1.

図書

図書
長田俊哉, 市川眞澄, 猪飼篤編著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2007.9
シリーズ名: 知能情報科学シリーズ : intellectual information science series
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
市川眞澄, 守屋敬子著 ; 徳野博信編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2015.3
シリーズ名: ブレインサイエンス・レクチャー / 徳野博信編 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
平野千里著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1985.11
シリーズ名: UP biology ; 58
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
柏柳誠著
出版情報: 東京 : フレグランスジャーナル社, 2011.2
シリーズ名: 香り選書 ; 16
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
湯嶋健著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1976.11
シリーズ名: UP biology ; 16
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
東原和成編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2012.2
シリーズ名: Dojin bioscience series ; 01
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
森謙治著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.2
所蔵情報: loading…
8.

論文

論文
木矢, 剛智 ; Kiya, Taketoshi
出版情報: 平成27(2015)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2015 Fiscal Year Final Research Report.  2014-04-01 - 2016-03-31  pp.6p.-,  2016-06-03. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051922
概要: 金沢大学理工研究域生命理工学系<br />感覚情報に応じた適切な行動の選択は生物の生存において極めて重要な役割を果たす。本研究では、シンプルな脳構造であるにも関わらず、回路・分子のロジックに於いては他の動物と共通の原理を保有する 昆虫の脳に着目し、感覚情報入力と行動出力の対応関係が明確な性フェロモン伝達神経回路の可視化と機能解析を目的とした。本研究では、本研究者が発見した神経活動依存的な発現増加を示す遺伝子Hr38に着目し、カイコガとショウジョウバエの2種の昆虫を用いて、活動依存的な神経回路可視化法及び機能解析法を構築した。本手法を用いることで、既知の回路に加え新規な神経回路が性フェロモン情報処理に関与することを見出した。<br />How do animals select their behavior in response to certain sensory inputs? Appropriate response to sensory information is critical for animal survival. In the present study, I focused on the brain of insects which has low complexity, but has similar circuit property and molecular basis as the brain of other animals including vertebrates. In many insects, sex pheromone induces stereotypic courtship behavior with clear relationship between receptor and behavior. Here, I established a novel neural circuit tracing method utilizing an activity-dependent gene expression. Recently, I identified a novel immediate early gene Hr38, whose expression increases in response to neural activity. In the present study, I used the promoter activity of Hr38 to express GFP in order to visualize neurons activated by sex pheromone or courtship behavior. In addition to previously known neural circuits, I identified novel circuits involved in courtship behavior.<br />研究課題/領域番号:26850218, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2016-03-31 続きを見る
9.

論文

論文
木矢, 剛智 ; Kiya, Taketoshi
出版情報: 平成25(2013)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report.  2012-04-01 - 2014-03-31  pp.6p.-,  2014-06-06.  金沢大学理工研究域生命理工学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051923
概要: 外界からの情報を正確に感知し、適切に応答することは、動物の生存・子孫維持に極めて重要である。本研究者は比較的シンプルな構造からなる昆虫の嗅覚系に着目し、性フェロモン受容が行動を制御する仕組みの解明に取り組んできた。本研究ではカイコガの脳より 神経活動依存的に発現量が増加する新規な遺伝子としてHr38を同定し、これがカイコガ・ショウジョウバエの脳において神経活動のマーカーとして利用できることを見出し、異性の匂いに応答する細胞の包括的同定に成功した。さらに遺伝子組換え昆虫を用いて神経活動の起こった神経細胞特異的にGFPなどのレポーター遺伝子を発現する昆虫の作成を試みた。<br />Many insects exhibit stereotypic instinctive behavior, but the underlying neural mechanisms are not well understood due to difficulties in detecting brain activity in freely-moving animals. Immediate early genes (IEGs) whose expression is transiently and rapidly upregulated upon neural activity are powerful tools for detecting behavior-related neural activity. In the present study, I identified Hr38 as a novel IEG that is transiently expressed in the male silkmoth, Bombyx mori, by female odor stimulation. Using Hr38 expression as an indicator of neural activity, I mapped comprehensive activity patterns of the silkmoth brain in response to female sex pheromones. I found that Hr38 can also be used as a neural activity marker in the fly, Drosophila melanogaster. Using Hr38, I constructed a neural activity map of the fly brain in response to female stimulation. In adddition, I established transgenic insects whose active neurons can be visualized with GFP, using Hr38 expression as tools.<br />研究課題/領域番号:24780047, 研究期間(年度):2012-04-01 - 2014-03-31 続きを見る