1.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 山口, 務 ; 中嶋, 恵子 ; 横川, 薫 ; 横西, 睦子
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.67-70,  1990-02-28.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43054
2.

論文

論文
鯨, 幸夫
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.140-142,  1998-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43069
3.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 山田, 優也 ; 佐藤, 匠 ; 高橋, 利征
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.16-19,  2000-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43055
概要: 有機栽培を行ったコシヒカリと塩粳48号の根系生育, 溢泌液量, 収量, 収量構成要素および玄米品質について検討した.対照区として, 慣行栽培のコシヒカリを用いた.有機栽培を行った場合には根量が増加する傾向が認められ, 根からの溢泌液量も有機 栽培区で大きい傾向を示した.収量は有機栽培区の方が高く, 選別後の玄米外観品質も優れていたが, 良質粒歩合は有機栽培区の方が低く, 玄米のタンパク質含量も高かったため, 食味計による食味値は低かった.しかし, 官能検査を行うと高い食味評価が示され, 玄米中のタンパク含量に重点が置かれた現在の食味評価基準では評価できない要因が, 有機栽培にあることが示唆された. Effects of organic farming of rice cv. Koshihikari and Enkou 48 with Bokashi-fertilizer on the root system, bleeding sap, yield, yield components and grain quality were discussed. Koshihikari grown with the organic (Bokashi-Fertilizer) fertilizers showed a tendency to have a larger root dry weight rather than control. The values of grain eating quality in case of the organic farming system was lower than in control because of high protein content of the grains. Organic farming rice showed a good evaluation in the results of the sensory test after cooking. There may be other factors affecting the eating quality in case of the organic farming rice except protein content or other known factors affecting the eating quality in case of the organic farming rice except protein content or other known factors in rice grains. 続きを見る
4.

論文

論文
鯨, 幸夫
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.88-90,  1997-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43056
概要: 生態系農業の実践には, 輪作体系下での不耕起栽培が重要な役割を果たすものと考えられる.本研究では半わい性遺伝子を異にしたコムギ品種を圧縮土壌条件下で生育させ, 半わい性遺伝子が根系生育に及ぼす影響を検討した.塩ビ製のポット(直径85mm, 長さ25cm)に圧縮土壌コア(かさ密度 : 1.27g/cm^3, 土壌硬度 : 30kg/cm^2, N, P, Kを各0.3g/土壌1kg含む)を充填した.1995年12月22日に播種し, 1996年3月1日, 地上部乾重, 根乾重および根長の測定を行った.根長については, 有意な品種間差異が認められなかったが, 根乾重については有意な品種間差異が認められ, D-6899及び農林61号は, 農林10号より大きな値を示した. Investigations are reported of root charasteristics in semi-dwarf wheat varieties in controlled hard soil experiments (bulk denshity : 1.27g/cm^3, soil hardness : 30kg/cm^2). 22〜24 PCV pots (φ85mm, 25cm) were used in the experiments. Norin 10, Norin 61 and D-6899 were used for the different semi-dwarf genes cultivars for Rhtl+Rht2, Rht2 and Rht3, respectively. There was little evidence of varietal differences in root length per plant, though there was some indication that root dry weight of Norin 61 and D-6899 was more larger than that of Norin 10. Norin 61 and D-6899 may be more adapted at the hard soil conditions compared with other semi-dwarf cultivar. 続きを見る
5.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 佐野, 智子 ; 中島, 裕司 ; 遠藤, 直生 ; 内浜, 朗 ; 土屋, 猛
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.36-41,  2001-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43057
概要: 乾田不耕起直播栽培したF1品種(MH2003, MH2005)の地上部生育, 株あたり押し倒し抵抗値, 収量構成要素および玄米の外観品質と食味成分について検討した.施肥条件はLP区とBB056区とした.施肥の種類によって草丈の伸長に有意差が 認められ, MH2005はLP肥料の使用で草丈の抑制効果が認められた.F1品種は押し倒し抵抗値が高く, 倒伏耐性に優れていた.2品種とも優れた登熟特性を示していた.F1品種は極晩生品種であるが, 北陸地方における乾田不耕起直播栽培が可能であると判断された. Aboveground growthes, lodging resistance, yield and yield compornents and grain quality of F1 rice cv. MH2003 and MH2005 grown in the no-tillage direct seeding on well-drained paddy field were discussed. Plant length of MH2005 grown with LP fertilizer was singificantly decreased compared to BB056 fertilizer plots. Lodging resistance of F1 cultivars was high. MH2003 and MH2005, though extremely late maturing, showed good adaptabilities to no-tillage direct seeding on well-drained paddy field in Hokuriku district. 続きを見る
6.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 安土, 幸恵 ; 北田, 敬宇 ; 松本, 範裕
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.72-74,  1998-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43112
7.

