1.

図書

図書
高山輝彦, 水上勇治, 谷屋隆雄[著]
出版情報: 金沢 : 金沢電子出版 , 金沢 : 能登印刷出版部 (発売), [2009.3]
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
滝, 鈴佳 ; 利波, 紀久 ; 久田, 欣一 ; 富田, 勝郎 ; 水上, 勇治
出版情報: 核医学画像診断.  6  pp.52-55,  1992-02-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4179
概要: 金沢大学 核医<br />原著論文/症例報告
3.

論文

論文
水上, 勇治 ; 道岸, 隆敏 ; 湊, 宏 ; 野々村, 昭孝 ; 久富, 元治 ; 川岸, 徳子 ; 中村, 忍 ; 谷本, 一夫 ; 村, 俊成 ; 小野口, 昌久 ; 武村, 哲浩 ; 高山, 輝彦
出版情報: 金沢大学つるま保健学会誌.  26  pp.1-6,  2002-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6078
概要: 金沢大学 医学部 保健学科 放射線技術科学<br />1989年よりの5年間に施行された甲状腺穿刺吸引細胞診(FNA)は計1115件(患者総数647名)で,647名中,147名はその後甲状腺切除術が行われた.この147例について ,FNAによる術前診断と手術後の病理診断との対比を行い,FNA診断の精度に関する検討を行った."疑陽性"の結果を陽性群に算入した場合,FNAのSensitivity(感度)は82.3%,Specificity(特異性)は76.0%,Accuracy(正診率)は80.1%と良好な結果が得られた.FNAによる術前診断の困難な疾患はろ胞性腫瘍と慢性甲状腺炎であり,しばしば診断不一致例が認められた<br />原著論文/比較研究 続きを見る
4.

論文

論文
水上, 勇治 ; 道岸, 隆敏 ; 小野口, 昌久 ; 高山, 輝彦
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  24  pp.183-187,  2001-03-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6144
概要: 金沢大学 医 保健<br />58歳女.腫瘍は5.5×4×3.5cmで辺縁は明瞭,甲状腺左葉をほぼ置換していた.組織学的には高度の乳頭状の増殖パターンを示したが,乳頭癌を疑わせる核の所見は認められなかった .著明な血管浸潤が認められた.術後5年目に肺転移により死亡した<br />原著論文/症例報告 続きを見る
5.

論文

論文
水上, 勇治 ; 高山, 輝彦 ; 道岸, 隆敏
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  24  pp.179-182,  2000-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6161
概要: 金沢大学 医 保健科放射線診療技術科<br />甲状腺に隣接した鰓後体遺残物或いは胸腺組織が各々甲状腺の拡張性発育中に甲状腺内に取り込まれた64歳男及び30歳女を呈示した<br />原著論文/症例報告
6.

論文

論文
道岸, 隆敏 ; 水上, 勇治 ; 絹谷, 清剛 ; 横山, 邦彦 ; 利波, 紀久 ; 中川原, 寿俊 ; 野口, 昌邦 ; 中村, 忍 ; 辻, 志郎 ; 高山, 輝彦
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  20  pp.135-137,  1996-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6212
概要: 金沢大学 医 核医<br />原著論文/症例報告
7.

論文

論文
水上, 勇治 ; Mizukami, Yuji
出版情報: 平成21(2009)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2009 Fiscal Year Final Research Report.  2007-2009  pp.4p.-,  2010-04-30.  金沢大学保健学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049260
概要: 学習/記憶と深く係わり、またストレスによる精神障害に対する緩和作用があるシグマ受容体の変化を生体内で可視化することができる放射性シグマ受容体分子イメージング剤であるSPECT用放射性ヨウ素標識(+)p-iodovesamicol((+)-p IV)及びPET用の(+)-[^<11>C]p-methylvesamicol((+)-[^<11>C]PMV)を合成した。両イメージング剤ともシグマ受容体に対する親和性が高く、インビボで脳内のシグマ受容体に選択的に結合していることがわかった。以上のことから、SPECT及びPET用のシグマ受容体イメージング剤を用いた認知症やストレス性障害の早期診断・進行度診断や治療指針予測ができる可能性が示唆された。<br />研究課題/領域番号:19591405, 研究期間(年度):2007-2009 続きを見る
8.

