1.

論文

論文
田中, 俊之
出版情報: 金沢大学歴史言語文化学系論集 史学 ・ 考古学篇 = Studies and Essays : History and Archaeology.  pp.29-52,  2017-03-25.  金沢大学歴史言語文化学系: The Faculty of Letters Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/47451
2.

論文

論文
田中, 俊之
出版情報: 金沢大学歴史言語文化学系論集 史学・考古学篇 = Studies and Essays : History and Archaeology.  pp.103-128,  2014-03-22.  金沢大学歴史言語文化学系紀要委員会:The Faculty of Letters Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/36963
3.

論文

論文
田中, 俊之
出版情報: 金沢大学歴史言語文化学系論集 史学・考古学篇 = Study and Essays : History and Archaeology.  4  pp.141-222,  2012-03-25.  金沢大学歴史言語文化学系紀要編集委員会 ; The Faculty of Letters Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/30452
4.

論文

論文
田中, 俊之
出版情報: 金沢大学歴史言語文化学系論集 史学・考古学篇 = Study and Essays : History and Archaeology.  3  pp.165-256,  2011-03-25.  金沢大学歴史言語文化学系紀要編集委員会 ; The Faculty of Letters Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/27132
概要: 金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系
5.

論文

論文
田中, 俊之
出版情報: 金沢大学歴史言語文化学系論集 史学・考古学篇 = Study and Essays : History and Archaeology.  2  pp.143-178,  2010-03-25.  金沢大学歴史言語文化学系紀要編集委員会 = The Faculty of Letters Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/23815
6.

論文

論文
田中, 俊之
出版情報: 金沢大学大学教育開放センター紀要.  27  pp.39-51,  2007-12-28.  金沢大学大学教育開放センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/9612
7.

論文

論文
田中, 俊之 ; Tanaka, Toshiyuki
出版情報: 平成26(2014)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2013-04-01 - 2016-03-31  pp.6p.-,  2016-05-13.  金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00056800
概要: 本研究は,スイスの国家形成の過程にハプスブルク家や在地の貴族層がどのように関係づけられるのかを,地域秩序のあり方を視点に考察したものである。ハプスブルク家や在地貴族は,通説が前提とするような,スイスの国家形成にとっての阻害要因だったのか?本 研究では,15世紀後半以降について史料が示す「宮廷裁判」の機能に着目し,スイス北西部においてはなおハプスブルク家が在地貴族ともども地域秩序の形成に主導力を発揮し,敵対関係にあったと考えられている都市バーゼルとも依存関係にあったことを明らかにした。<br />研究課題/領域番号:25370854, 研究期間(年度):2013-04-01 - 2016-03-31 続きを見る
8.

論文

論文
田中, 俊之 ; Tanaka, Toshiyuki
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2010-2012  pp.5p.-,  2013-05-17.  金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00056801
概要: 本研究は,スイスの国家形成における特徴を中世後期の都市・農村関係に注目して考察したものである。スイスでは有力都市による領域形成が国家形成の土台となりえたが,その際,都市は農村領域をどのように統合しえたのか。本研究では,都市バーゼルによって統 合された農村領域を対象に考察した。その結果,バーゼルは旧来の農民自治の構造をそのまま継承して領域形成の基盤としたこと,農民自治組織のあり方には旧ハプスブルク系貴族の影響力が強く働いていたことなどが明らかになった。<br />I analyzed the characteristics of the state building in Switzerland from the perspective of the relations between cities and villages areas in the late Middle Ages. The formation of the territory by the leading cities could make up the base of the state building in Switzerland. Then, how could the cities integrate villages areas? This study focused on the villages areas integrated by the city of Basle. As a result, it became clear that the succession to the old structure of the autonomy of the peasants laid the foundation of the formation of the territory for Basle and that the autonomous organization of the peasants was under the great influence of the nobility who had had relation to the House of Habsburg.<br />研究課題/領域番号:22520740, 研究期間(年度):2010-2012 続きを見る
9.

論文

論文
田中, 俊之 ; TANAKA, Toshiyuki
出版情報: 金沢大学歴史言語文化学系論集 史学 ・ 古学篇 = Studies and Essays : History and Archaeology.  pp.69-90,  2019-03-25.  金沢大学歴史言語文化学系 — The Faculty of Letters Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/00055061
10.

論文

論文
田中, 俊之 ; Tanaka, Toshiyuki
出版情報: 平成30(2018)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report.  2016-04-01 - 2019-03-31  pp.5p.-,  2019-05-15.  金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00056799
概要: 本研究は,13世紀末から15世紀末にかけてハプスブルク家によって展開された前方オーストリア政策を視点に,スイスの国家形成の過程にハプスブルク家や在地貴族がどのように関係づけられるのかを考察したものである。特に,ハプスブルク家による上からの抑 圧的封建支配vs.農民による下からの自由獲得のための闘争といったこれまで好まれた構図を見直し,1300年前後のスイス中央山岳地域でのスイス史の前提的現象の再検討,また15世紀後半におけるハプスブルク家による地域秩序の形成とそれへの上部ライン貴族の関与についての考察により,新たなスイス史像に一定の展望を得た。<br />I analyzed the existence form of the Habsburgs and the local nobility in the formative process of the Swiss Confederacy from the viewpoint of the policy in front of Austria spread out by the Habsburgs from the end of the 13th century to the end of the 15th century. Especially with the intention of reconsidering the favorable plot that the peasants who work hard to acquire the freedom directly opposed to the oppressive feudal control by the Habsburgs, I reexamined the incidents in a mountainous region of central Switzerland around 1300 as precondition of the Swiss history and investigated the formation of the regional order by the Habsburgs and the cooperative local nobility in the upper Rhine. And I got a definite prospect for the new image of the Swiss history.<br />研究課題/領域番号:16K03110, 研究期間(年度):2016-04-01 - 2019-03-31 続きを見る