1.

論文

論文
伊藤, さつき ; 石崎, 純子 ; 小柴, 美紀恵 ; 五十嵐, 康郎 ; 長田, 直人 ; 菅, 幸生 ; 西村, 良成 ; 前馬, 秀明 ; 小泉, 晶一 ; 中尾, 眞二 ; 横川, 弘一 ; 崔, 吉道 ; 宮本, 謙一
出版情報: 医療薬学.  36  pp.213-219,  2010-01-01.  日本医療薬学会 = Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences
URL: http://hdl.handle.net/2297/36917
概要: The purpose of this study was to investigate whether the trough plasma concentration of voriconazole (VRCZ) in the steady-state (Cmin) influences efficacy and safety in adult and pediatric patients. Treatment was successful in 75% of pediatric patients and 56% of adult patients,and there was no association between Cmin and efficacy.However,liver dysfunction occurred more frequently in the case that Cmin was over 4μg/mL in both adult and pediatric patients.Also,pediatric patients,especially those younger than 2 years,required a higher dose of VRCZ than adults to achieve a similar Cmin. We concluded that the use of VRCZ at a constant dose over a long period may lead to an increase in Cmin.Therefore,careful,continuous monitoring of the Cmin of VRCZ is necessary for pediatric patients,particularly recipients of hematopoietic stem cell transplantation. 続きを見る
2.

論文

論文
長田, 直人 ; Nagata, Naoto
出版情報: 平成26(2014)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書.  2013-04-01 - 2015-03-31  pp.4p.-,  2015-05-26.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051822
概要: 近年、高脂肪食や運動習慣の欠如を背景として、脂肪肝炎(NASH)が急増している。本研究の目的は、過栄養状態の肝臓において発現が亢進するSrc homology phosphatase 2 (Shp2)が肝臓の脂肪蓄積と炎症の誘導・維持をいか に制御しているかを明らかにすることである。本研究によって、1)肝臓特異的Shp2欠損マウスは、特殊飼料による肝臓への脂肪蓄積と炎症を著明に抑制した。2)Shp2阻害剤の投与は特殊飼料による脂肪肝炎を部分的にではあるが改善することが明らかとなった。従って、Shp2が脂肪肝炎の新しい治療標的分子となりうる所見が得られたと考える。<br />研究課題/領域番号:25860526, 研究期間(年度):2013-04-01 - 2015-03-31 続きを見る
3.

論文

論文
長田, 直人 ; Nagata, Naoto
出版情報: 平成21(2009)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2009 Fiscal Year Final Research Report.  2008-2009  pp.4p.-,  2010-03-31.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051823
概要: 高コレステロール食によって作成した脂肪肝炎モデルマウスに対して,酪酸菌製剤の投与した.投与後、4、8、16、および32週のいずれの時点においても肝臓では脂肪蓄積、炎症、および線維化のいずれもが抑制されていた。今回の研究において,酪酸がAMP activated protein kinase(AMPK)を活性化させること、および酪酸がヒストンのアセチル化を促進させることにより脂肪酸β酸化系遺伝子の発現を上昇させることを培養細胞を用いて新たに見出した。酪酸菌製剤は、高コレステロール食によって誘導される脂肪肝炎を改善する可能性がある。<br />We tested to treat atherogenic-diet (high cholesterol diet) induced steatohepatitis in mice by Clostridium Butyricum. After 4, 8, 16, and 32 weeks treatment, the atherogenic diet-induced steatosis, inflammation, and fibrosis were improved in the mice liver. We demonstrated that butyrate up-regulates fatty acid beta oxidation via activation AMP activated protein kinase and histone acetylation in vitro. Clostridium Butyricum may improve non-alcoholic steatohepatitis. 続きを見る
4.

論文

論文
長田, 直人 ; Nagata, Naoto
出版情報: 平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2015-04-01 - 2018-03-31  pp.5p.-,  2018-05-25.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051821
概要: ブロッコリースプラウトに含まれる機能性因子グルコラファニンを混ぜた高脂肪食を与えたマウスは体重増加率が約15%抑えられ,内臓脂肪量が約20%減少し,脂肪肝と血糖値の上昇が抑えられた。その作用機序として,グルコラファニンが,①脱共役タンパク質 1(UCP-1)を増加させ,エネルギー消費の増加と脂肪燃焼をもたらすBrowningを促進した。また,②グルコラファニンは,内毒素(LPS)を過剰産生するデスルフォビブリオ科の腸内細菌の増殖を抑制しており,血液中の内毒素を低下させ,代謝性エンドトキシン血症を改善するという作用を発見した。さらに,グルコラファニンの標的分子として転写因子Nrf2が重要であった。<br />研究課題/領域番号:15K00813, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る