論文

論文
水上, 勇治 ; Mizukami, Yuji
出版情報: 平成11(1999)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1999 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1998-1999  pp.14p.-,  2000-03.  金沢大学保健学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049261
概要: 本研究ではmixed medullary-follicular carcinomaの組織発生を明らかにするために臨床病理学的,形態学的,生化学的検討を行った.結果は次の様であった.1.臨床病理学的には,本症は通常の髄様癌に比し,1).男性に 多い(6:1 vs 1:1).2).より若年者に多い(平均年齢36歳 vs 44歳).3).予后が良好である(5年生存率100% vs 78%).などの特徴がみられ,通常の髄様癌とは異なる臨床病理学的性格を示唆するものであった.2.髄様癌,mixed medullary-follicular carcinomaおよび種々の疾患の人甲状腺組織を用い,カルシトニン,サイログロブリンmRNA発現,蛋白発現をnorthern blot法,in situ hybridization法,免疫組織化学法を用い検討した.3.Northern blot法については甲状腺組織よりのRNA抽出に不備があり,このためカルシトニン,サイログロブリンmRNAの定量的観察が出来なかった.しかしin situ hybridization法,免役組織化学法についてはほぼ一致した結果が得られた.4.In situ hybridization法,免役組織化学法ともに,mixed medullary-follicular carcinomaでは髄様癌部にカルシトニンmRNA,蛋白共に発現しており,一方濾胞癌の部分ではサイログロブリンmRNA,蛋白共に発現していた.5.しかし,mixed medullary-follicular carcinomaの腫瘍細胞において,カルシトニン,サイログロブリンmRNA,蛋白は同一細胞において同時の発現は認められなかった.6.甲状腺髄様癌,甲状腺腺腫,乳頭癌等においても腫瘍細胞にカルシトニン,サイログロブリンmRNA,蛋白レベルとも同時発現は観察されなかった.<br />We studied to clarify the histogenesis of mixed medullary-follicular carcinoma of the thyroid using methods of clinicopathology, immunohistochemistry, in situ hybridization and northern blot. The results are as follows :1). Clinicopathologically, mixed medullary-follicular carcinomas are more frequently occurs compared with usual medullary carcinoma : in male patients (6 : 1 vs 1 : 1), in younger patients (36yrs vs 44yrs) and with better prognosis (100% vs 78% in 5-year survival).2). We failed to detection of calcitonin and thyroglobulin mRNA using northern blot, probably due to error of extraction of mRNA from thyroid tissues.3). Using in situ hybridization and immunohistochemistry, mRNA and protein of calcitonin or thyroglobulin are detected in mixed medullary-follicular carcinoma.4). We initially expected that mRNA or protein of calcitonin and thyroglobulin are concomitantly express in tumor cells of mixed medullary-follicular carcinoma. However, in the present study, such a concomitant expression of calcitonin and thyroglobulin in the same tumor cell was not observed.5). The concomitant expression of calcitonin and thyroglobulin was not observed in usual medullary carcinomas and other types of thyroid cancers.We will continue intensively the research for clarification of histogenesis of medullary-follicular carcinoma of thyroid.<br />研究課題/領域番号:10670156, 研究期間(年度):1998-1999 続きを見る
9.

論文

論文
水上, 勇治 ; Mizukami, Yuji
出版情報: 平成9(1997)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1997 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1996-1997  pp.15p.-,  1998-03.  金沢大学保健学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049262
概要: 今回の研究において私達は種々疾患の甲状腺組織を用いノーザンブロット法,in situ hybridization法および,モノクローナル抗体TSH受容体を用いた免疫組織化学的染色法を行いTSH受容体遺伝子のmRNAレベルと蛋白レベルにおける 発現状態を検索し,種々の甲状腺疾患における甲状腺濾胞細胞でのTSH受容体発現と濾胞細胞の機能さらに甲状腺ホルモン全体におよぼす影響を検討した.A.材料.1996年から1997年にかけて金沢大学第2外科にて手術で得られた甲状腺組織を対象とした.組織は切除後直ちに凍結して-80℃に保存された.B.プローブと抗体.TSH受容体遺伝子の検索に用いたプローブはTSH receptor cDNA vectorである。免疫組織化学染色に用いた抗体はマウス抗TSH受容抗体であり,これらはParis South大学Dr.E.Milgromより供与された.C.結果1.種々の疾患の人甲状腺組織を用い、TSH受容体遺伝子のmRNA発現、蛋白質発現をnothernblot法,in situ hybridization法,免疫組織化学法用い検討した.2.これら3種の方法を用いたTSH受容体発現は各疾患別にみてほぼ一致して結果が得られた.3.バセドー病甲状腺ではmRNAレベル,蛋白レベル共に発現が高度に増加し,バセドー病甲状腺におけるTSH受容体のup-regulation機構が作動していることが推測された.4.非機能性の甲状腺腺腫,乳頭癌においてもTSH受容体はmRNAレベル,蛋白レベルで発現が増加していた.5.未分化癌のTSH受容体はmRNAレベル,蛋白レベル共に発現が認められなかった.<br />In the present study, we investigated TSH-receptor expression in hyman thyroids using immunohistochemistry, in situ hybridization and northern blot. The relationship between the TSH-receptor expression and the thyroid function were examined.A.Materials and MethoedsThe surgically resected thyroid tissues of various thyroid diseases were used in this study. The thyroid specimens were immediately frozed at -80C and stored. The TSH-receptor cDNA vector and the anti-human mouse monoclomnal antibody against TSH-receptor protein were used. These were kindly supplied by Dr.E.Milgrom (paris South University, France).B.ResultsThe obtained results were as follows :1. The immunohistochemical, in situ hybridization and northern blot study showed the same results in the expression of TSH-receptor in human thyroids of each case. examined.2. In Graves' thyroids, the elevated TSH-receotor expression was observed in both of protein level and mRNA level. This finding supported the theory that the up-regulation mechanism of TSH-receptor is one of the major causes of Graves' hyperthyroidism.3. In the thyroid adenomas and the carcinomas which are functionally inactive, the elevated TSH-receptor expression was observed in the protein level and mRNA level.4. In the undifferentiated thyroid carcinomas, The TSH-receptor expression was not detected in the protein level and mRNA level.<br />研究課題/領域番号:08670196, 研究期間(年度):1996-1997 続きを見る
10.

