1.

図書

図書
野島孝之, 小田義直編集
出版情報: 東京 : 文光堂, 2016.5
シリーズ名: 腫瘍病理鑑別診断アトラス
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
野島, 孝之 ; Nojima, Takayuki
出版情報: 平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report.  2009-2011  pp.4p.-,  2012-05-15.  金沢大学附属病院整形外科 / 金沢医科大学
URL: http://hdl.handle.net/2297/00055789
概要: ATBF1(AT-motif binding factor 1)はα-fetoproteinの転写制御因子として発見されたが、その後、神経や筋の分化制御に関わったり、種々の癌で癌抑制遺伝としての働きがある。骨軟部腫瘍を中心にAT BF1の発現や働きを解析しようと試みた。その結果、良性、低悪性度の骨軟部腫瘍群では免疫組織学的に核陽性を示す症例が多かったのに対して、高悪性度群では核に陽性を示す症例は少なかった。核陰性群は核陽性群に比し、悪性度が高く、癌細胞の悪性度診断を早期に行うことができる可能性を示唆している。<br />ATBF1(AT-motif binding factor 1) was discovered as a transcriptional regulator of α-fetoprotein. Thereafter, ATBF1 had a regulatory mechanism of a neuronal and skeletal muscular differentiation, and was a homeotic transcriptional regulatory factor identified as a tumor suppressor gene. We analyzed an immunohistochemical expression and function of ATBF1 on bone and soft tissue tumors. As a result, nuclear staining was observed in most cases of benign or low grade malignant tumor groups, however, in high grade malignant tumor group, one case showed nuclear positivity. Comparing nuclear staining negative group with nuclear staining positive group, we can imply that ATBF1 expression may have potential as a prognostic indicator for bone and soft tissue tumors. 続きを見る
3.

論文

論文
Wang, Xiao-ming ; 東, 光太郎 ; 綾部, 浩一郎 ; 元村, 有紀子 ; 大口, 学 ; 山本, 達 ; 飯田, 隆昭 ; 飯塚, 秀明 ; 野島, 孝之
出版情報: 核医学画像診断.  13  pp.2-5,  1998-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4230
概要: 金沢医科大学 放射線<br />原著論文/症例報告