1.

図書

図書
山本郁男 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2008.12
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
林, 宏成 ; 佐々木, 千鶴 ; 国本, 浩喜 ; 前田, 史郎 ; 細井, 信造 ; 桑江, 彰夫 ; 花井, 一彦
出版情報: Bunseki Kagaku = 日本分析.  54  pp.799-805,  2005-01-01.  日本分析化学会 = Japan Society for Analytical Chemistry
URL: http://hdl.handle.net/2297/14504
概要: 金沢大学理工研究域物質化学系<br />ダブシルクロリド(Dabs-Cl)は,高速液体クロマトグラフィーなどによるタンパク質分析の際のアミノ酸標識剤である.著者らは,Dabs-Clで標識された一連のダブシル化アミノ酸(Dabs- AA)を合成し,紫外可視吸収スペクトル及び円二色性(CD)スペクトルを測定し,Dabs-AAの水溶液中での会合挙動を検討した.希薄水溶液では,Dabs-AAの可視部の吸収はジメチルアミノアゾベンゼン色素特有のpH依存性を示す.Dabs-AAの濃度上昇に伴い,500 nm付近のDabs-AAのモノマー由来の吸収は減少し,360~400 nm領域にダイマーに由来するピークが観測される.ダイマーの形成は共溶媒として用いたジメチルスルホキシド濃度,溶液温度及びアミノ酸側鎖(R)に依存する.Dabs-L-Pheの363 nmに観測されるダイマーの吸収帯に対応して,379 nmに負の第一コットン効果,359 nmに正の第二コットン効果をもつ強い誘起分裂型CDスペクトルが観測された.これらの結果から水溶液中では,Dabs-L-Pheは負のキラリティーを示す配向でダイマーを形成していることが示唆された.    A series of dabsylated amino acids (Dabs-AA) were prepared and their aggregation behavior in aqueous solution was studied by UV/Vis absorption and CD spectroscopies. Dabs-AAs show pH- dependent absorption in the visible region, characteristic of the dimethylamio azobenzene chromophore in a dilute aqueous solution. Upon increasing the concentration of Dabs-AAs, the visible absorption around 500 nm of the Dabs-AA monomer decreased its intensity, and a new band due to the Dabs-AA dimer appeared in the 360-400 nm region. Dimer formation depended on the DMSO co-solvent concentration, the solution temperature and the R-groups of amino acids. A split-type induced CD spectrum was observed for the dimer absorption band of Dabs-L- Phe at 363 nm: a negative first Cotton effect at 379 nm and a positive second Cotton effect at 359 nm. These results indicate that a pair of Dabs-L-Phe molecules were stacked with negative exciton chirality. © 2005 The Japan Society for Analytical Chemistry. 続きを見る