurons. Sleep state analysis of the conditional GABA_<B1> knockout mice revealed that these mice displayed a robust fragmentation of the sleep/waking states. These observations suggest that pre- and postsynaptic GABA_B receptors in orexin neurons are essential for the normal regulation of orexin neuronal activity, and regulation of sleep/wakefulness states in vivo. We also revealed the involvement of BRS-3 in the regulation of orexin neuron. We also found that orexin-overexpresisng mice exhibit fragmentation of NREM sleep, suggesting the importance of inhibitory mechanisms of orexin neurons in maintenance of normal sleep. オレキシン産生ニューロンの制御システムとその生理的重要性について解析した。GABA-B受容体をオレキシンニューロン特異的に欠失させたマウスは睡覚醒・睡眠状態の高度な分断化を来たし、GABA-B受容体によるオレキシンニューロンの制御は生理的な覚醒・睡眠状態の維持に不可欠であることを明らかにした。また、オレキシンニューロンにオーファン受容体BRS-3が発現していることが明らかになり、オレキシンニューロンの制御システムにおけるオーファン受容体BRS-3の関与の可能性を示した。さらに、オレキシン過剰発現マウスでは睡眠の分断化がおこることを明らかにし、オレキシン産生ニューロンの制御システムの重要性が示唆された。<br />研究課題/領域番号:20390067, 研究期間(年度):2008–2010 続きを見る
8.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 平成21(2009)年度 科学研究費補助金 特定領域研究 研究成果報告書.  2008-2009  pp.6p.-,  2010-05-14.  金沢大学医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/46857
概要: We investigated the physiological roles of three neuropeputide systems in the regulation of emotional reaction and amygd ala function. We report here that neuropeptide B/W receptor1 (NPBWR1) plays a critical role in amygdala function mediating stress response and social behavior in both mice and humans. We have established QRFP-deficient mice for studying the role of this peptide in near future. 3種の新規神経ペプチドについて、扁桃体機能と情動の制御におけるそれぞれの役割を解明すべく研究を遂行した。ニューロペプチドBおよびWに関してはそれらの受容体NPBWR1の欠損マウスとヒトにおける多型の解析から、社会行動やストレス応答に関与していることが明らかになり、オレキシンは情動にともなう自律神経系の応答に強く関わっていることが明らかになった。QRFPに関しては、遺伝子欠損マウスを作成した。<br />研究課題/領域番号:20020010, 研究期間(年度):2008–2009 続きを見る
9.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 平成21(2009)年度科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2007-2009  pp.5p.-,  2010-04-05.  金沢大学物質化学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/46849
概要: 銅排出酵素系において特異的にCu(I)を酸化する酵素CueOから50残基のアミノ酸を除去し,有機基質に対する酸化活性を創製するとともに,触媒部位への配位アミノ酸への変異導入や水素結合の切断や形成によって、触媒機能を高めることに成功した。また ,CueOの組換え体および変異体を,生物燃料電池のカソード触媒やヘアカラー色素作成酵素としての利用することを可能とした。さらに,変異体の反応によって,酸素の4電子還元機構を明らかにし,反応に関与する非配位性の酸性アミノ酸を特定した。<br />研究課題/領域番号:19350081, 研究期間(年度):2007–2009 続きを見る
10.

論文

論文
櫻井, 武
出版情報: 平成15(2003)年度科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2001-2003  pp.15p.-,  2004-03-01.  金沢大学理学部
URL: http://hdl.handle.net/2297/46850
概要: The amino acid sequences of the two isozymes of Rhus vernicifera laccase were determined from their cDNA's and the amino acids to construct the four copper-binding sites and the N-type carbohydrate-binding sites were determined. Tree laccase was expressed as an inclusion body in E.coli. When Pichia pastoris was used as host, laccase was transcribed as mRNA but was not translated as protein. Therefore, laccase gene was designed and synthesized to be suitable for the heteologous expression of the tree enzyme in prokaryote and yeast. The novel heteologous expression system of bilirubin oxidase was constructed using Pichia pastoris as host. The recombinant enzyme obtained by using this overexpression system showed more than twice enzyme activity than the authentic enzyme, and also showed high thermostability, being suitable to use for the clinical test of liver. Various bilirubin oxidase mutants were formed using this novel expression system. The substitutions of the His residues for type 3 Cu's by the coordinating amino acids such as Lys and Asp gave mutants whose enzyme activities were much decreased. The mutation on the Asp residue positioned near the trinuclear center was fatal as to give the reduced Cu content. Therefore, it appears that this amino acid as a potential proton source is also indispensable to construct the trinuclear center. The mutation of Cys for type I Cu gave the mutant in which type 1 Cu site was vacant, allowing us to trap a reaction intermediate, dioxygen-reduced species, which was not detected during the reaction of the authentic enzyme. マルチ銅オキシダーゼは呼吸鎖の末端酸化酵素とともに酸素を4電子還元することのできる三核鋼部位を有している。基質から引き抜いた電子を酸素にトランスファーする過程において、活性酸素を系外に放出することなく水にまで変換することがこの酵素群の機能の特徴である。本研究ではまず、マルチ銅オキシダーゼのプロトタイプ酵素であるウルシラッカーゼのアミノ酸配列を初めて決定し、銅結合に関わるアミノ酸を特定した。次いで、ウルシラッカーゼの異種発現に挑戦し、大腸菌を宿主とし封入体を発現させた。また、酵母を宿主とする系の構築にも挑戦し、mRNAに転写させることに成功した。しかし、コドンの使用頻度の問題で、植物酵素を翻訳させることは困難であることが判明したので、大腸菌や酵母での発現に適した人工遺伝子を作成し、発現を試みているところである。一方、肝機能の検査に利用されているビリルビンオキシダーゼについても、酵母を宿主とする発現系に構築に挑戦し、大量発現系の構築に成功した。この組換え体は現在臨床検査に用いられている野生型酵素よりも活性が高く、また、安定性にも優れており、実用レベルに達していた。この異種発現酵素は野生型酵素とは幾分異なる磁気的性性質を示したが、1度ターンオーバーすると、野生型酵素と同じ休止状態に至ることがわかった。次いで、酸素結合部位および酸素の還元にかかわると思われるアミノ酸に変異導入した。タイプ3銅へのヒスチジン残基を配位性のアミノ酸に置換にしたところ、酵素活性は低下するが酵素活性は維持していることが判明した。また、酸素へプロトンを供給すると考えられるアスパラギン酸を変異させたところ、活性部位そのものが形成されないことから、このアミノ酸は構造形成にも寄与していることが判明した。さらに,タイプ1銅部位が空となった変異体を作成し、酸素還元中間体を長時間トラップすることに成功した。<br />研究課題/領域番号:13440194, 研究期間(年度):2001–2003, 平成15(2003)年度科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書を掲載 続きを見る