論文

論文
多喜, 宗一郎 ; 鯨, 幸夫
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.56-58,  2011-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43115
概要: 深層側条施肥を行ったエンレイの成育,収量に及ぼす硫酸カルシウム(石膏)施用の影響を検討した.慣行施肥管理区(対照区)と深層側条施肥区および各施肥区で石膏を株元施用した試験区を設定した.慣行施肥管理区と深層側条施肥区との間では各種成育量と収量 に有意差が認められなかった.しかし深層側条施肥区で石膏を施用した場合,慣行施肥管理区より最大根長が有意に長くなった.また,この試験区では百粒重の増加により収量が有意に多くなった.深層側条施肥を行うダイズ栽培で石膏の株元施用を併用する効果が示唆された. Effects of calcium sulfate (gypsum) application with deep and side application of fertilizer on growth and yield in soybean cv. Enrei were discussed. There were no significant differences on growth and yield between deep and side application of fertilizer and control cultivation. One hundred of grains weight and yield were increased by gypsum application with deep and side application of fertilizer compared to control cultivation. It was suggested that gypsum application is effective for growth and yield of soybean. 続きを見る
8.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 田中, 桂子
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.44-47,  1994-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43116
概要: 水稲品種コシヒカリと越路早生を材料に用い, 硫酸カルシウム(Mined gypsum)の施用が苗の生育に及ぼす影響について育苗箱と1/5, 000アールワグネルポット試験で検討した.コシヒカリでは, 硫酸カルシウムの施用によって最大根長と根 数が減少する傾向を示した.また, 硫酸カルシウムの施用量を異にして生育させたコシヒカリ苗を移植した場合, その後の生育に及ぼす苗質の影響と収量とについて, ポット試験と圃場試験によって検討した.硫酸カルシウムを施用して育成したコシヒカリ苗を移植した場合, 移植土壌中の硫酸カルシウムの有無に関係なく, 個体あたりの茎数と根数が減少する傾向を示した.硫酸カルシウムを土壌に施用すると, 水稲による養分間吸収量に競争が生じるが, 同時に土壌の物理・化学的性質も変化するため, 原因の特定については今後の研究を待つ必要がある. Effect of mined gypsum (calcium sulfate) treatment on the growth of rice was discussed. Paddy rice (Oryza sativa L.), Koshihikari and Koshiji-wase, were used in this experiment. Root number per plant of Koshihikari and Koshiji-wase was decreased as application rate of mined gypsum increased under the nursery box and pot experiment. Root number and stem number per plant decreased as application of mined gypsum. 続きを見る
9.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 前田, 裕二郎 ; 三上, 敦子 ; 宮川, 修 ; 橋本, 和幸 ; 新屋, 美紀 ; 奥野, 志津江 ; 折谷, 隆志
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.41-44,  2003-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43111
概要: 水稲根系の生理活性を示す指標として, 根系からのRb吸収量を測定した.Rb吸収量は, 40mg-Rb/mlを含む0.4%の寒天ゲル10mlを, 株間5cm下または株直下20cmにスポット注入して測定した.Rb吸収量は, 入善区において根上慣 行区より大きい値を示し, 慣行区と比べ入善区の根の生理活性は高いことが認められた.株直下20cmにおいて一株あたりのRb吸収量と千粒重の間に負の相関関係が認められた. Rb absorption rate from the soil layer was measured as an index indicating physiological root activities of rice. Ten ml of 0.4% gelatin containing Rb (40mg/ml) was placed in the soil layer 5cm below soil surface at the center of two hills or 20cm under the hill to estimate physiological root activities. Rb absorption rate in Nyuzen field was larger than that in common field in Neagari. Physiological root activity of rice grown in the former field was estimated to be higher than that in the latter. There was a significant negative correlation between Rb absorption rate from the soil layer 20cm below a hill and 1000-grain weight. 続きを見る
10.

論文

論文
鯨, 幸夫 ; 橋本, 和幸 ; 葭田, 隆治 ; 新屋, 美紀 ; 奥野, 志津枝 ; 前田, 裕二郎
出版情報: 北陸作物学会報.  pp.38-40,  2003-03-31.  北陸作物・育種学会 / 日本作物学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/43110
概要: 水稲根系からの出液中に含まれるサイトカイニン(t-ゼアチンリボシド, t-ZR)含有量を酵素抗体法(ELISA)法を用いて定量した.低水温の農業用水を利用して水稲を栽培している富山県入善町および長野県伊那市のコシヒカリ出液中のt-ZR含有量 は, 水口部よりも水尻部で高い傾向が示された.富山県農業試験場の水稲三要素試験場における出穂期のt-ZR含有量は, 無リン区, 無カリ区および三要素区の間で差は認められなかった. Cytokinin (t-ZR) content in the bleeding sap of paddy rice cv. Koshihikari was analyzed using ELISA method. The water temperature for agricultural use in Ina and Nyuzen was low compared with other area. t-ZR content in the bleeding sap of rice grown at the area of water outlet was higher than other value of water inlet area. This result was shown both in case of Nyuzen and Ina field. There was no significant difference in cytokinin content at the heading stage among no-phosphorus plot, non-potash plot and three major nutrients plot. 続きを見る