1.

論文

論文
稲田, 陽 ; 西, 耕一 ; 朝本, 明弘 ; 車谷, 宏 ; 笠原, 寿郎 ; 藤村, 政樹
出版情報: Japanese Journal of Lung Cancer = 肺癌.  42  pp.293-297,  2002-08-20.  Japanese Lung Cancer Society = 日本肺癌学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/20410
概要: 金沢大学医薬保健研究域医学系<br />Background. Lung adenocarcmoma metastasis to the uterus and uterine appendages is rare. Case. Right middle lobectomy for a lung adenocarcinoma was performed in a 52-year-old woman. In 1995, she underwent intralesional chemotherapy, because of recurrence in the right pleura. During follow-up, she was reported in 1999 to have the right axillary lymph node enlargement, which was found to be metastasis of the adenocarcinoma. On immunohistochemical examination, the specimen showed staining positive for surfactant apoprotein-A. We performed resection of uterus and its appendages, suggesting ovarian tumor. Resected uterus and its appendages showed widespread metastasis and the tumor cells showed positive staining for surfactant apoprotein-A. The primary lung tumor resected 15 years previously was also found to be positive for surfactant protein. Conclusion. We concluded that the tumor of the uterus and its appendages was metastasis from the primary lung adenocarcinoma resected 15 years previously. 背景.肺癌の遠隔転移の中でも子宮および子宮付属器への転移は稀とされている.症例.67歳女性.52歳時に右中葉原発性肺腺癌のため右中葉切除術を受けた.1995年に同側胸膜に肺癌の再発を認め,抗癌剤の胸腔内投与を受けた.その後画像上大きな変化を認めなかったが,1999年2月頃より右腋窩リンパ節腫脹を認め,リンパ節生検を施行した.H.E.染色およびsurfactant apoprotein-Aの免疫染色にて肺腺癌のリンパ節転移と診断された.さらに両側卵巣および子宮漿膜への遠隔転移も明らかとなり,surfactant apoprotein-Aの免疫染色も陽性であった.15年前の原発巣は中分化型乳頭状腺癌であり,II型肺胞上皮細胞とクララ細胞が主体である混合型であった.surfactant apoprotein-Aの免疫染色も陽性であった.結論.肺癌の術後15年の経過の後,子宮および子宮付属器への転移を認めたことは臨床的に興味深く報告する. 続きを見る
2.

論文

論文
湊, 宏 ; 中沼, 安二 ; 野々村, 昭孝 ; 車谷, 宏
出版情報: 胆と膵 = The Biliary tract & pancreas.  21  pp.277-285,  2000-04-01.  医学図書出版
URL: http://hdl.handle.net/2297/40395
概要: ss浸潤胆嚢癌の病理診断について, RAS内進展癌(m-RASss)との鑑別を中心に記載した. RAS内進展癌は上皮内癌と考えられ, その組織学的特徴は粘膜固有層と同質のRAS周囲物質を伴っている点にある. RAS周囲間質は細網線維と線維芽 細胞, 弾性線維などが混在した疎性結合織よりなり, RASを層状に取り囲む. 比較的規則的に分布する毛細血管を豊富に含んでおり, 粘膜と同程度のリンパ球浸潤がみられる. RAS内進展癌はこれらの特徴を保ち, 時に上皮のfront形成がみられる. 浸潤癌では腺管周囲間質の線維増生(desmoplasia)がみられ, 漿膜下間質との境界が不明瞭となる. 脈管侵入の有無や基底膜, 周囲間質の変化をみるには特殊染色や免疫染色も有用である. その他, 両者の鑑別には, 肉眼像や組織の全体像, 癌腺管の形態や, 深さなど総合的に判断することが大切である. 続きを見る
3.

論文

論文
車谷, 宏
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  96  pp.46-57,  1987-02-20.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/7918
4.

論文

論文
上野, 恭一 ; 清水, 博志 ; 池田, 正寿 ; 常塚, 宣男 ; 佐藤, 日出夫 ; 車谷, 宏
出版情報: 核医学画像診断.  14  pp.15-18,  1999-11-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4241
概要: 石川県立中央病院 核医学科<br />原著論文/症例報告