論文

論文
水上, 勇治 ; Mizukami, Yuji
出版情報: 平成6(1994)年度 科学研究費補助金 一般研究(C) 研究成果報告書 = 1994 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1993-1994  pp.8p.-,  1995-03.  金沢大学保健学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049263
概要: 甲状腺濾胞細胞におけるTSH受容体は、甲状腺濾胞細胞の機能と増殖をコントロールする最も重要な膜受容体である。最近慢性甲状腺炎、グレブス病患者において患者血中にTSH受容体に対する自己抗体が存在することが知られ、これにはblocking ty peとstimulating typeがあり、共に患者の甲状腺機能に深く関与している。また甲状腺癌においてもTSH受容体が存在し、癌の増殖、進展に深く関与していることが明らかとされている。しかしこのTSH受容体の分子構造や性状については十分に解明されておらず、また形態学的にも、TSH受容体の濾胞細胞での存在部位、種々の甲状腺疾患におけるTSH受容体の量的及び局在の変化については、現在まで全く明らかとされていなかった。本研究では、フランス国立内分泌研究所Milgrom教授より供与された、この人TSH受容体β-subunit蛋白に対するモノクロナール抗体を用い、甲状腺組織におけるTSH受容体の局在、分布に関する免疫組織化学的検討を行ってきた。その結果、TSH受容体は甲状腺濾胞細胞の基底側細胞膜に存在し、その蛋白量は甲状腺腺腫、癌で正常甲状腺に比し増加し、さらにGraves病甲状腺では極めて増加していることを明らかとした。このことは腺腫、癌でTSH受容体が保たれていること、又グレブス病甲状腺ではTSH受容体がup-regulateされ、これがGraves病における甲状腺機能亢進の病因の一つとなっている可能性を示唆するものであった(Mizukami Y.et al.J Clin Endocrinol Metab.79:616,1994)。さらに私達はTSH受容体の発現を蛋白レベルのみならず、さらにmessenger RNAレベルでも検討し、免疫組織化学的に得られた結果をさらに検証すべきと考え、現在western blotting法およびin situ hybridization法を用いて検討中である。<br />The TSH-receptor plays a key role in the control of thyroid function and proliferation. To demonstrate this receptor in normal and diseased human thyroid tissues, we performed an immunohistochemical analysis using a monoclonal antibody (T3-356) against recombinant human TSH receptor protein, which recognizes an epitope within the fragment in position 604-764 of human TSH-receptor (C-terminal region) .In normal human thyroid tissues, a positive staining was observed exclusively along the basal cell surface of the flattened follicular cells. In the tissues from adenomatous nodules, adenomas and papillary carcinomas, a positive staining was also found along basal cell surface of the follicular cells, and in addition, a considerable cytoplasmic staining was also observed. Apical and lateral cell surface of the follicular cells showed no staining. The staining intensity was more intense in the papillary carcinomas and follicular adenomas, and it was less intense in the oxyphilic cell adenom as and adenomatous nodules compared with the normal thyroid tissues. The foci of squamous cell metaplasia of papillary carcinomas, anaplastic carcinoma and medullary carcinoma did not show a positive staining. These findings indicate that TSH-receptor is preserved essentially in the basal cell surface of the thyroid follicular cells in neoplastic conditionsThree cases of Graves' disease had been preoperatively treated with anti-thyroid drugs, but were still hyperthyroid at surgery. The positive staining was also observed along the basal cell surface of the follicular cells from Graves' thyroids. The staining intensity was significantly increased in the Graves' thyroids compared with the normal thyroids. The most intense staining was noted in the foci of papillary projection of the columnar follicular cells of the Graves' thyroids. This immunohistochemical finding suggested that the number of TSH-receptors was increased in Graves' thyroids and that a down-regulatory mechanism of TSH-receptor may not be present in Graves' thyroids despite of the continuous stimulation of the thyroid follicular cells by the presence of stimulatory-type autoantibodies against TSH-receptor. Such findings may explain how stimulatory-type autoantibodies are able to act as a stimulator and maintain increased thyroid hormone production in Graves' disease.Further investigation using western blotting and in situ hybridization for quantitative analysis of TSH-receptor protein is performed.<br />研究課題/領域番号:05670169, 研究期間(年度):1993-1994 続きを見る