1.

図書

図書
研究代表者 浅川直紀
出版情報: [金沢] : [浅川直紀], 2008.5
シリーズ名: 科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書 ; 平成18年度~平成19年度
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
松井, 良雄 ; 浅川, 直紀 ; 岩森, 暁
出版情報: 工学・工業教育研究講演会講演論文集.  pp.109-110,  2004-07-30.  日本工学教育協会 = Japanese Society for Engineering Education
URL: http://hdl.handle.net/2297/32569
3.

論文

論文
霍, 達 ; 河上, 奏太 ; 白井, 啓順 ; 小林, 佳介 ; 落合, 良基 ; 浅川, 直紀
出版情報: 学長研究奨励費研究成果論文集.  9  pp.58-63,  2013-08-01.  金沢大学 Kanazawa University / 金沢大学学生部学務課教務係
URL: http://hdl.handle.net/2297/35555
4.

論文

論文
岡田, 将人 ; 細川, 晃 ; 浅川, 直紀 ; 藤田, 祐介 ; 上田, 隆司
出版情報: Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C.  78  pp.3093-3013,  2012-01-01.  日本機械学会 = Japan Society of Mechanical Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/32477
概要: The effect of minimum quantity lubrication (MQL) method in end milling of stainless steel and titanium alloy that are typical difficult-to-cut materials with coated carbide tool is investigated. The effect is mainly evaluated by tool flank temperature, cutting force and tool wear behavior. The tool flank temperature is measured using a two-color pyrometer with an optical fiber having small measurement area and high response speed under non-contact condition with tool. In MQL cutting of SUS304 and Ti-6A1-4V at cutting speed v=25m/min, the tool flank temperature decreases approximately 50°C and 100°C than the case of dry cutting respectively, and the effect of MQL on tool flank temperature is especially obtained in low-speed cutting. On the other hand, the tool flank temperature in MQL cutting of Ti-6A1-4V is higher than the case of dry cutting in cutting speed v=100m/min or more. In the high-speed cutting of Ti-6A1-4V, it is observed that the several chips adhere on the rake face of cutting edge. In addition, the output voltages from detector are obtained when the adhesion chips on the cutting edge pass through the measurement area of two-color pyrometer. In the case of the SUS304, the feed and thrust force are decreased by the supplying oil mist in high speed cutting. The generation of micro-crack at cutting edge is contained by applying MQL even high speed cutting of Ti-6A1-4V that is not obtained the effect of temperature decreasing. © 2012 The Japan Society of Mechanical Engineers. 続きを見る
5.

論文

論文
河合, 隆光 ; 宮野, 公信 ; 浅川, 直紀 ; 平尾, 政利
出版情報: 精密工学会学術講演会講演論文集.  209A  pp.647-648,  2009-01-01.  精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering
URL: http://hdl.handle.net/2297/46848
概要: 本研究では,対象をびびり振動に絞り,びびり振動下における工具摩耗と通常切削における工具摩耗を比較し,工具磨耗の増大する要因をびびり振動に絞り,びびり振動の各パラメータが工具摩耗に与える影響を検証することを目的とする.<br /> 出版者照会後に全文公開 続きを見る
6.

論文

論文
宮野, 公伸 ; 牛島, 大輔 ; 平尾, 政利 ; 浅川, 直紀
出版情報: 精密工学会学術講演会講演論文集.  2010S  pp.65-66,  2010-01-01.  精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering
URL: http://hdl.handle.net/2297/45053
概要: 本研究は,従来,各種金属材料や石材等の切断加工に適用されてきたアブレイシブジェットによる曲面への研磨加工を提案するものである.これまで金型材の平面部の研磨を行い0.058μm(Ra)程度の表面粗さを達成してきたが,本報では,アブレイシ ブジェットの噴流と試験片(丸溝形状)との入射角に着目した実験を行ったので,その結果について報告する. 続きを見る
7.

論文

論文
井澤, 正樹 ; 井口, 信明 ; 浅川, 直紀 ; 平尾, 政利 ; 片山, 裕典
出版情報: 精密工学会学術講演会講演論文集.  2003A  pp.218-218,  2003-01-01.  精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering
URL: http://hdl.handle.net/2297/45020
概要: 超砥粒ホイールの需要が増加するに伴い種々のドレッシング法が各方面から考案・研究されている.本研究では,加工中に砥石使用面にウォータージェットを噴射することによりインプロセスドレッシングを実現することを目的とした.メタルボンドcBNホイールを 用い被削材はチタン合金とし実験を行った.これらは非常に目詰まりを起こし易い組み合わせであったが,粒度#1000のホイールにおいても良好な研削を行うことが出来た. 続きを見る
8.

論文

論文
浅川, 直紀
出版情報: 精密工学会誌 = Journal of the Japan Society of Precision Engineering.  80  pp.735-739,  2014-01-01.  The Japan Society for Precision Engineering = 精密工学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/39727
9.

論文

論文
鬼頭, 亮太 ; 高杉, 敬吾 ; 浅川, 直紀 ; 岡田, 将人
出版情報: 精密工学会学術講演会講演論文集 = JSPE Conference.  2015S  pp.767-768,  2015-01-01.  精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering
URL: http://hdl.handle.net/2297/45540
概要: 工具経路生成の計算時間の短縮はCAM開発において重要な課題である.本研究ではメッシュで表現されたモデルに対して,プログレッシブメッシュを応用した工具依存プログレッシブメッシュを適用した.これは3Dモデルを簡略化する際の履歴を階層構造で保存し ,工具軸方向を考慮し詳細化することで的確にメッシュ数を削減し安全に工具経路生成計算時間の短縮できる方法であり,この方法を適用した結果を報告する. 続きを見る
10.

論文

論文
鬼頭, 亮太 ; 高杉, 敬吾 ; 浅川, 直紀 ; 岡田, 将人
出版情報: 精密工学会学術講演会講演論文集 = JSPE Conference.  2013A  pp.87-88,  2013-01-01.  精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering
URL: http://hdl.handle.net/2297/45541
概要: 本研究では,工具経路生成計算時間を短縮するための手法について提案する.複雑な3Dモデルに対する工具経路生成過程において工具と工作物の干渉回避は必須であり,その計算時間の短縮はCAMアプリケーション開発において重要な課題である.本研究では,幾 何表現された3Dモデルを一度メッシュ表現へと変換し,メッシュ簡略化手法を適用することによって工具経路生成時間の短縮化をはかる方法を提案する. 続きを見る