1.

論文

論文
仲田, 浩規 ; 若山, 友彦 ; 西内, 巧 ; 井関, 尚一
出版情報: Acta Histochemica et Cytochemica.  45  pp.47-56,  2012-01-01.  Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry = 日本組織細胞化学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/30293
概要: The cell adhesion molecule-1 (Cadm1) is a member of the immunoglobulin superfamily. In the mouse testis, Cadm1 is expres sed in the earlier spermatogenic cells up to early pachytene spermatocytes and also in elongated spermatids, but not in Sertoli cells. Cadm1-deficient mice have male infertility due to defective spermatogenesis, in which detachment of spermatids is prominent while spermatocytes appear intact. To elucidate the molecular mechanisms of the impaired spermatogenesis caused by Cadm1 deficiency, we performed DNA microarray analysis of global gene expression in the testis compared between Cadm1-deficient and wild-type mice. Out of the 25 genes upregulated in Cadm1-deficient mice, we took a special interest in myelin protein zero-like 2 (Mpzl2), another cell adhesion molecule of the immunoglobulin superfamily. The levels of Mpzl2 mRNA increased by 20-fold and those of Mpzl2 protein increased by 2-fold in the testis of Cadm1-deficient mice, as analyzed with quantitative PCR and western blotting, respectively. In situ hybridization and immunohistochemistry demonstrated that Mpzl2 mRNA and protein are localized in the earlier spermatogenic cells but not in elongated spermatids or Sertoli cells, in both wild-type and Cadm1-deficient mice. These results suggested that Mpzl2 can compensate for the deficiency of Cadm1 in the earlier spermatogenic cells. © 2012 The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry.<br />金沢大学大学院医学系研究科 仲田 浩規 学位論文 / Thesis of Hiroki Nakata 続きを見る
2.

論文

論文
遺伝子研究施設 ; 西内, 巧 ; 堀家, 慎一 ; 西山, 智明 ; 浅野, 雅秀 ; 浅野, 智哉 ; 加藤, 智朗 ; 富樫, 真紀 ; 森, 美紀 ; 松井, 由美子
出版情報: 学際科学実験センター外部評価報告書.  pp.3-20,  2013-07-01.  金沢大学学際科学実験センター / 金沢大学 Kanazawa University
URL: http://hdl.handle.net/2297/35559
3.

論文

論文
西内, 巧 ; Nishiuchi, Takumi
出版情報: 平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2014-04-01 - 2017-03-31  pp.6p.-,  2017-06-12.  金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設
URL: http://hdl.handle.net/2297/00052415
概要: 植物病原糸状菌であるムギ類赤かび病菌は、作物に減収だけでなくかび毒汚染による質的な被害をもたらす。本研究では、本菌に罹病性のシロイヌナズナを用いて、植物の抵抗性やかび毒解毒に関わる候補遺伝子の発現を改変させた形質転換体を解析し、抵抗性を顕著 に向上させる2遺伝子、かび毒を低減化させる2遺伝子を同定した。これらの遺伝子を効果的に組合せることで、赤かび病による病徴とかび毒蓄積を共に低減化し得る植物の作出が期待された。<br />研究課題/領域番号:26450053, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
4.

論文

論文
西内, 巧 ; Nishiuchi, Takumi
出版情報: 平成25(2013)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2011-2013  pp.4p.-,  2014-06-05.  金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設
URL: http://hdl.handle.net/2297/00052416
概要: 植物の環境ストレス応答には、タンパク質のリン酸化リレーでシグナルを伝達するMAPK(mitogen-activated protein kinase)カスケードが中心的な役割を担っている。MAPKカスケードでは、MAPKKK→MA PKK→MAPKと順次リン酸化され、シロイヌナズナのMAPKK及びMAPKについては機能解明が進んでいるが、MAPKKKのほとんどは機能未知である。本研究では、シロイヌナズナのMAPKKKの1つであるMKD1により制御されるMAPKカスケードを明らかにし、赤かび病菌等の植物病原菌に対する抵抗性に重要な役割を担うことを明らかにした。<br />研究課題/領域番号:23580060, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る